THE MICHAEL SCHENKER GROUP

b0079504_19114086.jpg


スコーピオンズ~UFOと活躍してきたギタリストのマイケル・シェンカーが80年にリリースした初リーダーアルバム。「神(帰ってきたフライング・アロウ)」の邦題でもお馴染みな、多くのハードロック好きを虜にした名盤ですね。

とはいうものの、実はマイケル・シェンカーをリアルタイムで体験したのは4枚目のアルバム「限りなき戦い」だったし、一番聴いたのは「限りなき戦い」リリース後のツアーを収録した84年のライブアルバム「ロック・ウィル・ネバー・ダイ」だったりするんで、実はこのアルバムに特に強い思い入れがあったりするわけではないんですよね。(それでもよく聴いてましたけど)

というわけで、この間訪れたブックオフでこのリマスター盤を見かけ、懐かしさと、あらためてちゃんと聴いてみようとの思いから購入してみたんですが、いやあ懐かしかったですね。聴いているうちに中学~高校の時のいろんな思い出がフラッシュバックしちゃいました。

ドイツ人らしく哀愁のあるマイケル・シェンカーのギタープレイは随所に感じられますが、全体的なサウンドはけっこうオーソドックスでキャッチーな感じで、アメリカンな感じとヨーロッパ的な雰囲気が同居してます。
キャッチーなハードロックンロールの①や、超絶的なギターソロを擁するメロディアスな②、ロックインストの最高峰⑥などHM/HR史に残る名曲はもちろんですが、クラシカルな旋律のインスト④、キャッチーなサビが印象的な⑦、泣きのギターが満喫できる切ないバラードの⑧など聴きどころは多いですよ。

古くはジューダス・プリースト「背信の門」にも参加していたことのあるオールマイティーなセッションドラマーのサイモン・フィリップス。ジェフ・ベック「ゼア・アンド・バック」でもプレイしているベーシストのモ・フォスター。コロシアムⅡから始まりレインボー、オジー・オズボーンなど数多くのバンドを渡り歩いてきたキーボードのドン・エイリーといったサポート陣のプレイも上手いですし、なんといってもマイケル・シェンカーのメロディアスでありながら正確なピッキングのテクニカルなプレイは必聴ですよ。



1. Armed And Ready
2. Cry For The Nations
3. Victim Of Illusion
4. Bijou Pleasurette
5. Feels Like A Good Things
6. Into The Arena
7. Looking Out From Nowhere
8. Tales Of Mystery
9. Lost Horizons

10. Armed And Ready (Live)
11. Into The Arena (Live)
12. Cry For The Nations (Radio Edit)



購入日:10/10
購入場所:ブックオフ代々木北口店
購入金額:¥950
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-10-20 19:11 | HARD ROCK