LETTA MBULU /LETTA

b0079504_2252494.jpg


ブログのネタに困り、なんか良いCDがないかと物色をしていてアフリカンのコーナーで見つけたのがこのCD。
特にアフリカンミュージックに興味があったわけでもないし、レッタ・ムブールの名前も聞いた事なかったんですが、何故購入したかといえば、長門芳郎さん監修の「名盤の殿堂シリーズ」の1枚だったから。
余談ですが、ちょっと前までのユニバは「名盤の殿堂」でのリイシューや、痒いところに手が届いた紙ジャケリリースなど素晴らしかったですね(過去形)。

アメリカのTV映画「ルーツ」への出演で脚光を浴びた南アフリカ出身のソウルシンガー、レッタ・ムブールが、ハーブ・アルバートのプロデュースでリリースした78年の作品。何の基礎知識もなく聴いた作品ですが、アフリカンリズムを取り込んだファンキー&メロウなソウルアルバムで、彼女の素晴らしい歌唱もあって大当たりでした。

ミディアムスローなバラード風①、旦那であるカイファス・セメニヤとのデュエットによるアップテンポな⑤、といった英語で歌われている2曲はAORテイスト豊かなナンバーですが、他の5曲については彼女の母国語であるセソト語、ホサ語で歌われる、アフリカンなリズムを取り込んだファンキー&ソウルなナンバーが中心になってます。
聴いていると不思議に元気がでるレッタ・ムブールのポジティブな歌声はもちろん最高ですが、バック陣がまたいいんですよ。なんといってもジェイムス・ギャドソン(Dr)、ロバート・ポップウェル(B)のリズム隊が素晴らしいです。
ソウル~ジャズ基調のプレイをベースにアフリカンビートを上手に消化してるプレイは見事ですね。プリミティブになりすぎなく非常に耳障りの良いサウンドになってます。

76年にリリースされた前作「音楽に満たされて」も「名盤の殿堂」でリリースされてるんですが、こちらもリチャード・ティー、ジョー・サンプル、チャック・レイニー、ルイス・ジョンスン、バーナード・パーディなどバックが豪華で、ぜひ聴いてみたいです。


1. Open Up Your Heart
2. There's A Light At The End Of A Tunnel
3. I Need You
4. Baile Baneso
5. I Can Depend On You
6. Hareje
7. Mamani


購入日:10/9
購入場所:高田馬場タイム
購入金額:¥1,000
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-10-23 22:05 | SOUL/FUNK