CAROLE KING / THOROUGHBRED (紙ジャケ)

b0079504_22501820.jpg


昨日リリースされたキャロル・キングの紙ジャケ第2弾ですが、今回のラインナップではソロになる前にチャールズ・ラーキー(B)、ダニー・クーチマー(G)と結成したシティの唯一作「夢語り」や、ジャズマン、ナイチンゲールといったヒット曲を生み出し、全米1位の大ヒットとなった74年の「愛に包まれて」あたりが人気なんでしょうね。

今日紹介するのはあまり語られることがなさそうな、78年のソロ8作目「サラブレッド」(全米3位)。このアルバムは聴いたことがなくて、ジャケットのイメージからなんとなく「喜びにつつまれて」同様のジャズ/フュージョンを強めたAORテイストのサウンドをイメージしてたんですが、どちらかというと70年代前半の諸作のようなSSW色を感じるな内容でした。

強烈に印象に残るような楽曲は少ないんですが、どれも良い雰囲気のものばかりで、これはなかなか良いアルバムですね。2番目の夫でシティ時代からのパートナー、チャールズ・ラーキーと離別した直後の作品ですが、ブリル・ビルディング時代の相棒で最初の夫、ジェリー・ゴフィンも4曲に名を連ねていたり、ダニー・クーチ(G)、ラス・カンケル(D)、リー・スクラー(B)といったセクションの面々によるバックアップもあって「ライター」「つづれおり」の頃の雰囲気に近い素朴で親しみやすいサウンドになってます。

ハーヴィー・メイソン、デヴィッド・T・ウォーカー、アンディ・ニューマークといった凄腕セッションミュージシャンを起用したサウンドも悪くはないですが、やっぱり彼女にはこのアルバムのようなサウンドが似合ってるかな・・・ 


1. So Many Ways
2. Daughter Of Light
3. High Out Of Time
4. Only Love Is Real
5. There's a Space Between Us
6. I'd Like To Know You Better
7. We All Have To Be Alone
8. Ambrosia
9. Still Here Thinking Of You
10. It's Gonna Work Out Fine
11. So Many Ways (Alternate Take)


購入日:10/31
購入場所:HMV通販
購入金額:¥1,890
備考:国内盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2007-11-01 22:51 | SSW