MARK HENLEY / RIVERSONG (紙ジャケ)

b0079504_15444246.jpg

本日紹介するのは、ミネソタ州ミネアポリスのシンガーソングライター、マーク・ヘンリーが76年にリリースした唯一のアルバム。
その内容の素晴らしさと、プレス枚数の少なさからアナログ盤はかなりの高値で取引されていたようですね。そんな幻の名盤も、現在では国内盤が紙ジャケでリリースされていますが、今回購入したのは2006年に韓国のRIVERMAN MUSICより初CD化としてリリースされた紙ジャケ盤。

様々なサイトやブログで取り上げられ、評価の高い作品ということは知っていたんですが、黒地に川辺のモノクロ写真が配された地味(というか暗い)なジャケットのイメージもあって購入にはいたらなかったこのアルバム。なんとなく内省的で暗~いサウンドなのかと思っていましたが、そんな思い込みを一瞬にして払拭してくれた素晴らしい内容でした。

アコースティックギターとコーラス、曲によって控えめなパーカッションによるサウンドは非常にシンプルなものですが、温かみあるメロディーなんですが深みを兼ね備えていて心に染み入ってくる①②、アコギによるインスト③⑧、ブルーグラス/カントリータッチな④⑥、どことなくボッサ風でジャジーな⑤などバラエティ豊かな内容はまったく飽きることないですね。あっという間に全10曲を聴き終えてしまいます。特に⑦の優しく感動的なメロディーは素晴らしいの一言です。

これはほんと大名盤だと思いますので、SSWなどのフォーキーでアコースティックなサウンドがお好きの方は是非聴いていただきたい1枚です。


1. Everyone Tuesday
2. Full Moon Of April
3. Mona Ray
4. Don't You Go Under
5. After Saturday
6. Give Me Time
7. Places And Old Friends
8. Froggin
9. Riversong
10. Strawberry Moon

11. New Boots (Single Version)
12. New Boots (Live)
13. Song For The Birds (Live)


購入日:11/1
購入場所:ユニオン渋谷店
購入金額:¥1,134
備考:輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-11-25 15:44 | SSW