U2 / WAR

b0079504_18241259.jpg

11月も今日で終わりですが、12月になると今月以上のリリースラッシュで嬉しいやら辛いやらで複雑な心境です。
ジョン・レノンの紙ジャケ第2弾や、ローラニーロ、アルバート・ハモンド、AC/DC、ヴァン・ダイク・パークス、ローウェル・ジョージなど楽しみな紙ジャケリイシューがつづきますが、実は一番楽しみにしているのはU2「ヨシュア・ツリー」の20周年記念リマスター盤だったりします。

12/12には、オリジナル収録曲をリマスターした通常盤の他に、シングルB面曲や未発表曲を集めたディスクを加えた2枚組デラックス・エディション。さらに87年「ヨシュア・トゥリー・ツアー」のライブ映像を納めたDVDも加えた3枚組スーパー・デラックス・エディションがリリースされるんですが、予算の都合もありどれを購入するか迷うところです。

で、今日記事にするのは今やビッグ・バンドとなったU2が82年にリリースした3枚目にて出世作「WAR(闘)」。「Sunday Bloody Sunday」「New Year's Day」といった名曲も収められていて彼らの代表作の1枚だと思います。
このアルバムは僕が初めて聴いたU2のアルバムで、中学の時にLPから落としてもらったカセットで聴いていたんですが、上記代表曲を含むA面の1~3曲目ばっかり聴いていて、アルバム全体ではそれほど聴き込んでなかったんですよね。
今回、ヨシュア・トゥリーのリマスターもリリースされるってことで、彼らの初期の代表作もちゃんと聴きなおしてみたくなり購入してみました。

U2に関しては91年の「アクトン・ベイビー」以降の電脳3部作で僕的には離れてしまったんですが(今聴き直すとカッコイイですけどね)、やはり初期の政治/メッセージ色強い作品はいいですね。このアルバム、ボノの心の叫びはもちろんですが、エッジのギターも攻撃的で素晴らしいです。代表曲①③以外にも④⑦などもカッコイイですよ。


1. Sunday Bloody Sunday
2. Seconds
3. New Year's Day
4. Like A Song
5. Drowning Man
6. Refugee
7. Two Hearts Beat as One
8. Red Light
9. Surrender
10. 40


購入日:11/25
購入場所:HAPPY (所沢)
購入金額:各¥1,000
備考:国内盤 帯付き 中古 
[PR]
by shintan_shintan | 2007-11-30 18:28 | 80s ROCK