GREGG ALLMAN BAND/ PLAYIN’UP A STORM

b0079504_23151662.jpg


今日紹介するのは、オールマンが最初の解散をしていた77年にリリースされたグレッグ・オールマンのソロアルバム。バンド名義にはなってるものの、名作「レイドバック」に続く2枚目のスタジオソロ作になります。ちなみに邦題は「嵐」。

このアルバム、ネットで色々と検索してみると、メロウすぎとのことであまり評判がよろしくないようですね。個人的には「レイドバック」とさほど変わりのない路線だと思いますし、カプリコーンの同僚バンド「カウボーイ」のバックアップで制作された「レイドバック」と比べると、ウェット・ウィリーのリッキー・ハーシュ、ウィリー・ウィークス、ニール・ラーセンらをパーマネントに、ドクター・ジョンやビル・ペインらをゲストに迎えた今作のほうが、より洗練されたタイトなサウンドになっていて好きだったりします。

レニー・ワロンカー&ラス・タイトルマンのプロデュースもあってか、ほのかなバーバンクサウンドを感じることもできるAORテイストの強い作品で、グレッグの男臭いヴォーカルもあってまさにブルー・アイド・ソウル。
前作での「Midnight Rider」同様に、レイドバックに仕上げたオールマン・ブラザース・バンドの①、ファンキーでソウルフルな②、ジャズヴォーカルナンバーの③、AOR色の強いメロウ&ファンキーな⑤、インストナンバーの⑧などなどお気に入りの曲ばかりで大好きな作品です。


GREGG ALLMAN BAND
Gregg Allman (Vocal, Acoustic Guitar, Organ, Piano)
Neil Larsen (Keyboard, Piano)
Willie Weeks (Bass)
Bill Stewart (Drums)
Ricky Hirsh (Acoustic Guitar, Slide Guitar)
Steve Beckmeier (Electric Guitar)
John Hug (Electric Guitar)


1. Come And Go Blues
2. Let This Be A Lesson To Ya'
3. Brightest Smile In Town
4. Bring It On Back
5. Cryin' Shame
6. Sweet Feelin'
7. It Ain't No Use
8. Matthew's Arrival
9. One More Try


購入日:1/14
購入場所:amazon
購入金額:¥1,008
備考:輸入盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-01-30 23:15 | 70s (77~79)