BLUE CHEER / VINCEBUS ERUPTUM (紙ジャケ)

b0079504_15331426.jpg


昨日記事にしたゲイリー・ムーアと同じく昨年11月にリリースされたのがブルー・チアーの紙ジャケ6タイトル。こちらもまた、いずれファーストだけは入手しようと思っていたんですが、その「ファースト・アルバム」だけは即効で店頭からなくなっちゃいましたね~ 中古でもなかなか見かけなかったこのアルバムですが、ゲイリー・ムーアをゲットできた翌日にラッキーに入手することができました。

ブルー・チアーというと「轟音」「元祖ヘヴィ・メタル」「ヘヴィーサイケ」というイメージや、デビュー曲「サマータイム・ブルース」のみで捉えてしまう方も多いですよね。かくいう僕も「サマータイム~」しか彼らの曲は知らなかったんですが、この68年リリースのデビュー作を聴くと、ブルースベースの以外にオーソドックスなバンドって感じがしました。

アルバム全般で聴かれる迫力あるファズの効いたギターサウンドもあって確かに「轟音」「爆音」の側面もあるものの、どちらかというとガレージっぽい感じも・・・ たぶん相当ラリって制作されたんでしょう、ドラッギーでサイケっぽくダラダラしたところが60年代っぽいですね~


1. Summertime Blues
2. Rock Me Baby
3. Doctor Please
4. Out Of Focus
5. Parchment Farm
6. Second Time Around


購入日:2/4
購入場所:ジャニス2
購入金額:¥2,000
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-02-09 15:33 | PSYCHE/GARAGE