DAVID GATES / GOODBYE GIRL

b0079504_2231850.jpg


今日紹介するのは「ブレッド」の中心人物だったデヴィッド・ゲイツが78年にリリースした3枚目のソロアルバム。
昨年、ブログ仲間の240さんが記事にされていて、それからずっと気になる1枚ではあったんですが、廃盤のためなかなか入手することができず、今回ようやく手頃な値段の中古を見かけ、入手できました。

77年のリチャード・ドレイファス主演映画「グッバイ・ガール」の主題歌「Goodbye Girl」が好評を博したため、急遽制作されたであろうこのアルバム、①以外に新録は②③④⑥⑦の5曲のみで、73年のファーストソロから⑤⑧⑨⑪を、75年のセカンドアルバムから⑩⑫を加えた寄せ集めてきな作品になってます。とはいえ、デヴィッド・ゲイツのソロを聴いたことがなかった僕にとっては、ベスト盤的な感覚で、違和感なく楽しめました。

AORっぽく洗練された楽曲や、軽快なロックンロールも含まれていて、ブレッド時代にデヴィッド・ゲイツが書いたヒット曲「イフ」「愛の別れ道」「涙の想い出」「二人の架け橋」といった切なく甘いサウンドだけを求める方には、ちょっと肩透かしをくらうかもしれませんが、それでも彼の作る美しいメロディーや、ソフトな歌い口は充分に楽しめますよ。それにしても「グッバイ・ガール」は良い曲ですね~


1. Goodbye Girl
2. Took The Last Train
3. Overnight Sensation
4. California Lady
5. Ann
6. Drifter
7. He Don't Know How To Love You
8. Clouds Suite
9. Lorilee
10. Part Time Love
11. Sunday Rider
12. Never Let Her Go


購入日:2/8
購入場所:ディスクユニオン新宿本店
購入金額:¥1,260
備考:国内盤 帯なし 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-02-16 20:47 | 70s (77~79)