BOOKER T. & PRISCILLA / BOOKER T. & PRISCILLA

b0079504_17455422.jpg


ご存知スタックスのハウスバンド「ブッカーT & MG’s」のブッカーT.ジョーンズが、リタ・クーリッジのお姉さんでもある奥様のプリシラ・ジョーンズとの共同名義で71年にリリースした2枚組のファーストアルバム。
2003年に初CD化されたもののすでに廃盤のこのアルバム。昨年から気長に探していたんですがようやく発見できました。アマゾンではとんでもない金額がつけられてますが、普通の中古価格で入手することができたのはラッキーでしたね。今年になって今のところ一番の発掘かも。

スワンプ系の隠れ名盤として知られるこのアルバムですが、1曲目こそブッカーTらしいオルガンが支配するものの、アルバムトータルでは、ゴスペルからの影響も強く感じさせる南部風なサウンドで、楽曲と大半の曲でリードヴォーカルをつとめるプリシラの、こぶしが回った、若干気負いすぎな感もあるダイナミックでソウルフルな歌声が印象的なアルバムです。

全18曲中、②⑨⑭はカバーですが、ブッカーT とプリシラの共作が3曲、そしてブッカーTとプリシラの単独作が各々6曲。ヴォーカルに関しても①や⑭以降でブッカーT主導のものが聴けますが、印象的にはプリシラのソロといった感じ。奥さんのデビューに旦那が助力したといった感じかな。

全18曲78分は正直なところ、一気に聴くと中だるみを感じてつらいところもありますが、ジム・ケルトナーやクリス・エストリッジ、ジェシ・エドといったミュージシャンのバックアップもあって、スワンプ/ルーツ好きなら聴いて損のない作品だと思いますよ。


1. The Wedding Song
2. She
3. Sea Gull
4. For Priscilla
5. The Delta Song
6. Why
7. Mississippi Voodoo
8. Cool Black Dream
9. Sweet Child You’re Not Alone
10. He
11. Sister Babe
12. Earth Children
13. Water Brothers
14. Medley From The Jones Ranch
15. Funny Honey
16. California Girl
17. The Sun Don’t Shine
18. Ole Man Trouble


Musicians
Booker T. Jones ( Vocal, Guitar, Keyboard)
Priscilla Jones (Vocal, Piano on ⑪)
Jim Keltner (Drums)
Chris Ethtridge (Bass)
Bobbye Hall Porter (Percussion)
Jesse “Indian Ed” Davis (Guitar on ①⑤⑮)
Gerry McGhee (Guitar on ⑦⑰)
Sneeky Pete (Steel Guitar on ⑬⑯)
Tim Hill (Harmonica on ⑤⑦⑧⑩⑬⑮⑰)
Produced by Booker T. & Priscilla Jones


購入日:2/8
購入場所:ディスクユニオン新宿本店
購入金額:¥1,050
備考:輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-02-17 17:54 | SOUTHERN / SWAMP