MOTT THE HOOPLE / MOTT (紙ジャケ)


今年になってから各社の紙ジャケリリースもちょっと落ち着いた感じですね。相変わらず毎月多くの作品がリリースされてるもののビッグネームは激減したような気が・・・ そうはいっても今月末にはヴァン・モリソンが、来月にはヴァン・ヘイレン、ホワイトスネイク、ビリー・プレストン、デフ・レパードなどなどがリリースされるんで取捨選択に悩むところですが。

そんな小休止状態の今月ですが、ソニーさんから紙ジャケのアンコールプレスが103タイトルほどリリースされ、僕も未入手のものを数タイトル購入してみました。

今日紹介するのはモット・ザ・フープルが72年にリリースした「革命」。
モットの最高傑作とも言われる充実した内容&特殊ジャケということもあって、リリース後早々に完売。最近ではオークションでも高値で取引されていたアルバムですので、今回の再プレスを喜んだ方も多いんじゃないでしょうか。

モットってちゃんと聴いたことがなくて、一昨年に紙ジャケがリリースされた時もスルーだったんですが、この「革命」はオリジナル初回盤に準じた特殊仕様のジャケから、メーカーさん曰く売価1,890円では赤字とのこと。それでも再プレスを敢行するソニーさんの心意気を買って私も購入することにしてみました。


b0079504_9455097.jpg

          ジャケはぱっと見ると普通に見えますが・・・



b0079504_9465156.jpg

ジャケ正面に穴が開いていて、ギリシャ彫刻のようなイラストを印刷した透明フィルムが



b0079504_9484774.jpg

     変形のダブルジャケで、ディスクは内側から入れるようになってます。



なんか、ジャケの話ばかりになってしまいましたが、内容もいいですね。
①④⑥⑦などなど名曲揃いです。基本的にはストレートなハードロックンロールバンドですが、ブラスやフィドルなどなどを取り込んだ、単調にならないようなアレンジも見事です。

ちなみに名曲①「メンフィスからの道」は、所有しているベスト「黄金の軌跡」のリマスター盤とミックス(左右のギターのバランスなど)が違うような・・・ どちらがオリジナルに忠実なんですかね?


1. All The Way From Memphis
2. Whizz Kid
3. Hymn For The Dudes
4. Honaloochie Boogie
5. Violence
6. Drivin' Sister
7. Ballad Of Mott The Hoople (26th March 1972, Zurich)
8. I'm A Cadillac / El Camino Dolo Roso
9. I Wish I Was Your Mother

(Bonus)
10. Rose
11. Honaloochie Boogie (Demo)
12. Nightmare (Demo)
13. Drivin' Sister (Live)


購入日:3/13
購入場所:HMV通販
購入金額:¥1,890
備考:国内盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-03-15 09:49 | 70s (70~72)