DEVO / Q:ARE WE NOT MEN? A:WE ARE DEVO!


初めてDEVOの存在を知ったのは大学の時だったかな・・・ 「ディーヴォのくいしん坊・万歳」(原題Smooth Noodle Maps)という「!」「?」な邦題のついたアルバムを店頭で見かけたのが最初でした。

b0079504_21374618.jpg

             「ディーヴォのくいしん坊・万歳」(90年)


いやいや凄い邦題ですよね。というわけDEVOって、フランク・ザッパと同じような変態コミック系のバンドだと長らく思ってました。
えっ!なんでザッパがコミックなんだって・・・ だって僕が中学の時に初めて知った彼のアルバムの邦題って「ハエハエ・カカカ・ザッパッパ」(原題The Man from Utopia)ですもん(笑)

b0079504_21375944.jpg

            「ハエハエ・カカカ・ザッパッパ」(83年)


DEVOに話を戻しますが、アルバムの邦題もですが、ルックスもこれですから・・・

b0079504_21343942.jpg

b0079504_21345039.jpg

そういえば、江口寿史の漫画「すすめ!パイレーツ」でも「クラフトワーク」とともに、たびたびネタにされてたような気が・・・



というわけで、彼らをニューウェーブ系のキワモノバンドと勝手に決めてから10数年。ところが数年前にラジオでディーヴォによるストーンズのカバー「サティスファクション」を聴いてからなんとなく気になる存在に。
そんな折、先日彼らのファーストアルバム「退廃的美学論」(78年)を中古で見かけ、怖いもの見たさもあって入手することに
b0079504_21351167.jpg

しかし、インパクトあるジャケですよね。

DEVOってニューウェーブ/テクノポップ系のバンドなんだよなぁ~ と思い聴いて見ると・・・・


めちゃくちゃカッコイイじゃないですか! 


ピコピコどころかまんまパンクですよ!

疾走感あるバンドサウンドがいいですねぇ。ニューウェーブ調ファンクにカバーした②のかっこ良さはもちろんですが、クラッシュやストーンズなど先達からの影響(というかパクリ?)を感じるところも親しみやすかったりします。
⑥⑦⑪などでは前衛っぽさを感じるものの、トータルでは勢いのあるストレートで勢いある楽曲とバンドサウンドが印象的なアルバムです。


1. Uncontrollable Urge
2. (I Can't Get No) Satisfaction
3. Praying Hands
4. Space Junk
5. Mongoloid
6. Jocko Homo
7. Too Much Paranoias
8. Gut Feeling / Slap Your Mammy
9. Come Back Jonee
10. Sloppy (I Saw My Baby Gettin')
11. Shrivel Up


購入日:2/28
購入場所:レコファン渋谷BEAM
購入金額:¥745
備考:輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-03-18 21:38 | 70s (77~79)