VAN HALEN / 1984 (紙ジャケ)

b0079504_2263997.jpg


初めて聴いたヴァン・ヘイレンの曲は「ユー・リアリー・ガット・ミー」で、アルバムは82年の「ダイヴァー・ダウン」。で、初めて購入したヴァン・ヘイレンは、本日紹介する83年12月リリースの6枚目「1984」。

リリースされる前から、シンセを導入した問題作とのレビューは雑誌で読んでましたし、先行してラジオでよくかかっていた「ジャンプ」を聴いて多少の違和感を感じてはいたものの、小遣いをためて発売日に購入した記憶があります。

僕が洋楽のレコードを買っていたのって中学と高校の6年くらいなんですが(その後はCDが主流になったんで・・)、やっぱりリアルタイムでレコードを購入してた作品の紙ジャケ化は嬉しいものですね。今後リリースされるデフ・レパード、デュラン・デュラン、カルチャー・クラブも何気に楽しみにしてたりしますし、本日リリースされたホワイトスネイクも気になるところです。

で、この「1984」ですが、前述したようにシンセを導入した作品ということで、リリース当時は賛否両論あったと記憶してますが、ご存知のように②「ジャンプ」は大ヒットしましたし、全9曲中シンセサウンドなのは①②⑦のみで、残りの楽曲はハードでゴキゲンなロックチューンばかり。
「ジャンプ」とともに彼らの代表曲となった③「パナマ」、⑥「ホット・フォー・ティーチャー」も収録されてますし、アルバムトータルではけっこうハードな感じがするものの、デイヴ・リー・ロス在籍時の6枚のうちでは一番親しみやすく聴きやすいアルバムじゃないでしょうか。





b0079504_22701.jpg

あわせて購入したのが78年の記念すべきファーストアルバム「炎の導火線」。これはもう70年代を代表するハードロックアルバムの1枚ですね。
予算の都合で今回購入できなかった5作目「ダイヴァー・ダウン」も紙ジャケ的には面白みはありませんが、大好きな作品ですので近日中にゲットしたいです。


「1984」
1. 1984
2. Jump
3. Panama
4. Top Jimmy
5. Drop Dead Legs
6. Hot For Teacher
7. I'll Wait
8. Girl Gone Bad
9. House Of Pain


購入日:4/22
購入場所:タワーレコード新宿店
購入金額:¥2,200
備考:国内盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-04-22 22:07 | HARD ROCK