TAJ MAHAL 「GIANT STEP / DE OLE FOLKS AT HOME」

b0079504_17233227.jpg


みなさんもお好きなギタリストっていますよね?
ジミヘンやペイジ、クラプトン、ベックはもちろん、テリー・キャスやデュアン・オールマン、ダニー・クーチ、ピート・カーなど好きなギタリストは多いんですが、トリッキーなソロや派手なプレイをするわけではないものの、昔から好きだったのがジェシ・エド・デイヴィス。

僕が過去に記事にしたアルバムでも多くに参加してるギタリストでもありますが、彼がキャリアを始めることになった黒人ブルースマン、タジ・マハールのアルバムは、カリブ風味な77作「MUSIC FUH YA’」しか聴いたことがなくて、ジェシ・エドが参加した60年代のアルバムを数枚聴いてみることにしました。

で、本日紹介するのはタジ・マハールが69年にリリースした3枚目のアルバム「ジャイアント・ステップ/デ・オール・フォークス・アット・ホーム」。
2枚組みでリリースされたこのアルバム。「GIANT STEP」とタイトルがつけられたアナログの1枚目は、タジのドブロ&アコギと、ジェシ・エドのギター、ゲイリー・ギルモアのベース、チャック・ブラックウェルのドラムによるバンドサウンドで、極上のスワンプサウンドが味わえます。

一方、「DE OLE FOLKS AT HOME」の名がついたアナログの2枚目は、全編がタジのアコギ弾き語り。ブルースから、ラグタイム、ジャズ、トラディショナルまでをスライドを交えたアコギやドブロの伴奏で聴かせてくれ、30年代の戦前ブルースと間違ってしまうかのようなオールドタイミーな感じがいいですね~

クラシック・ブルースも好きな自分としては「DE OLE FOLKS~」も楽しめましたが、アナログA,B面にあたる「GIANT STEP」の素晴らしさにやられちゃいましたね。ジェシのギターも大活躍だし、スワンピーブルースの名盤です。


「GIANT STEP」
1. Ain't Gwine To Whistle Dixie Anymo'
2. Take A Giant Step
3. Give Your Woman What She Wants
4. Good Morning Little School Girl
5. You're Gonna Need Somebody on Your Bond
6. Six Days On The Road
7. Farther On Down The Road (You Will Accompany Me)
8. Keep Your Hands off Her
9. Bacon Fat

「DE OLE FOLKS AT HOME」
10. Linin' Track
11. Country Blues No.1
12. Wild Ox Moan
13. Light Rain Blues
14. Little Soulful Tune
15. Candy Man
16. Cluck Old Hen
17. Coloured Aristocracy
18. Blind Boy Rag
19. Stagger Lee
20. Cajun Tune
21. Fishing Blues
22. Annie's Lover


購入日:4/28
購入場所:HMV通販
購入金額:¥1,370
備考:輸入盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-05-18 17:25 | BLUES/BLUES ROCK