LARRY LEE /MAROONED (紙ジャケ)

b0079504_2313196.jpg


今日は天気が良かったですね~ まるで夏かと思わせるようなむし暑さでしたが、個人的には夏が大好きなんであまり苦にならないんですよね。
で、こんな日にお似合いなのが、本日紹介するラリー・リー「ロンリー・フリーウェイ」(82年)。
映画「波の数だけ抱きしめて」のサントラや、AORコンピレーションにも収録されている②「ロンリー・フリーウェイ」が有名ですが、それ以外にも良い曲ぞろいの内容ですよ~

オリジナルのジャケもアーシーなSSW風な感じで悪くはないですが、FMステーションの表紙や、山下達郎「FOR YOU」のジャケなどでおなじみ鈴木英人による日本盤ジャケがいい感じですよね~ 

b0079504_23132277.jpg

                 こちらがオリジナルジャケです。


個人的にはAORというと、洗練された都会的サウンド&ブルーアイドソウル風なヴォーカルと言ったイメージがあるなんですが、このアルバムはどちらかというと爽快でポップなアメリカンロック/ポップスって感じかな。ルーツ系ロックバンド、オザーク・マウンテン・デアデヴィルスのドラマーだっただけあって、そういった音楽的エッセンスが出てるような気もします。
とはいってもオザーク・マウンテン・デアデヴィルスの全米3位になった大ヒット曲「ジャッキー・ブルー」(ラリー・リー作でリードヴォーカルも彼)を聴くと、このアルバムにも通じる洗練さ、ポップ&メロウなところが感じられるのが興味深かったりします。

で、そんな彼のソロデビューアルバムをバックアップするのは、デヴィッド・ハンゲイト(ベース)、マイク・ベアード(ドラム)、ニッキー・ホプキンス(キーボード)、デヴィッド・サンボーン(サックス)といった腕利きたち。ビル・チャンプリン、リチャード・ペイジ、トム・ケリー、リック・ダンコといった豪華メンバーもコーラスで参加しているこの作品、よく言われてますが、ほんとドライブにピッタリのサウンドです。これをかけながら海沿いの道を走ったら気持ち良さそうです。


1. Waiting To Let Go
2. Don't Talk
3. Marooned
4. The Best Is Yet To Come
5. Number One Girl
6. Satisfaction Guaranteed (I Could Give You Love)
7. Only Seventeen
8. Hollywood
9. Just Another Girlfriend
10. Hang On


購入日:5/15
購入場所:ディスクユニオン新宿中古センター
購入金額:¥945
備考:国内盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-05-26 23:22 | AOR