ELVIS COSTELLO & THE ATTRACTIONS / PUNCH THE CLOCK (紙ジャケ)

b0079504_22183548.jpg


本日紹介するのはエルヴィス・コステロが83年にリリースした8作目「パンチ・ザ・クロック」。コステロの諸作のなかではあまり評価が高くないアルバムですが、僕が中学の時に初めて聴いたコステロの作品で、当時も今も大好きな作品です。

リアルタイムでミュージックテープを購入して依頼、レコード→90年リリースのCD→ボートラ9曲を収録した95年のRyko盤CD→26 曲(!)のボートラ付きの03年RHINO盤CDと何度も買い直しており、今さら紙ジャケには興味がなかったんですが、先日コステロの紙ジャケに関しては誰も買わないだろう値付けが多いブックオフで06年リリースのK2HD紙ジャケを手頃な価格で発見。ユニオンあたりの相場と比べると特別安かったわけじゃないんですが、最近、エイティーズの紙ジャケがマイブームということもあって思わず購入しちゃいました。

前述したように、このアルバム大好きなんです。中~高校生の時にはミュージックテープが伸びてしまい、結局レコードを買い直したくらい聴きまくった作品なんですが、TKOホーンズによる軽快なブラスをフューチャーしたアナログ各面の冒頭を飾る①⑦や、ポップで印象的なサビを持つ⑤、リリース当時は「コステロ音頭」という?な邦題がつけられていた⑬なんかは今聴いても気分を高揚させてくれますね。

ライトタッチなシングル曲②「Everyday I Write The Book」(コステロで一番好きな曲です)や、ロバート・ワイアットに提供した楽曲のセルフカバーとなる渋いバラード⑥「Shipbuilding」も素敵だし、個人的には永久的に五つ星であろう思い出深く大切なアルバムです。


1. Let Them All Talk
2. Everyday I Write The Book
3. The Greatest Thing
4. The Element Within Her
5. Love Went Mad
6. Shipbuilding
7. TKO (Boxing Day)
8. Charm School
9. The Invisible Man
10. Mouth Almighty
11. King Of Thieves
12. Pills And Soap
13. The World And His Wife


購入日:6/1
購入場所:ブックオフ所沢プロペ通り店
購入金額:ポイント150円分使ったので¥1,100
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-06-05 22:19 | 80s ROCK