友部正人 / にんじん


b0079504_19593265.jpg

独特な語り口調(トーキングブルース)のスタイルを取り入れ、日本のディランとも呼ばれている友部正人。本日紹介するのは、彼が73年にリリースした2枚目のアルバム「にんじん」でございます。

このアルバム、なんといってもジャケが凄いですよね~ 何でおじいさんなのか、ジャケ左下に書いてある「おでん 酒百円  焼酒八十円  ビール百八十円」もなんなのか良くわかりませんが、とにかくインパクトは大。
ということで、このアルバムの存在自体はだいぶ前から知ってたものの、なんとなく手を出しづらかったんですよね~ 今回ようやく聴くことにしましたが70年代初頭の時代を思いっきり感じさせてくれる作品ですね。

アルバムに収録されている10曲全てが、歌とアコギとハープのみの弾き語り。前述したトーキングブルーススタイルも③⑥と2曲収録されてますが、なんといっても出色なのは彼の代表曲である④「一本道」でしょう。
著作権の問題から歌詞を全部は記載できませんが、東京での孤独や寂しさについてせつせつと歌われる寂寥感溢れるこの曲は、時代を超えて胸に染み入ってきますね。


ふと後ろをふり返ると
そこには夕焼けがありました
本当に何年ぶりのこと
そこには夕焼けがありました
あれからどの位たったのか

僕は今阿佐ヶ谷の駅に立ち
電車を待っているところ
何もなかった事にしましょうと
今日も日が暮れました
ああ中央線よ空を飛んで
あの娘の胸に突き刺され



友部正人の歌は決して上手くはないんですが、なんか説得力が凄いです。「一本道」以外にも「乾杯」「にんじん」「夢のカリフォルニア」「君が欲しい」など、良曲揃いです。


1. ふーさん
2. ストライキ
3. 乾杯
4. 一本道
5. にんじん
6. トーキング自動車レースブルース
7. 長崎慕情
8. 西の空に陽が落ちて
9. 夢のカリフォルニア
10. 君が欲しい


購入日:7/13
購入場所: VANDAレコード所沢店
購入金額:¥1,785
備考:国内盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-07-20 19:59 | JAPANESE