葡萄畑 / 葡萄畑 (紙ジャケ)

b0079504_21114476.jpg


「はっぴいえんど」や「はちみつぱい」のようなアメリカンルーツっぽいサウンドのバンドがいないかと検索していて知ったのが葡萄畑というバンド。昨年リリースされたファーストアルバムの紙ジャケが未開封中古で安くなっていたこともあって入手してみました。

76年のセカンドアルバム「スローモーション」ではブリティッシュロック的なサウンドにシフトしているようですが、74年リリースのデビュー作である本作ではカントリーテイスト溢れるサウンドを聴かせてくれます。ギター、マンドリン、ベース、ドラム、キーボードによる5人編成のこのバンド、マンドリン奏者とドラマーの2人のヴォーカルによる掛け合いもあったり、バンドの構成などからもザ・バンドからの強い影響が感じられますね。

演奏もこなれているし、なかなか良いアルバムではあるんですが、ヴォーカルが弱いのと楽曲に決定打がないのが惜しいところですね。ミックスもバランスが悪い曲があったりしますし・・・ とはいえザ・バンドくりそつなアーシーなサウンドはなかなか気に入ってます。


1. ばら色の黄昏時
2. すこし慌て気味に
3. 昼間酒
4. 朝から不機嫌
5. そんな日の午後には
6. ブレイク・ダウン~葡萄畑の葡萄作り
7. 電信柱も泥だらけ
8. かねてから考えていたんだが
9. ぐるぐる
10. 夕飯は御仕舞


購入日:7/14
購入場所: ディスクユニオン新宿本店
購入金額:¥1,200 (定価2,000円)
備考:国内盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-07-21 21:12 | JAPANESE