ブックオフ漁盤報告


昨日行った近所のブックオフで「1,000円以下のCD全て半額」セールをおこなってまして、何枚か購入しました。結構良い買い物ができたかな。


b0079504_0194597.jpg

NICKY HOPKINS 「THE TIN MAN WAS A DREAMER」 475円

ストーンズ、ザ・フーとのセッションや、ジェフ・ベック・グループ、クイックシルバー・メッセージ・サーヴィスでの活動で知られる鍵盤奏者ニッキー・ホプキンスが73年にリリースしたソロアルバム「夢見る人」。

このアルバム、以前所有してたんですが、手放してしまっていて再入手となりました。彼のピアノがメインなサウンドではありますが、インストものからピアノ弾き語り、SSW的な雰囲気のものまでの多彩な内容はかなり秀逸ですね。





b0079504_0201849.jpg

CAN 「FUTURE DAYS」 (紙ジャケ) 475円

帯なしではありますが2005年にリリースされたカンの「フューチャー・デイズ」(73年)の紙ジャケを安くゲット。

以前、レンタルして聴いた感想をちょこっとした記事にしたんですが、このアルバムは相当にカッコイイですよ。日本人ヴォーカリスト、ダモ鈴木の歌声も雰囲気あるし、アンビエントな雰囲気がたまりません。




b0079504_0212341.jpg

ART BLAKEY’S JAZZ MESSENGERS 「UGETSU」 (紙ジャケ) 250円

ジャズの紙ジャケも格安で入手できました。

ジャズロックやフュージョンは好きですが、正統的なジャズってあまり聴いたことないんですよね。マイルスとコルトレーンを何枚かくらいしか所有してません。

これは63年のNYでのライブを収録した作品で、アルバムタイトルともなった②「UGETU」は「雨月」のことでしょうね。63年1月の来日公演の思い出から作られた曲だそうです。




b0079504_0214848.jpg

POISON 「LOOK WHAT THE CAT DRAGGED IN」 250円

アメリカのハードロックンロールバンド、ポイズンが86年にリリースしたデビュー作「ポイズン・ダメージ」。

当時はNWOBHMにご執心だったんで、化粧を施したグラム風のルックスがちゃらくて大嫌いでしたが、アルバムは意外と気に入ってました。耳馴染みのよいキャッチーなロックンロールが中心で今聴いても楽しめます。バラード「I Won’t Forget You」は名曲ですな~




b0079504_022723.jpg

HUMAN LEAGUE 「GREATEST HITS」 52円

「愛の残り火」「ファシネーション」など80年代を代表するのヒット曲をもつエレポップバンド、ヒューマン・リーグのベスト盤

エレクトリックABBAとも言われるように、ポップな楽曲満載です。ちなみに、このグループ、77年結成で79年にデビューしてることとか、6人組だということとかライナーを読むまで知りませんでした。てっきり80年代にでてきた3人組だと思ってました。

毎日聴き続けるのはちょっとツライですが、たまにこういったコンピューター系のサウンドを聴くと新鮮だったりします。
[PR]
by shintan_shintan | 2008-08-24 00:23 | 全般