BUGGLES / THE AGE OF PLASTIC

b0079504_23211827.jpg


バグルスの名前を知ったのは洋楽を聴き始めて間もない中学生の時。当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだったエイジアのキーボード奏者、ジェフリー・ダウンズの「元イエス、元バグルス」という経歴として知ったのが初めて。バグルスの代表曲「ラジオ・スターの悲劇」を知ったのはそれから十数年以上たってからでした。

で、本日紹介するのはバグルスが79年の大ヒットシングル「ラジオ・スター~」のヒットを受けて、80年1月にリリースしたファーストアルバム。ちなみに当時の国内盤の邦題は「プラスティックの中の未来」だったそう・・・
「ラジオ・スター~」は各種コンピレーションに収録されてますし、CMでも良く使われていて耳なじみはありますがアルバムを聴くのは今回が初めて。
特に好きじゃない音なんだけどなんとなく気になるアルバムやアーティストっていませんか? 僕にとってバグルスのこのアルバムはそんな1枚でした。

アルバムでも、「ラジオ・スター~」のイメージでエレクトロニクスを多用したポップなバンドサウンドを想像していたんですが、結構想像と違ってましたね。アルバム前半は①③⑤といった、まるでグループサウンド(もしくはロシア歌謡)のようなマイナー調の歌謡曲風メロディーの8ビートの曲にちょっとビックリ。
こりゃ、てっきりハズレかな~と思って聴き進めていったんですが、⑥⑦といったちょっと抑えた雰囲気でアンビエントやプログレっぽさも感じられる楽曲で一気に好きになりました。④⑧もそういった系統の曲ですしね・・・

バンドの中心人物、トレヴァー・ホーン(Vo, B)とジェフ・ダウンズ(Key)はもともとイエスの大ファンで、このアルバムリリース後にジョン・アンダーソンとリック・ウェイクマンが脱退した後釜としてイエスに加入(というよりバンドごと吸収合併)しただけあって、緻密でスケール感のあるサウンドプロダクションの素質も持ちあわせてたようですね。
このアルバム、「ラジオ・スター~」のような親しみやすいエレポップのみを期待して聴くと、ちょっと肩すかしな感もあるかもしれませんが、それ以外の様々な音楽的素養を感じることができる作品だと思います。


1. Living In The Plastic Age
2. Video Killed The Radio Star
3. Kid Dynamo
4. I Love You (Miss Robot)
5. Clean, Clean
6. Elstree
7. Astroboy (And The Proles On Parade)
8. Johnny On The Monorail


購入日:8/31
購入場所: カメレオンクラブ久米川店
購入金額:¥464
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-09-03 23:21 | 80s ROCK