最近買ったSSWものまとめてご紹介


今日は、最近購入したシンガーソングライターものをまとめてご紹介。
どれも、単発記事にするほどのインパクトは感じられなかったものですが、決して悪い出来ではないですよ~


b0079504_21583212.jpg

SHAWN PHILLIPS / SECOND CONTRIBUTION

60年代半ばにデビューした、テキサス出身のショーン・フィリップスが70年にリリースした6作目でブックオフにて1000円で購入。
たぶんユニオンで見つけても買ったかどうかは微妙なところですが、オフでこういう作品を見かけるのも珍しいですし、アルバムのジャケもなんか見たことがあったのでゲットしときました。

テキサス出身とはいえ、その内容は英国度が高く、アシッドぽい弾き語り系から、ファンキーなもの、フォークロック調、オーケストラを導入したちょい大仰なもの、組曲風のプログレッシブ風なものまでバラエティ豊か。アーシーなSSWもののイメージで聴くとちょっと違和感を感じるかも・・・




b0079504_21585116.jpg

ERIC VON SCHMIDT / 2nd RIGHT, 3rd ROW

ボブ・ディランにも多大な影響を与えたブルース系SSW、エリック・フォン・シュミットが72年にリリースした名作で、ユニオンにて1,155円で入手。
ジェフ・マルダー、マリア・マルダー、エイモス・ギャレット、ポール・バターフィールドなどウッドストック勢の好サポートもナイスな、ブルージーかつ温かみのあるアコースティックな逸品です。

ちなみに、ディランのレパートリー「連れてってよ」のオリジナルはエリック・フォンですし、ディランのアルバム「ブリンギン・イット・オール・バック・ホーム」のジャケに写ってる何枚かのLPのうちの1枚もエリック・フォン・シュミットの63年作だそうです。




b0079504_21591314.jpg

LIVINGSTON TAYLOR / OVER THE RAINBOW

最後はリヴィングストン・テイラーが73年にリリースの3作目で、カプリコーンレーベルでの最後の作品。
基本的には1st2ndと大きな音楽性の違いはないですが、アーシーな感じは後退していて、ジャジーな雰囲気の曲もあったり、ストリングスをフィーチャーしたものもあったりで、結構洗練された感じになってるかな。お兄さんのJTに近くなったような・・・

こちらは、中野のレコミンツにて980円にて購入です。
[PR]
by shintan_shintan | 2008-10-08 21:59 | SSW