TOM WAITS / RAIN DOGS (紙ジャケ)


b0079504_125137100.jpg

トム・ウェイツのアイランドでのアルバム数枚が紙ジャケリリースになりましたね。
事前の告知ではリマスターの記載がなかったんで、スルーの予定でしたが発売日だった昨夜、念のために店頭で確認したら2008年リマスターじゃないですか!給料日前で懐が寂しいにもかかわらず即効でゲットしてしまいました。

で、本日紹介するのは85年にリリースされた「レイン・ドッグ」。
このアルバム、リアルタイムでは経験してなくて、90年代になってから、アルバム「ボーン・マシーン」が話題になっていた頃に購入したんですが、最初に聞いたときはけっこう驚きましたね~
ピアノ弾き語りを中心としたちょいジャジーな70年代のアルバムのイメージが強かっただけに、異国情緒あふれる無国籍感や、どこか怪しげで退廃的、ノスタルジックでありながらアバンギャルド・・・ 書いていて自分でも良く分かりませんが、こんな音は今まで聴いたことがなかったんで・・・
例えて言うなら「裏通りにあるネオンが淫靡な酒場」とかドアーズの2nd「まぼろしの世界」のジャケット、はたまた昔の見世物小屋的なサーカスのような怪しい感じでしょうか。

というわけで、トムの吼えまくっているダミ声ヴォーカルも迫力ありすぎで、最初はとっつきづらかったこのアルバムですが、マーク・リボー、GEスミス、キース・リチャード、ロバート・クワイン、クリス・スペディングなど癖のある腕達者なギタリストたちのプレイも魅力的だし、聴き込むうちにどんどん魅了され、初めて聴いてから15年以来の愛聴盤となってます。以前記事にした80年代ロックアルバム25選にも入れましたしね。

気になるリマスターですが、音圧(音量)があがっているのはもちろんですが、クリアになり立体感がでていて良い音になってます。ライナーによると、リマスター&紙ジャケに関してはトム・ウェイツからなかなかOKが出ず、ようやく今回リリースされた4枚だけが許可されたとのこと。日本でのリマスタリング(オリジナルマスターからかどうかは不明)ではありますが、なかなか良好です。とはいえ、そのうちSHM-CDがどのくらい寄与してるのかは相変わらず不明ですが(苦笑)

歌詞やクレジットを記載した内袋は再現してるものの、帯やレーベルの再現はないですし、なんといっても価格の高さに閉口してしまいますが、それでもリマスターが施されてるってだけでけっこう満足度は高いです。別に紙ジャケやSHM-CDじゃなくても良くって、その分価格を下げて欲しかったってのが本音ですが・・・ 

それにしても、アサイラムでの7枚のアルバムのリマスターもいずれは実現するんでしょうか・・・



1. Singapore
2. Clap Hands
3. Cemetery Polka
4. Jockey Full Of Bourbon
5. Tango Till They're Sore
6. Big Black Mariah
7. Diamonds & Gold
8. Hang Down Your Head
9. Time
10. Rain Dogs
11. Midtown
12. 9th & Hennepin
13. Gun Street Girl
14. Union Square
15. Blind Love
16. Walking Spanish
17. Downtown Train
18. Bride Of Rain Dog
19. Anywhere I Lay My Head


購入日: 10/22
購入場所: ムトウ@高田馬場
購入金額:¥2,800
備考: 国内盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-10-22 12:51 | 80s ROCK