2011年 10月 21日 ( 1 )

b0079504_823727.jpg


1. Keeps Me Wondering Why
2. Abracadabra
3. Something Special
4. Give It Up
5. Never Say No
6. Things I Told You
7. Young Girl's Heart
8. Goobye Love
9. Cool Magic
10. While I'm Watching


スティーブ・ミラー・バンド。60年代半ばにブルージーでサイケなサウンドでデビューし、その後も音楽性を変遷させながら今でも現役な40年選手の超ベテラングループ。

初期にはボズ・スキャッグスがサイドギターで参加してたことでも有名で、ボズ在籍時の代表作となる68年の2nd「SAILOR」や、全米1位の大ヒット曲「Joker」を含む73年の10枚目「JOKER」、彼らの代表作であろう76年作「FLY LIKE AN EAGLE」といったアルバムは以前から愛聴してはいますが、スティーブ・ミラーと言うとまず思い浮かぶのが82年の全米No1シングル「アブラカダブラ」。リアルタイムでしたからね~

で、その大ヒットシングルを収録した82年のアルバムを最近聴いてみたんですが、これがいいんですよね~ バンド自体がその時代にあわせて音楽性を変えていくスタイルだし、前記したアルバムでも散漫ともいえる何でもありな内容ではありましたが、今作ではシングル「アブラカダブラ」こそ少々浮き気味ではありますが、シンセを結構フィーチャーしながらもバンド的なところも損なわれてない、アーリー80sなポップ/ロックなサウンド。過去作で聴けたようなブルージーでもサイケデリックでもスペイシーさもありませんし、アメリカンなところのブレはなし!いいアルバムですよ~
[PR]
by shintan_shintan | 2011-10-21 17:51 | 80s ROCK