2011年 12月 21日 ( 1 )

もうすぐクリスマスですね~

3年前にはクリスマスアルバムを色々と聴き漁りこのブログでも記事にしましたが、ここ数年はカーペンターズ、フィル・スペクター、ビーチボーイズといった定番ものをクリスマス直前にちょこっと聴くくらい・・・

今年はひさびさに新たなクリスアルバムを数枚入手しまして、今日はそんななかからお気に入りの3枚をご紹介します。


b0079504_12171670.jpg















CAROL KING 「A HOLIDAY CAROLE」 (2011年)

1. My Favorite Things
2. Carol Of The Bells
3. Sleigh Ride
4. Christmas Paradise
5. Everyday Will Be Like A Holiday
6. Chanukah Prayer
7. Have Yourself A Merry Little Christmas
8. I've Got My Love To Keep Me Warm
9. Christmas In The Air
10. Do You Hear What I Hear
11. This Christmas
12. New Year's Day

最初は、今年リリースされたキャロル・キングのキャリア初となるクリスマスアルバム。

プロデュースも務めた娘のルイーズ・ゴフィン作の軽快でポップな④⑨や、ウィリアム・ベル&ブッカーT・ジョーンズ作の⑤やダニー・ハザウェイの⑪といったソウル系のカバーなどが印象的ですね~ 

③「そりすべり」、⑦「あなたに楽しいクリスマス」、シングルカットされた⑩といった定番ソングも収められてはいますが、アルバム全体的にはよくあるクリスマスアルバムとは一味ちがった選曲や雰囲気に仕上がってます。正直なところそれほど期待してはいなかったんですが、これは大好きなクリスマスアルバムとなりました。




b0079504_1217316.jpg















EMMYLOU HARRIS 「LIGHT OF THE STABLE」 (1979年)

1. Christmas Time's A-Coming
2. O Little Town Of Bethlehem
3. Away In A Manger
4. Angel Eyes
5. The First Noel
6. Beautiful Star Of Bethlehem
7. Little Drummer Boy
8. There's A Light
9. Cherry Tree Carol
10. Golden Cradle
11. Silent Night
12. Man Is An Island
13. Light Of The Stable

お次は、エミルー・ハリスが79年にリリースしたクリスマスアルバム。

エミルー嬢の凛とした気品あるポートレイトが印象的なアルバムですが、僕が所有してるのは新録の3曲(⑧⑨⑫)を追加し、ジャケを変更して2004年にリリースされたリマスターバージョンで、ジャケはこんな感じ↓

b0079504_12174517.jpg















アコギ弾き語りを中心としたしっとりな内容で、アコースティックでフォーキーバックと清らかなヴォーカルが素晴らしい1枚。何曲かで聴けるカントリーテイストもあってクリスマスアルバムながらも彼女らしい作品になっております。




b0079504_11304284.jpg















REO SPEEDWAGON 「NOT SO SILENT NIGHT」 (2009年)

1. The First Noel  
2. Winter Wonderland
3. Silent Night   
4. Deck The Halls  
5. Little Drummer Boy
6. The White Snows Of Winter  
7. Angels We Have Heard On High (Gloria)
8. Children Go Where I Send Thee
9. I'll Be Home For Christmas  
10. God Rest Ye, Merry Gentlemen
11. Happy Xmas (War Is Over)
12. Blue Christmas  
13. Joy To The World

最後はREOスピードワゴンが2009年にリリースしたクリスマスアルバム。

①⑥こそピアノ+ストリングスがバックのしっとりした感じですが、それ以外はREOらしいアメリカンロック/パワーポップな仕上がりになっていて、聴いていて元気がでますね~

シャッフル調な②「ウィンター・ワンダーランド」、パワーバラード仕立てな③「サイレント・ナイト」、ギターの多重録音によるアンサンブルがに楽しめる⑤「リトル・ドラマー・ボーイ」。
⑦「荒野の果てに」もREOお得意のパワーバラード。ハチロクのバラード、ビング・クロスビーの⑨やカントリータッチなプレスリーの⑫あたりは渋い出来でアルバムの良いアクセントになっております。アルバムラストは定番ソング「もろびとこぞりて」ですが、これもREOらしいアップテンポで適度にハードなアレンジ。

これはいいクリスマスアルバムです。「静かじゃない夜」っていうタイトルも内容にハマっていますしね~
[PR]
by shintan_shintan | 2011-12-21 00:00 | HOLIDAY