カテゴリ:70s ROCK( 40 )

先週の日曜からロンドンに旅行に行っておりまして、昨日の午後帰国しました。
ロンドンも涼しかったですが、日本に帰ってきたら大雨でビックリ・・・

ツアーの日程がけっこうハードでして、7:30出発で20:00ホテル着といった毎日だったんですが、ツアー3日目のフリータイム4時間を利用して、中古CDショップが何軒かあるソーホーエリアを探索してきました。もちろん狙うはレアCD!

残念ながら貴重盤とは遭遇できませんでしたが、そこでの収穫をご報告です。


b0079504_23213531.jpg

オアシスの2ndのジャケでも知られている、ソーホーのベイカーストリート


b0079504_23215443.jpg

人気の中古ショップ「SISTER RAY」 ヴェルベット周辺に特化してるわけではなくオールマイティーな品揃えで、どちらかというとアナログのほうが充実しておりましたね。こうやって写真で見るとユニオン新宿本店っぽい感じもしますが、店内はなかなか広くてユニオン国立と同じくらいかな。

こちらのお店では8枚を購入。このお店、すべてのディスクはカウンターで保管してあって、レジには簡易パッケージを持っていくんですが、8枚中4枚がなぜか新品でした。値差もないし記載もないし、システムがよくわからないですね・・・


b0079504_23221646.jpg

BRIDGET ST. JOHN 「THANK YOU FOR...」(1972年) 
中古品 8.99ポンド(約1,130円)


今でも現役の英フィメールフォークシンガー、ブリジット・セント・ジョンの3rd。格段に安い訳じゃないんですが、彼女は今まで未聴でしたし、ロンドンで英フォークものを買うのもオツなんじゃないかと・・・




b0079504_23224258.jpg

DANA GILLESPIE 「BOX OF SURPRISES」(1968年) 
中古品 8.99ポンド(約1,130円)


70年代中頃にはボウイと浮名を流した英巨乳SSW、ダナ・ギレスピーの2nd。
ジミー・ペイジも参加した1stは愛聴してる1枚なんですが、この2ndも気になっていたアルバムなんですよね。




b0079504_2324348.jpg

SIMPLE MINDS 「REEL TO REAL CACOPHONY」(1979年) 
未開封中古(新品) 5.99ポンド(約755円)


SIMPLE MINDS 「EMPIRES AND DANCE」(1980年) 
中古品 5.99ポンド(約755円)


シンプル・マインズの2ndと3rdもゲット。このあたりの初期作は不人気なのか、日本では中古でほとんど見かけないんですよね~




b0079504_23242419.jpg

ORIGINAL SOUNDTRACK 「THE HARDER THEY COME」(1979年) 
未開封中古(新品) 5.99ポンド(約755円)


ご存知、ジミー・クリフおよびルーツロックレゲエを代表する名盤。リマスター盤に買い替えです




b0079504_2325824.jpg

EVIE SANDS 「SUSPENDED ANIMATION」(1979年) 
中古品 8.99ポンド(約1,130円)


最近、英SUPER BIRDからリリースされたイーヴィ・サンズの3rd。以前に日本のみでリリースされたものはプレ値となってましたので、ナイスリイシューですね。




b0079504_23253643.jpg

LEON RUSSELL 「LIVE IN JAPAN」(1975年) 
未開封中古(新品) 10.99ポンド(約1,380円)


こちらも英BIG BEATからつい最近リイシューされたアルバムで、75年に日本のみでリリースされたレオン・ラッセルのライブ盤(音源は73年の武道館公演) 日本で買うよりもちょっとお安くゲットできました。




b0079504_2325589.jpg

WARREN ZEVON 「WARREN ZEVON COLLECTOR'S EDITION」(1976年) 
未開封中古(新品) 14.99ポンド(約1,890円)


ジャクソン・ブラウンのプロデュースによる名盤の2枚組コレクターズ・エディション。
捨曲いっさいなしの素晴らしい内容にふさわしく、リマスターによって音質も格段に向上してます。、



b0079504_23262326.jpg

DUSTY SPRINGFIELD 「DUSTY IN MEMPHIS」(1969年) 
中古品 3ポンド(約380円)


前述の8枚を購入したシスター・レイを後にして、そこからすぐのリバイバル・レコーズもチェック。
こちらでゲットしたのはダスティ・スプリングフィールドのマッスル録音盤。ちょっと傷がありましたが、それでも3ポンドはお安い買物でした。




b0079504_23265464.jpg

THE OLD GREY WHISTLE TEST 40th ANNIVERSARY ALBUM (2011年) 
新品 8.33ポンド(約1,050円)


最後はヒースロー空港の中にあるHMVで購入した1枚。
英BBCの音楽番組「THE OLD GREY WHISTLE TEST 」の40周年を記念してライノよりリリースされた3枚組。目玉はスタジオライブの音源を収録したディスク3かな。他の2枚はアルバムやシングルの音源なので貴重性は0ですが、それでも超豪華な面々なので70年代コンピとしても楽しめるかも・・・



といった、ロンドン購入の10枚。ウォーレン・ジヴォン以外は英アーティストや、英レーベルからのリイシューもの、BBC関連などイギリスゆかりのモノとなりました。
以前は1ポンドが200円以上でしたが、最近は円高ポンド安なのでそれなりの価格で入手できました。
[PR]
by shintan_shintan | 2011-08-20 17:12 | 70s ROCK
b0079504_2029309.jpg


待望のジョニー・ウィンター紙ジャケ。5/25に発売になった6Tはもちろんゲット!
ジャケの作りといい、リマスター具合といい、相変わらずソニーさんは良い仕事ぶりです。

来週リリースになる残りの6Tも、もちろん購入しますよ~
[PR]
by shintan_shintan | 2011-06-04 20:28 | 70s ROCK
大震災からもうすぐ3週間。

地震での直接的な被害はなかったものの、気持的に以前とは同じにはなれない今日この頃。音楽は何だかんだで毎日聴いてたものの、CDショップへの足は何となく遠のき、ブログのほうもちょっとお休みしておりました。

相変わらずに買占めやモノ不足はあるものの流通はだいぶ正常化してきていますし、計画停電(我が家は3Gです)はちょっとやっかいですが、ブログのほうもぼちぼちと再開していこうかと・・・ 過剰な自粛は経済を滞らせ、復興の妨げになるかもしれませんしね。

で、本日は最近購入したディスクガイドのご紹介。1999年にストレンジデイズ誌絡みで刊行された「ニッチ・ポップ 英国ポップの眠れるお宝」。定価は1,575円ですが、ユニオンにて中古が630円でした。


b0079504_217873.jpg

















「ニッチ」って隙間とか穴場って意味なんですが、いわゆる、ちょっとマニアックでB級感ある音といえばわかりやすいかな。70年代のブリティッシュものを中心に400枚ほど取り上げています。

ここ数年、購入音盤に関してはアメリカ志向が強く、ブリティッシュ系は意図的に避けていた(予算的に手がまわらないしね)ところもあったんですが、ロンドン旅行の予定もあって、最近は英国モノにも積極的に。ちなみに旅行は出発前日の3/17に、予定していた飛行機が欠航になりツアー日程も大幅に変更との連絡が旅行会社からあり、前日ではありましたが急遽キャンセルです(涙)

というわけで、ブリティッシュものに開眼しつつある今の僕にはうってつけの本。グラムやアイドルポップからフォーク/SSW系、パブロック、パンク/モダンポップまで幅広く取り上げられていて、初めて聴く名前も多いし、名前は知ってるもののどんな音かはわからなかった音盤が多く取り上げられていて、これは参考になりますね~

b0079504_2153382.jpg















早速、SMOKIE、HOOKFOOT、UNICORN、LINDISFARNをお買い上げ。まだまだ気になるのはいっぱいあるんですよね~
[PR]
by shintan_shintan | 2011-03-30 21:23 | 70s ROCK
WOUNDED BIRD RECORDとCOLLECTOR'S CHOICE MUSIC。

アメリカのこの2つのリイシュー専門レーベルには色々とお世話になることも多く、ここからのリイシューもので自分が知らないものを中古で見かけると、できるだけチェックするようにしております。

まぁ、音質的にイマイチだったり、ブックレット等が貧相だったり、アートワークが最悪だったりするタイトルもあったりしますが、USものが多いこともあって自分的にはけっこう重宝。中古でお手頃価格になってるものも多いから冒険できるのも嬉しいんですよね。

というわけで、なかばレーベル買いに近い感じで中古ゲットした8枚をご紹介。


b0079504_17591045.jpg












THE ROSE GARDEN (1968年) 

バーズフォロワーな米4人組バンドの1st。
ポップで聴きやすい、人畜無害なフォークロックって感じ。サンシャインポップとかお好きな方ならいけるんじゃないかな。

購入金額:600円




b0079504_1758145.jpg













FUSION 「BORDER TOWN」 (1969年)

ライ・クーダーが全面的に参加してることでも知られるアルバム。
基本的にはスワンピーなルーツロックですが、ジャズのエッセンスも感じられるし、これは面白いですね~

購入金額:850円




b0079504_1758343.jpg













THE UNSPOKEN WORD (1970年)

ニューヨークの男女混声バンドの2nd。
68年の1stはフォーキーサイケだったようですが、こちらで聴けるのはヘヴィーなブルースロックをベースにスワンピーやフォーキーな楽曲も聴けるルーツロック。オルガンやファズなどにサイケの残り香も少々・・・

購入金額:640円




b0079504_17585571.jpg













ROSEBUD (1970年)

ジェリー・イエスターとジュディ・ヘンスキ夫妻(当時)がクレイグ・ダーギらと結成した風変わりなフォークロックバンドの唯一作。
夫婦名義のサイケな69年作「Farewell Aldebaran」も変わった音でしたが、こちらではサイケは消滅してフォークやソウル、ゴスペルなどの要素が大きいです。

購入金額:700円




b0079504_17593554.jpg












STONEGROUND (1971年)

ボー・ブラメルズのヴォーカル、サル・ヴァレンティノがバンド解散後にピート・シアーズ(後にジェファーソン・スターシップに加入するギタリスト)らと結成した大所帯バンド。

ソウルやブルース、フォークなどなんでもありな感じで、少々ゆる~い感じが聴いていて落ち着く感じ。71年作ですが質感は60年代的でして、「連帯」とか「ヒッピー」とかそんなワードが思い浮かびます。ある意味70年前後の代表的なシスコサウンドとも言えるかも・・・

購入金額:640円




b0079504_1884919.jpg













DON HARRISON BAND (1976年)

CCRのリズム隊、ステュ・クックとダグ・クリフォードが新たに結成したバンドの1st。
音の方向性はCCRとそう変わらない相変わらずな感じですが、通好みなギタリスト、ラッセル・ダシールのプレイは◎

購入金額:500円




b0079504_180166.jpg













JONATHAN CAIN BAND 「WINDY CITY BREAKDOWN」 (1977年)

後にベイビーズやジャーニーへ参加して名を上げるジョナサン・ケインが自身のバンドでリリースした77年作。
ベアズヴィルからのリリースではありますが、ウッドストックサウンドではあらず、ちょいハードでポップなアメリカンロック。プレ産業ロックって感じかな・・・

購入金額:850円




b0079504_1802310.jpg













THE JEREMY SPENCER BAND 「FLEE」 (1979年)

これはジャケ買いした1枚で、ピーター・グリーンとともにブルースロック期のフリートウッド・マックを支えたギタリスト、ジェレミー・スペンサーが長いブランクの後にリリースしたアルバム。

②ではレイヴォーンのようなブルージーなギターが聴けますが、アルバム的にはディスコっぽかったりAORぽかったりで、悪くはないですがマック時代の彼を期待する向きにはオススメできませんね。

購入金額:780円
[PR]
by shintan_shintan | 2011-03-06 11:43 | 70s ROCK

元SPIRITのジェイ・ファーガソン(Vo,Key)を中心とした4人組ジョ・ジョ・ガン。
70年代にアサイラムレーベルから4枚のアルバムを残した彼らですが、ここ最近で彼らの1st~3rdをユニオンにて立て続けにゲット。どれも840円也。


b0079504_21151869.jpg













JO JO GUNNE (1972年)

1. Run Run Run
2. Shake That Fat
3. Babylon
4. I Make Love
5. Barstow Blue Eyes
6. 99 Days
7. Academy Award
8. Take It Easy
9. Flying Home




b0079504_211631.jpg













BITE DOWN HARD (1973年)

1. Ready Freddy
2. Roll Over Me
3. 60 Minutes To Go
4. Rock Around The Symbol
5. Broken Down Man
6. Special Situations
7. Take Me Down Easy
8. Wait A Lifetime
9. Rhoda





b0079504_21164280.jpg













JUMPIN' THE GUNNE (1973年)

1. I Wanna Love You
2. To The Island
3. Red Meat
4. Getaway
5. Before You Get Your Breakfast
6. At The Spa
7. Monkey Music
8. Couldn't Love You Better
9. High School Drool
10. Neon City
11. Turn The Boy Loose


アサイラムからのリリースが関係しているのか、ドゥービーなどに通じる爽やかさみたいなものもありますが、サウンドの基本はハードなギターフィーチャーしたブギー&ロックンロール。
泥臭さはあまり感じないものの、ブルースなどルーツミュージックからの影響を素直に感じるハードロックなサウンドで、これ聴くと元気出ますよ~
[PR]
by shintan_shintan | 2010-11-02 21:18 | 70s ROCK

モトリー・クルーがカバーしたヒット曲「Smokin' In The Boy's Room」のオリジネーターとして知られるミシガンの3人組R&Rバンド、ブラウンズヴィル・ステイションのアルバムを2枚ほどゲット。


b0079504_21592730.jpg













A NIGHT ON THE TOWN (1972年)

1. Rock With The Music
2. I Got Time
3. Lovin' Lady Lee
4. Mad For Me
5. Mister Robert
6. Wanted (Dead Or Alive)
7. Country Flavor
8. Jonah's Here To Stay
9. Leavin' Here
10. Man Who Wanted More (Saints Rock & Roll)

72年リリースのセカンドアルバム。
彼らの代名詞であるストレートなR&Rチューンから、ハードなブルースロック風やブギー、そしてラズベリーズ真っ青のパワーポップなど彼ららしさ満載のアルバムではないでしょうか。




b0079504_21584084.jpg













MOTOR CITY CONNECTION (1975年)

1. Automatic Heartbreak
2. One That Got Away
3. Self Abuse
4. Crazy Legs
5. Give It To Get It
6. Combination Boogie
7. Load Of Love
8. You Know Better
9. They Call Me Rock 'N' Roll

で、こちらはよりヘヴィーさが増した75年リリースの5th。
基本的な音楽性は変わらないものの、まさにアメリカンハードロックなサウンドになっていて、個人的には大はまりです。カッコイイですよ~


購入日:9/29
購入場所:ディスクユニオン神保町店
購入金額:各¥900
備考: 輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2010-10-18 08:00 | 70s ROCK

サッカーワールドカップ盛りあがってますね!
僕もそれほど熱心なサッカーファンというわけではありませんが、それでも今朝は早起きして観戦。そのまま仕事に行くのも辛そうなので本日は代休です。

で、本日はフェイセズの紙ジャケ。23日発売でしたが発送が遅れたようでようやく本日到着。

フェイセズは学生の時によく聴いていたんですが90年当時にCD化されていたのはロッド&フェイセズ名義で74年にリリースされたライブ盤のみで、これが一番聴いたアルバムかな。当時やっていたバンドでもこのライブ盤バージョンの「Stay With Me」を演っていたりで思い入れのある1枚だったりします。

その後、90年代半ばにCD化されたオリジナルアルバムもそれなりに気に入って聴いておりましたがほどなくして売却。今回のリマスター紙ジャケが再入手のよい機会と思い2枚ほど購入いたしました。


b0079504_1735858.jpg














OHH LA LA (1973年)

1. Silicone Grown
2. Cindy Incidentally
3. Flags And Banners
4. My Fault
5. Borstal Boys
6. Fly In The Ointment
7. If I'm On The Late Side
8. Glad & Sorry
9. Just Another Honky
10. Ooh La La

凝ったジャケが多いフェイセズの諸作ですが、今回の紙ジャケでの一番の目玉はこの4作目「ウー・ラ・ラ」でしょう。特殊な切れ込みと細工でジャケの男性の顔が変わるってやつですね・・・詳しくはワーナーの特設サイトをご覧ください




b0079504_1742225.jpg














AS NOD IS AS GOOD AS A WINK... TO A BLIND HORSES (1971年)

1. Miss Judy's Farm
2. You're So Rude
3. Love Lives Here
4. Last Orders Please
5. Stay With Me
6. Debris
7. Memphis, Tennessee
8. Too Bad
9. That's All You Need

もう1枚はフェイセズを代表するアルバム「馬の耳に念仏」
ロニー・レインが頑張ってる「ウー・ラ・ラ」も深みがあって好きなんですが、もっとも彼ららしいアルバムといえばやはりコレでしょうね。


b0079504_1743667.jpg













ジャケの12枚分近くある巨大なポスターも復刻しております。




最後に、一部ではあまり評判の宜しくないワーナーの菊池功氏による今回の国内リマスターについて・・・

「馬の耳に念仏」を現行のプラケ盤と聴き比べてみましたが、もこもこしていてた旧盤に比べクリアーな音になっていてまずまずじゃないでしょうか。ただ音量レベルは以前のもものとほぼ同じなんで、低音がスッキリした分だけ今回のリマスターのほうが音圧が低く感じる方もいるかな。

奥行き感や立体感が飛躍的に向上してるわけではありませんが、奥にひっこんでいた感のあるヴォーカルもぐっと前に出てきていますし、すごい良くなったというほどではありませんが合格点なんじゃないかと個人的には思います。
[PR]
by shintan_shintan | 2010-06-25 17:39 | 70s ROCK


b0079504_15242090.jpg













NICK DRAKE 「FIVE LEAVES LEFT」 (1969年)



b0079504_15244367.jpg













LINDA PERHACS 「PARALLELOGRAMS」 (1970年)




b0079504_15251213.jpg














DAVID ACKLES 「AMERICAN GOTHIC」 (1972年)




b0079504_1525353.jpg













MICHAEL JOHNSON 「FOR ALL YOU MADNUSICIANS」 (1975年)




b0079504_1526840.jpg













VASHTI BUNYAN 「JUST ANOTHER DIAMOND DAY」 (1970年)




b0079504_15282079.jpg













DONOVAN 「HMS DONOVAN」 (1971年)




b0079504_15284779.jpg













NICO 「THE MARBLE INDEX」 (1968年)



いきなりアルバムを7枚ほどピックしましたが、これ何だと思います?

まぁ、タイトルを読めば分かってしまいますが、この7枚は僕の夜のお供。就寝時のBGMとして重宝してるアルバム達です。

寝るための音楽ですから「安らかな眠りにつけるような穏やかさ」そして、「すぐに眠りにつけそうな単調さ」っていうのがポイントになりますし、必然的にリズム感やビート感が際立たないもののほうがいいかな・・・

今回取り上げた7枚ですが、ニック・ドレイクは昔からの大定番でアルバム後半はあまり記憶にない1枚(寝てしまってるんでね)
また、マイケル・ジョンソン以外はアシッドフォークや英トラッドぽさを感じるものになりましたね。ニコに関しては、こんなの聴いて寝れないよ!という方もいそうな呪術的なところも感じる内容ではありますが、これと写真3枚目の米SSWデヴィッド・アックルスが最近の定番となっております。

最近は出張続きで3時間ほどしか寝れない日が続いたり、とはいえ休日でも朝5時に目が覚めたり、たまに早く床についてもなかなか眠れなかったりと、睡眠障害と言うほどではありませんがグッスリ眠れず疲れも取れてない感じが・・・
皆様オススメの安眠ミュージックがあれば教えていただきたいですね。
[PR]
by shintan_shintan | 2010-06-13 15:29 | 70s ROCK

b0164199_21504835.jpg














1. Feel
2. The Ballad Of El Goodo
3. In The Street
4. Thirteen
5. Don't Lie To Me
6. The India Song
7. When My Baby's Beside Me
8. My Life Is Right
9. Give Me Another Chance
10. Try Again
11. Watch The Sunrise
12. St 110/6

13. O My Soul
14. Life Is White
15. Way Out West
16. What's Going Ahn
17. You Get What You Deserve
18. Mod Lang
19. Back Of A Car
20. Daisy Glaze
21. She's A Mover
22. September Gurls
23. Morpha Too
24. I'm In Love With A Girl


今年の3月にアレックス・チルトンが59歳の若さでお亡くなりになりましたね。
彼の名前や、彼が活躍していたバンド、ビッグ・スターの事は知っておりましたがなんとなく聴かずじまいで・・・

先日、72年の1st「♯1 RECORD」 と74年の2nd「RADIO CITY」の2in1を中古で見かけ、何の気なしに聴いてみたんですが、これがもう素晴らしくてビックリ!

メンフィス出身ながらもビートルズやキンクスなど英ロックからの影響を感じさせるキャッチーな楽曲ぞろいでして、これはツボでしたね~ 
元祖パワーポップなんて言われてる彼ら、適度にハードなポップチューンと胸キュン(死語)なスロー&ミディアム系がバランスよく同居されていて、ほのかな米ルーツの香りもナイス。「The Ballad Of El Goodo」「Thireen」「September Gurls」は名曲ですね~
[PR]
by shintan_shintan | 2010-05-06 00:00 | 70s ROCK

b0164199_161931.jpg














1. Stone Free
2. Valleys Of Neptune
3. Bleeding Heart
4. Hear My Train A Comin'
5. Mr. Bad Luck
6. Sunshine Of Your Love
7. Lover Man
8. Ships Passing In The Night
9. Fire
10. Red House
11. Lullaby For The Summer
12. Crying Blue Rain


ちょっと出足が遅れてしまいましたが、ジミヘンの未発表曲集がようやく我が家にも到着。

これ、発売前からamazonのカートには入れていたんですが、国内盤にしようか迷っているうちに値段が上がってしまいまして・・・ もっと早くオーダー入れていれば1,000円以下で買えたんですけどね。

未発表曲や別テイクって、クオリティの低いものもしばしばですし、これに関しても所詮デモレベルのものなんじゃないかと思っておりましたが、いやぁ、これはカッコイイです!

最小限のオーバーダブしかしてないものが多いんで、まだ途中段階って感じのする曲も多いんですが、逆にイジリ過ぎていないことによってシンプルで生々しい感じが味わえますね。

再録およびリハーサルテイクの①⑨⑩やクリームのカバー⑥なども聴きどころですが、それ以外のナンバーも注目すべきところが多々ありまして、個人的にはビリー・コックスが参加した②③がお気に入りかな・・・


JIMI HENSRIX (Vocal, Guitar)
NOEL REDDING (Bass ④~⑫)
BILLY COX (Bass ①~③)
MITCH MICHELL (Drums)
ROCKY ISAAK (Drums ③)
[PR]
by shintan_shintan | 2010-03-24 00:00 | 70s ROCK