カテゴリ:80s ROCK( 135 )

b0079504_2042571.jpg


今日紹介するのは98年にリリースされたパティ・スマイス(パティ・スミスではありませんよ)のベスト盤。オフで発見しました。いやあ懐かしですねぇ・・・82年のスキャンダルのデビューアルバム(5曲入りミニアルバム)はレコードは買いましたからね。

簡単に彼女の略歴を紹介しますと、82年にNYのバンドSCANDALのボーカリストとしてデビュー。このアルバムからは⑥がスマッシュヒットしたんですが、何といっても彼女を有名にしたのは84年にSCANDAL featuring PATTY SMYTH名義でリリースされた2ndアルバムからの大ヒット①(全米7位)でしょうね。その後バンドは解散し、87年にソロデビュー。レコード会社を移籍してリリースされた92年のセカンドソロから、ドン・ヘンリーとのデュエット曲②が全米2位の大ヒット。その後、テニスプレーヤーのジョン・マッケンローと結婚して事実上引退。
現在、マッケンロー夫人ってのもビックリなんですが、ライナーを読むともっと衝撃的な事が書いてありました。

■デビュー前の自主制作PVでギタリスト役を演じてたのが無名時代のジョン・ボン・ジョビ

■バンド解散後に元祖NYパンクのリチャード・ヘルと結婚、出産、離婚。

■エディ・ヴァン・ヘイレンからデイブ・リー・ロスの後釜として正式にオファーがあった。

何といっても興味深いのが、ヴァン・ヘイレンのヴォーカル候補だったって事。当時はソロデビューアルバム制作中だったんで断ったらしいんですけど、その後自分のアルバムが興行的に大ゴケし、サミー・ヘイガー加入後のヴァン・ヘイレンが爆発的に売れたことで、今でも後悔してるらしいです。個人的にはサミー加入後ヴァン・ヘイレンあまりは好きじゃないんで、もし彼女が加入してたらどうなったんだろうと思うとちょっと残念です。

肝心の内容なんですが、ヴァン・ヘイレンに誘われただけあって、ちょっとハスキーでパワフルな彼女の歌声はすごいいいですね。かわいらしい顔立ちからは想像できないくらいです。スキャンダルでのデビューアルバムは、オールディーズっぽいテイストも感じられる、ギターのエッジがたったロックンロールアルバムで大好きでした。荒いけど生々しいバンドサウンドが80s当時は新鮮だったんですよね。その後は音を結構作りこんだアメリカンハードッポップ路線でちょっと残念でしたが、もし復帰するんであれば原点に戻ったかのようなシンプルなロックンロールでパワフルな歌声を聴かせて欲しいものです

1.Warrior
2.Sometimes Love Just Ain't Enough
3.Wish I Were You
4.Carnival Lights
5.Love's Got A Line On You
6.Goodbye To You
7.I Should Be Laughing
8.Downtown Train
9.River Cried
10.Everyone Gets Older
11.Say What You Will
12.Beat Of A Heart
13.Heartache Heard Round The World
14.Isn't It Enough
15.No Mistakes
16.Hands Tied


購入日:6/28
購入場所:ブックオフ東村山
購入金額:¥650(割引券100円分使用)
備考:国内盤 帯なし
[PR]
by shintan_shintan | 2006-06-29 20:42 | 80s ROCK
b0079504_20552648.jpg

1980年リリースのカルロス・サンタナ名義でのソロ第2作目。このアルバムは1枚物の輸入盤で持ってるんですが、昨日紹介した「啓示」と一緒に、昨年リリースされた2枚組紙ジャケを1600円で購入しました。安かったですからね。

このアルバム、下記の通り一流ジャズミュージシャンが参加してるのが最大の特長でしょう。サンタナがジャズに傾倒し始めて10年。ようやくモノホンのジャズ畑ミュージシャンとの本格セッションが叶ったといった感じでしょうか。
音のほうは、下記メンバー+サンタナバンドの面々によるバックアップで、ロックフュージョン色の強いアルバムに仕上がってます。ただそこはサンタナ、バックが何であれ彼らしいフレーズは満載だし、ラテンテイストも上手くちりばめられており、サンタナ印のアルバムになってます。

ハービー・ハンコック(Key: 全曲参加)
ウエイン・ショーター(Sax: DISC1 ②③  DISC2 ②⑤)
ロン・カーター(Bass: DISC1 ②③  DISC2 ②③⑤)
トニー・ウイリアムス(Drums: DISC1 ①③  DISC2 ②)
ハービー・メイソン(Drums: DISC1 ②④  DISC2③ ⑤)

実のところ、このアルバムは以前から持っていたもののあんまり聴かなかったんですよね。正直なところ平凡な、フュージョンアルバムにしか感じられなくて。今回、最新リマスターの紙ジャケを入手して聴きこんでみましたが、当時はわからなかった部分が色々と発見できて面白かったです。ただ、上記ミュージシャンのプレイ自体は結構オーソドックスで「上手い」とは感じても「凄い!」って感じはしないのと、全部通しで聴くとちょっと疲れちゃいます・・・

【DISC 1】
1.Swapan Tari
2.Love Theme From "Spartacus"
3.Phuler Matan
4.Song For My Brother

【DISC 2】
1.Jharna Kala
2.Gardenia
3.Llave
4.Golden Hours
5.Shere Khan, the Tiger

購入日:6/24
購入場所:HAPPY(所沢)
購入金額:¥1,600 (定価¥2,835)
[PR]
by shintan_shintan | 2006-06-26 21:02 | 80s ROCK
b0079504_1450690.jpg


83年発表のヒューイ・ルイスの大出世作。
データ的な説明をすると、このアルバムはヒューイ・ルイスの3枚目で、4曲のベスト10ヒット(①②④⑦)を生み出し、アルバムも全米1位に。1984年の年間アルバムチャートでも2位(1位はマイケルジャクソンのスリラー)なったという大ヒット作。

中学生当時の僕の音楽情報源はミュージックライフ(雑誌)、ベストヒットUSA(TV)、ダイアトーンポップスベスト10(FM)が主だったんですが、ヒューイ・ルイスの曲はTVやラジオでよく流れていましたね。アルバムもカセットで持ってたんですが、ラジオやテレビで聴いていた印象のほうが強いかな。最近ふと懐かしくなって、昨日行ったセール中のブックオフで国内盤を150円で購入しました。

20年以上たってあらためて聴いてみると、シンセの使い方や音色が80‘sぽっさを感じさせるものの、音的には王道なアメリカンロックンロールで、普遍的な良さがありますね メロウな⑦なんか大好きです。アルバムとしての出来もいいんで、今聴いても全然楽しめますが、やっぱりヒット曲の印象が強いかな。

ヒューイ・ルイスはこの後、映画バック・トゥ・ザ・フューチャーの主題歌「Power Of Love」で全米1位を獲得し、次のアルバム「FORE!」も当然1位に。シングルヒットも量産し、黄金期を築くことになるわけですが、僕の中でのヒューイ・ルイス&ザ・ニュースはこのアルバムで始まって、このアルバムで終わるといった感じです。これ以降はまったく興味がわかないんですよね。

1. Heart Of Rock & Roll
2. Heart And Soul
3. Bad Is Bad
4. I Want A New Drug
5. Walking On A Thin Line
6. Finally Found A Home
7. If This Is It
8. You Crack Me Up
9. Honky Tonk Blues
[PR]
by shintan_shintan | 2006-05-21 14:51 | 80s ROCK
b0079504_2033214.jpg


僕が普段よく聴いてるのは60~70sの音楽が多いんですが、エイティーズも大好きです。
特に80年代前半が。何故かって僕が洋楽を聴き始めたのがこの頃ですからね。
当時よく聴いてたのはメンアットワーク、カルチャークラブ、ポリス、クリストファークロス、マイケルジャクソン、ホール&オールなどなど。当時ブレイクし始めてたU2も聴いてましたね。当然デュランデュランもヘビーローテーション(カセットですけど)でした。

2ndの「RIO」は紙ジャケで持ってるんですけど、久しぶりに1stや3rdも聴いてみたいなぁと思っていたところ、このベストがブックオフで250円で売ってたのでラッキーでした。
このアルバムはデビューから90年代までのシングルを中心にまんべんなくおさめられているのでお手頃なベストですね。1stの「Careless Memories」が収録されてないのが残念ですが・・・ 個人的にはデュランデュランは1stから3rdまでがすべてだと思ってるんですが、93年の「Ordinary World」は当時も今も超大好きですよ。


1.Is There Something I Should Know?
2.Reflex
3.View To A Kill
4.Ordinary World
5.Save A Prayer
6.Rio
7.Hungry Like The Wolf
8.Girls On Film
9.Planet Earth
10.Union Of The Snake
11.New Moon On Monday
12.Wild Boys
13.Notorious
14.I Don't Want Your Love
15.All She Wants Is
16.Electric Barbarella
17.Serious
18.Skin Trade
19.Come Undone
[PR]
by shintan_shintan | 2006-05-13 20:03 | 80s ROCK
第一回目にとりあげるのは最近ブックオフで同じ日に購入した3枚のうちの1枚。
いすれも中古輸入盤で250円でした。他の2枚は後ほどアップします。

b0079504_1353349.jpg


イーグルスやジェームス・ギャングでおなじみ、
ジョー・ウォルッシュの1981年発表のソロ4作目。
ジョー・ウォルッシュが参加している前記2バンドは長らく愛聴していますが、
彼のソロははじめて聴きました。
あいかわらずな粘っこいボーカルとギター、サウンドエフェクトは健在ですね。
音的にはちょっとファンキーなアメリカンハードロック+いかにもエイティーズな重めのドラムサウンドで、アメリカンな爽やかな曲調なのに爽やかにならないという、なかなか面白いサウンドになっております。
[PR]
by shintan_shintan | 2006-04-17 13:12 | 80s ROCK