カテゴリ:70s (77~79)( 76 )

b0079504_0284234.jpg


エルトン・ジョンが76年にリリースしたNo.1ヒット「恋のデュエット」(Don't Go Breaking My Heart))のデュエットパートナーとして有名なキキ・ディー。先日訪れたユニオンで彼女の諸作がリマスターで初CD化されてまして、前述のヒット曲で彼女の名前は知ってましたが多くのアルバムをリリースしてるとは知りませんでした。店頭の手書きポップを読むと、なかなか良さそうな感じだったので何枚か購入することに。

本日紹介するのは、「恋のデュエット」の大ヒットを受け、エルトン・ジョンのプロデュース&彼の一派によるバックアップで77年にリリースされたアルバム「キキ・ディー」。
エルトン・ジョンに大抜擢された無名シンガーと思われてる方も多いようですが、彼女ってエルトン・ジョンよりもキャリアの長いシンガーだったんですね。64年にプロとしてのキャリアをスタートさせ、70年にはタムラ/モータウンに移籍しアルバムをリリース。その後ロケットレコードに移り心機一転73年にアルバムをリリース。このアルバムはロケットでの4枚目(通算6作目)のアルバムになります。

次作にも通じるブルーアイドソウルな④⑨こそ洗練された雰囲気ですが、初期ELOのキーボード、リチャード・タンディがアレンジしルイス・クラークがコンダクトを振るうストリングスやフィルターを掛けたベースなどが独特の癖のあるサウンドを醸す①、英国フォーク/トラッドの香りもほのかに感じるSSW的な楽曲の②③⑤⑩。重苦しい雰囲気のストリングスを配したもダンサンブルなシングルヒット⑥など、エルトンジョンにも通じるブリティッシュなポップ/ロックアルバムで、彼女のちょいハスキーでソウルフルな歌声がいい感じです。


KIKI DEE
1. How Much Fun
2. Sweet Creation
3. Into Eternity
4. Standing Room Only
5. Bad Day Child
6. Chicago
7. Night Hours
8. Keep Right On
9. In Return
10. Alking
11. First Thing In The Morning

12. The Man Who Loved To Dance (Bonus)
13. How Glad I Am (Bonus)
14. Peter (Bonus)






b0079504_029486.jpg

で、もう1枚購入したのが79年にリリースされた「STAY WITH ME」。AORのガイド本でも紹介されているアルバムで、彼女の代表作になるのかな。

スティーブ・ルカサー(ギター)、デヴィッド・ハンゲイト(ベース)、ジェフ・ポーカロ(ドラム)、デヴィッド・ペイチ(キーボード)らTOTOの面々に加え、ブレンダ・ラッセル(コーラス)、ジム・ケルトナー(ドラム)、ジェームス・ニュートン・ハワード(キーボード)、トム・スノウ(キーボード)、ボブ・グロウブ(ベース)、ディヴィー・ジョンストン(ギター)らオールスターが参加したそのサウンドはまさにAOR。

⑤⑥などは大大好きですし、聴きやすくクオリティの高い内容で最近のヘヴィーローテーションと化しているアルバムではありますが、前作で感じられた英国らしい憂いや翳りなどが希薄になったのがちょっと残念な感じもするんですよね~


STAY WITH ME
1. One Step
2. Talk To Me
3. Don't Stop Loving Me
4. Dark Side Of Your Soul
5. Stay With Me
6. One Jump Ahead Of The Storm
7. You're Holding Me Too Tight
8. Love Is A Crazy Feeling
9. Safe Harbor

10. The Loser Gets To Win (Bonus)
11. I Want Our Love To Shine (Bonus)


購入日:6/8
購入場所:ディスクユニオン渋谷店
購入金額:各¥1,490
備考:輸入盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-06-21 00:29 | 70s (77~79)
b0079504_14225788.jpg


リタ・クーリッジっていうと、スワンピーな初期のアルバムが人気ですよね。僕も「RITA COOLIDGE」 「NICE FEELIN'」 「THE LADY'S NOT FOR SALE」の3枚のアルバムは大大好きなんですが、本日紹介する78年リリースの7枚目のソロアルバム(元の旦那、クリス・クリストファーソンとの共同名義のものも含めると9枚目)「ラヴ・ミー・アゲイン」も初期作と同じくらい気に入ってる作品です。

このアルバム、店頭やオークションでもほとんど見かけないし、価格も安めだったんで入手。70年代半以降の彼女の作品は、コンテンポラリーなヴォーカルアルバムというイメージがあって、正直なところ大して期待してたわけではないんですが、聴いてみてビックリ。彼女のナチュラルな雰囲気のヴォーカルはそのままに、AOR風味の味付けていて、いいんですよ~

ジェイ・グレイドンとジェリー・マッギーの軽快なギターカッティングが印象的なトム・スノウ作のAOR風①、グレイドンのリードギターが素晴らしすぎるボズ・スキャッグスの②、ダン・ペン&スプーナー・オールダム作の南部/ゴスペルタッチな楽曲ながら泥臭くなく洒落た感じの③、美しいバラードのタイトル曲④、義兄ブッカーT作によるR&B風ポップナンバー⑤。
アナログでいうところのB面も、このアルバムで一番スワンピーなエヴァリー・ブラザースの⑥、フォーキーで爽やかな⑦、ピアノ弾き語りからスタートしストリングスが盛り上げるしっとりとした美しいバラード⑧、R&Bグループ、ファルコンズの59年のヒット曲⑨、そしてラストはご存知、フリートウッド・マックの⑩。

カバー曲主体のアルバムですが、どれも素晴らしい出来です。デヴィッド・アンドリューとともに共同プロデュースをつとめたブッカーTも地味ながらいい仕事ぶりだし、ジェイ・グレイドンも主張し過ぎないながらも印象的なプレイを披露して、このアルバムのAOR的なところを担ってますね。
また、逆にこのアルバムの適度なルーツっぽさは、ブッカーTともう一人のギタリスト、ジェリー・マッギーによるところが大きいのかな。ジェリー・マッギーというとベンチャーズのメンバーとして有名ですが、リタの1stと3rd、マーク・ベノ「雑魚」、デラニー&ボニーの2ndなどスワンプ名盤の多くに参加するギタリストなんですよね。モンキーズ「恋の終列車」も彼のプレイらしいですが、間口の広い彼のプレイがこのアルバムのエッセンスになってるのは間違いないでしょう。

今回はラッキーにも普通の中古価格で購入することができましたが、77年のソロ6枚目「Anytime...Anywhere」や79年の「Satisfied」も国内盤が出ていたようなので見つけたいなぁ・・・ というよりユニバさんでそろそろA&Mでの8作品、再発してくれないですかねぇ~ できれば紙ジャケ非SHMCDで・・・


Jay Graydon (Guitar)
Jerry McGee (Guitar)
Stephen Bruton (Guitar)
Dennis Belfield (Bass)
Mike Baird (Drums)
Sammy Creason (Drums)
Mike Utley (Piano)
Booker T. Jones (Organ, Vocal)


1. You
2. Slow Dancer
3. Sweet Inspiration
4. Love Me Again
5. It Just Keeps You Dancing
6. Bye Bye, Love
7. The Jealous Kind
8. Hello Love, Goodbye
9. You're So Fine
10. Songbird


購入日:6/8
購入場所:ディスクユニオン新宿中古センター
購入金額:¥1,323
備考:国内盤 帯なし 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-06-15 14:23 | 70s (77~79)
b0079504_23171840.jpg


本日紹介するのは、ボビー・コールドウェル、ボズ・スキャッグス、マイケル・フランクスとともにAOR四天王と呼ばれている(?)ネッド・ドヒニーのサードアルバム(79年リリース)。

アサイラムからコロンビアに移籍し、スティーブ・クローパーのプロデュースで76年にリリースされた2作目「ハード・キャンディー」は、ブルーアイドソウル色の強く、それでいて爽やかな西海岸風サウンドがうまくマッチングされた内容で、僕も大好きな作品なんですが、この3rdではよりソウル色を強めた内容で、AORというにはちょっと無理があるものの前作同様にお気に入りの1枚となりました。

とはいえ、前作同様にスティーブ・クローパーのプロデュースで制作されたこのアルバム、本国ではリリース直前に発売が中止になり日本だけでリリースされたアルバムなんですよね。
よりソウル/R&B色を強めた内容で、確かに前作より地味な感じは否めませんが、ネッド・ドヒニーの爽やかな歌声はなんら変わってないですし、キャッチーで耳障りのよい楽曲も健在で、何で発売中止(&契約打ち切り)になったのかが不思議です。

今回入手したのは2001年に洋楽秘宝館シリーズでリリースされたもの。オリジナルLP発売当時のジャケで復刻された紙ジャケもそそられたんですが、初CD化の際に採用された(LPのセカンドプレスからこのジャケになったようです)デフジャケのほうが好きなこともあってプラケをチョイスしちゃいました。91年リリースの初CD化のものと同じ音源なのかどうかはわかりませんが音質もなかなか良好です。



b0079504_23191885.jpg

こちらが、現行の紙ジャケにも採用されているオリジナルリリース時のジャケ。プラケに採用されてるもののほうが雰囲気よくありません?


1. To Prove My Love
2. Think Like A Lover
3. Labor Of Love
4. Thinking With My Heart
5. Guess Who's Looking For Love Again
6. Devil In You
7. Funky Love
8. If You Only Knew
9. Sweet Friction


購入日:5/17
購入場所:レコミンツ@中野
購入金額:¥890
備考:国内盤 帯なし 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-05-30 23:19 | 70s (77~79)
b0079504_17203713.jpg


作詞家として数多くの名曲を手掛けたキャロル・ベイヤー・セイガー。
彼女がリリースした3枚のアルバムですが、3rd「真夜中に口づけ」は国内盤紙ジャケがリリースされてますし、1st「私自身」もUK盤で入手可能ですが、78年リリースの2ndアルバム「TOO」は長い間廃盤状態。手頃な金額のものを気長に探していたんですが、ようやく入手することができました。

デビューアルバムではSSW的佇まいの素朴な雰囲気の作品でしたが、このセカンドでも基本的には彼女の歌を中心に据えた内容に大きく変わりはないものの、サウンドはより多彩になってます。

メリサ・マンチェスター作曲のジャジーなバラードナンバー①は「真夜中に口づけ」に収録されてもおかしくないアダルトでムーディーな感じですが、続くマイケル・マクドナルド、ビル・チャンプリンとのデュエットナンバー②「恋をしましょう」は軽快なテンポのリズミカルなAORナンバー。作曲はデヴィッド・フォスターで、マイケル・ジャクソンが「オフ・ザ・ウォール」でカバーしたことでも有名ですね。
ピアノ弾き語りによる美しいナンバー⑤はキャロルとブルース・ロバーツ、そしてアリス・クーパー(!)との共作曲。デヴィッド・フォスターのプロデュースによるアルバムをリリースしたこともあるアリス・クーパーですが、この曲ではコーラスにも参加していてビックリ。

ピーター・アレン作曲の⑤、マーヴィン・ハムリッシュ作曲の⑥、ジョニー・ヴァスターノ作曲の⑦と、スロー~ミディアムテンポの美しいナンバーを挟んで、⑧「踊りたくないの」は再びデヴィッド・フォスター作のアップテンポなAOR風ナンバー。
そしてアルバムの後半を締めくくるのは、ブルース・ロバーツ作のバラードナンバー⑨⑩。

いやぁ、いいアルバムです。キャロルの手掛けるロマンティックな歌詞はもちろんですが、メリサ・マンチェスターやブルース・ロバーツ、ピーター・アレンなど彼女の仲間達が手掛けたメロディーがいいんですよね。
リー・リトナー(G)、ジェイ・グレイドン(G)、リー・スクラー(B)、デヴィッド・ハンゲイト(B)、クレイグ・ダーギ(Key)、エド・グリーン(Dr)、ジェフ・ポーカロ(Dr)など、ここに書ききれないくらいの豪華な職人たちのバックアップも申し分ないですし、個人的には彼女の3作のなかでは一番のお気に入りかな。


1. To Make You Smile Again
2. It's The Falling in Love
3. Peace In My Heart
4. Shadows
5. You're Interesting
6. There's Something About You
7. It Doesn't Add Up
8. I Don't Wanna Dance No Mor
9. One Star Shining
10. I'm Coming Home Again


購入日:3/26
購入場所:ディスクユニオン池袋店
購入金額:¥1,890
備考:国内盤 帯なし 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-04-06 17:21 | 70s (77~79)

初めてDEVOの存在を知ったのは大学の時だったかな・・・ 「ディーヴォのくいしん坊・万歳」(原題Smooth Noodle Maps)という「!」「?」な邦題のついたアルバムを店頭で見かけたのが最初でした。

b0079504_21374618.jpg

             「ディーヴォのくいしん坊・万歳」(90年)


いやいや凄い邦題ですよね。というわけDEVOって、フランク・ザッパと同じような変態コミック系のバンドだと長らく思ってました。
えっ!なんでザッパがコミックなんだって・・・ だって僕が中学の時に初めて知った彼のアルバムの邦題って「ハエハエ・カカカ・ザッパッパ」(原題The Man from Utopia)ですもん(笑)

b0079504_21375944.jpg

            「ハエハエ・カカカ・ザッパッパ」(83年)


DEVOに話を戻しますが、アルバムの邦題もですが、ルックスもこれですから・・・

b0079504_21343942.jpg

b0079504_21345039.jpg

そういえば、江口寿史の漫画「すすめ!パイレーツ」でも「クラフトワーク」とともに、たびたびネタにされてたような気が・・・



というわけで、彼らをニューウェーブ系のキワモノバンドと勝手に決めてから10数年。ところが数年前にラジオでディーヴォによるストーンズのカバー「サティスファクション」を聴いてからなんとなく気になる存在に。
そんな折、先日彼らのファーストアルバム「退廃的美学論」(78年)を中古で見かけ、怖いもの見たさもあって入手することに
b0079504_21351167.jpg

しかし、インパクトあるジャケですよね。

DEVOってニューウェーブ/テクノポップ系のバンドなんだよなぁ~ と思い聴いて見ると・・・・


めちゃくちゃカッコイイじゃないですか! 


ピコピコどころかまんまパンクですよ!

疾走感あるバンドサウンドがいいですねぇ。ニューウェーブ調ファンクにカバーした②のかっこ良さはもちろんですが、クラッシュやストーンズなど先達からの影響(というかパクリ?)を感じるところも親しみやすかったりします。
⑥⑦⑪などでは前衛っぽさを感じるものの、トータルでは勢いのあるストレートで勢いある楽曲とバンドサウンドが印象的なアルバムです。


1. Uncontrollable Urge
2. (I Can't Get No) Satisfaction
3. Praying Hands
4. Space Junk
5. Mongoloid
6. Jocko Homo
7. Too Much Paranoias
8. Gut Feeling / Slap Your Mammy
9. Come Back Jonee
10. Sloppy (I Saw My Baby Gettin')
11. Shrivel Up


購入日:2/28
購入場所:レコファン渋谷BEAM
購入金額:¥745
備考:輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-03-18 21:38 | 70s (77~79)

ソニーの紙ジャケアンコールプレスで、昨日記事にしたモットと一緒にオーダーしたのがビリー・ジョエルの代表作2枚。
どちらのアルバムも、LP→CD→リマスターCD→紙ジャケと、今回で4度目の買い替え。2004年に紙ジャケがリリースされた時には、同じ99年リマスター音源のプラケ盤を所有してることもあってスルーしたんですが、やっぱり愛聴盤は紙ジャケで愛蔵したいですからね。思わず購入しちゃいました。

b0079504_1016244.jpg

まず紹介するのは、78年リリースの「ニューヨーク52番街」。
もう25年近く愛聴してる作品ですが、①~⑤の名曲5連発や、感動的なバラードの⑧、アルバムのエピローグ的な⑨など、ほんと捨て曲なしの名作ですね。
ビリーの作品では「ニューヨーク物語」に次いで好きなアルバムです。ちなみに第3位は「イノセント・マン」ということで・・・

それにしても②「オネスティー」を聴くと、ホットチョコレート(ココア)が飲みたくなるのは私だけでしょうか・・・





b0079504_10163089.jpg

こちらはグラミーで2部門を受賞した77年の大ヒット作「ストレンジャー」。
「52番街」と並んで人気のある作品ですし、彼の最高傑作との声も多いんじゃないでしょうか。これも中学の時からよく聴いてましたね~

代表曲の②「ストレンジャー」、③「素顔のままで」はもちろんですが、それ以外にも佳曲が多いですし、ジャケ同様にクールで都会的な洗練さが堪能できるアルバムです。


52nd STREET
1. Big Shot
2. Honesty
3. My Life
4. Zanzibar
5. Stiletto
6. Rosalinda's Eyes
7. Half A Mile Away
8. Until The Night
9. 52nd Street


THE STRANGER
1. Movin' Out (Anthony's Song)
2. The Stranger
3. Just The Way You Are
4. Scenes From An Italian Restaurant
5. Vienna
6. Only The Good Die Young
7. She's Always A Woman
8. Get It Right The First Time
9. Everybody Has A Dream


購入日:3/13
購入場所:HMV通販
購入金額:各¥1,701
備考:国内盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-03-16 10:18 | 70s (77~79)
b0079504_2231850.jpg


今日紹介するのは「ブレッド」の中心人物だったデヴィッド・ゲイツが78年にリリースした3枚目のソロアルバム。
昨年、ブログ仲間の240さんが記事にされていて、それからずっと気になる1枚ではあったんですが、廃盤のためなかなか入手することができず、今回ようやく手頃な値段の中古を見かけ、入手できました。

77年のリチャード・ドレイファス主演映画「グッバイ・ガール」の主題歌「Goodbye Girl」が好評を博したため、急遽制作されたであろうこのアルバム、①以外に新録は②③④⑥⑦の5曲のみで、73年のファーストソロから⑤⑧⑨⑪を、75年のセカンドアルバムから⑩⑫を加えた寄せ集めてきな作品になってます。とはいえ、デヴィッド・ゲイツのソロを聴いたことがなかった僕にとっては、ベスト盤的な感覚で、違和感なく楽しめました。

AORっぽく洗練された楽曲や、軽快なロックンロールも含まれていて、ブレッド時代にデヴィッド・ゲイツが書いたヒット曲「イフ」「愛の別れ道」「涙の想い出」「二人の架け橋」といった切なく甘いサウンドだけを求める方には、ちょっと肩透かしをくらうかもしれませんが、それでも彼の作る美しいメロディーや、ソフトな歌い口は充分に楽しめますよ。それにしても「グッバイ・ガール」は良い曲ですね~


1. Goodbye Girl
2. Took The Last Train
3. Overnight Sensation
4. California Lady
5. Ann
6. Drifter
7. He Don't Know How To Love You
8. Clouds Suite
9. Lorilee
10. Part Time Love
11. Sunday Rider
12. Never Let Her Go


購入日:2/8
購入場所:ディスクユニオン新宿本店
購入金額:¥1,260
備考:国内盤 帯なし 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-02-16 20:47 | 70s (77~79)
b0079504_23151662.jpg


今日紹介するのは、オールマンが最初の解散をしていた77年にリリースされたグレッグ・オールマンのソロアルバム。バンド名義にはなってるものの、名作「レイドバック」に続く2枚目のスタジオソロ作になります。ちなみに邦題は「嵐」。

このアルバム、ネットで色々と検索してみると、メロウすぎとのことであまり評判がよろしくないようですね。個人的には「レイドバック」とさほど変わりのない路線だと思いますし、カプリコーンの同僚バンド「カウボーイ」のバックアップで制作された「レイドバック」と比べると、ウェット・ウィリーのリッキー・ハーシュ、ウィリー・ウィークス、ニール・ラーセンらをパーマネントに、ドクター・ジョンやビル・ペインらをゲストに迎えた今作のほうが、より洗練されたタイトなサウンドになっていて好きだったりします。

レニー・ワロンカー&ラス・タイトルマンのプロデュースもあってか、ほのかなバーバンクサウンドを感じることもできるAORテイストの強い作品で、グレッグの男臭いヴォーカルもあってまさにブルー・アイド・ソウル。
前作での「Midnight Rider」同様に、レイドバックに仕上げたオールマン・ブラザース・バンドの①、ファンキーでソウルフルな②、ジャズヴォーカルナンバーの③、AOR色の強いメロウ&ファンキーな⑤、インストナンバーの⑧などなどお気に入りの曲ばかりで大好きな作品です。


GREGG ALLMAN BAND
Gregg Allman (Vocal, Acoustic Guitar, Organ, Piano)
Neil Larsen (Keyboard, Piano)
Willie Weeks (Bass)
Bill Stewart (Drums)
Ricky Hirsh (Acoustic Guitar, Slide Guitar)
Steve Beckmeier (Electric Guitar)
John Hug (Electric Guitar)


1. Come And Go Blues
2. Let This Be A Lesson To Ya'
3. Brightest Smile In Town
4. Bring It On Back
5. Cryin' Shame
6. Sweet Feelin'
7. It Ain't No Use
8. Matthew's Arrival
9. One More Try


購入日:1/14
購入場所:amazon
購入金額:¥1,008
備考:輸入盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-01-30 23:15 | 70s (77~79)
b0079504_2341556.jpg

26日発売ながらようやく先ほど届きましたのが、今年最後の購入となる紙ジャケ、リトル・フィートのローウェル・ジョージが唯一リリースしたソロアルバム「特別料理」。

内容についての詳細は過去記事を参照していただくとして、なんといっても紙ジャケされるの嬉しい限りです。
今年リリースされたリトル・フィートの紙ジャケとは違い、リマスター表記はないものの、ボートラも収録されてますし新たなマスタリングはされてるようです。いわゆる表記のない消極的リマスターってやつですが音質は若干向上されてますね。

本編の9曲はどれも素晴らしい出来ですし、ボートラとして収録されたヴァレリー・カーターとのデュエットによるデモも、アコギの弾き語りの地味ながら味わい深い佳曲でなかなかよいです。


1. What Do You Want The Girl To Do?
2. Honest Man
3. Two Trains
4. I Can't Stand The Rain
5. Cheek To Cheek
6. Easy Money
7. 20 Million Things
8. Find A River
9. Himmler's Ring
10. Heartache (Bonus)


購入日:12/28
購入場所:HMV通販
購入金額:¥2,200
備考:国内盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2007-12-28 23:41 | 70s (77~79)
b0079504_9212840.jpg


エルヴィン・ビショップって大好きなんですよね。
マイク・ブルームフィールドとともにポール・バターフィールド・ブルース・バンドの屋台骨を支えたギタリストの彼ですが、ソロになってからはソウル風味のファンキーなアメリカン・ロックで、文句なしに楽しくかっこ良いサウンドを聴かせてくれます。

本日紹介するのは、77年にカプリコーンからの4枚目のアルバムとしてリリースされた「HOMETOWN BOY MAKES GOOD!」(ソロ通算7作目)。彼のソロは以前にも74年の「LET IT FLOW」、75年の「STRUTTIN' MY STUFF」を記事にしてますが、このアルバムでも前記2作とに勝るとも劣らないゴキゲンな内容です。

クラヴィネットとホーンがゴキゲンなファンキーチューン①⑥や、レゲエ風にアレンジされたご存知ビートルズの③、ホーンも取り入れた能天気なブギの④、ちょっとAOR風なインストの⑦、ちょっとハードなブルースロック⑧、クリエイション「スピニング・トゥー・ホールド」の元ネタ?って感じのギターインスト⑩などどれもかっちょ良いです。前作「STRUTTIN' MY STUFF」からの大ヒット曲「愛に狂って」をほうふつさせるミッキー・トーマスのヴォーカルによるバラードナンバー⑤も感動的ですしね。


1. Sugar Dumplin'
2. Sidelines
3. Twist And Shout
4. Yes Sir
5. Spend Some Time
6. Give It Up
7. Keep It Cool
8. Graveyard Blues
9. Once In A Lifetime
10. D.C. Strut


購入日:12/4
購入場所:ユニオン新宿中古センター
購入金額:¥1,050
備考:輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-12-15 21:49 | 70s (77~79)