カテゴリ:SOUL/FUNK( 46 )

b0079504_2232342.jpg


で、先ほど紹介したキング・カーティスのアルバムと表裏一体なアレサのライブ盤も拡大盤がリリースされました。こちらは2枚組みで、ディスク2の13曲がボーナストラックになります。内容は今さら言うまでもなりませんね。アレサの迫力あるヴォーカルと、キング・カーティス率いるキングピンズによるグルーヴィーでファンキーなバックが相乗効果を示す超名盤。
アップテンポにアレンジした①も良いですし、アレサ風のソウルに料理しなおした、S&Gの③やビートルズの④も面白いです。レイ・チャールズも参加して熱いライブを繰り広げる長尺の⑨は、このアルバムのハイライトですね!素晴らしい!

キング・カーティスの拡大盤とあわせると全部で37曲。コンプリート4枚組の61曲には及ばないものの、充分に当時の雰囲気は感じることができると思います。特にこのアレサの2枚組みは今ならアマゾンで1380円ですから、めちゃくちゃお買い得ですよ。

【DISC 1】
1. Respect
2. Love The One You're With
3. Bridge Over Troubled Water
4. Eleanor Rigby
5. Make It With You
6. Don't Play That Song
7. Dr. Feelgood
8. Spirit In The Dark
9. Spirit In The Dark (Reprise)
10. Reach Out And Touch (Somebody's Hand)

【DISC 2】
1. Respect
2. Call Me
3. Mixed-up Girl
4. Love The One You're With
5. Bridge Over Troubled Water
6. Share Your Love With Me
7. Eleanor Rigby
8. Make It With You
9. You're All I Need To Get By
10. Don't Play That Song
11. Dr. Feelgood
12. Spirit In The Dark
13. Spirit In The Dark (Reprise)


購入日:7/27
購入場所:amazon
購入金額:¥1,380
備考:輸入盤 新品 
個人的評価:★★★★☆
----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 素晴らしい! 生涯聴き続けます
★★★★ 大好きです 買ってよかった
★★★ 良いですよ ちょくちょく聴くかな
★★ まあ普通 あんまり聴かないかも
★ イマイチ 売っちゃうかも
[PR]
by shintan_shintan | 2006-08-07 22:03 | SOUL/FUNK
b0079504_21593845.jpg


サンフランシスコのフィルモアイーストで71年の3月5日から7日までの3日間開催されたアレサ・フランクリンのライブ。アレサのバックを固めたキング・カーティス率いるキングピンズが、アレサ抜きのインストバンドとして前座を務め、その模様はARETHA FRANKLIN「LIVE ATFILLMORE WEST」と、KING CURTIS 「LIVE AT FILLMORE WEST」という2枚のアルバムで71年にリリースされ、どちらのアルバムもソウルの超名盤として高い評価を受けてますよね。僕もこの2枚のアルバムは永らく愛聴していて大好きなんですが、去年発売された、その3日間のライブをコンプリート収録したライノハンドメイド5000枚限定の4枚組は、10000円前後という値段もあって購入は見送りました。

今回購入したのは、今年7月にライノより発売された拡大盤。オリジナル盤に収録されたいた9曲に、コンプリートボックスからの5曲を追加した全15曲。なんといってもビリー・プレストンが歌うジョージ・ハリスンの⑩が収録されたのが嬉しいですね。

今回リマスターデラックス盤を購入して、久しぶりに聴きなおしましたが、やっぱり凄いですね。なんといってもオープニングの①がかっこよすぎです。実際にはライブの最後の曲として演奏された、メンバー紹介を兼ねたファンクチューンなんですが、まずはジェリー・ジェモットのベースから始まり、そこからめちゃくちゃかっこいいフィルインでバーナード・パーティのドラムが入ります、その後もコーネル・デュプリーのギターカッティング、ビリー・プレストンのオルガン、メンフィスホーンズ、バンマスであるキング・カーティスのサックス、トルーマン・トーマスのエレピといった順にソロをかまし、全員でのファンキーな演奏に流れ込みます。この1曲を聴くだけでもこのアルバムは買う価値がありますね。
今回追加で収録されたボーナス曲に関しては、オリジナルで収録されたテイクより、演奏も荒く、こなれてはいないんですが、その熱い空気感は充分に感じることができますね。

1. Memphis Soul Stew
2. Whiter Shade Of Pale
3. Whole Lotta Love
4. I Stand Accused
5. Them Changes
6. Ode To Billie Joe
7. Mr. Bojangles
8. Signed, Sealed, Delivered I'm Yours
9. Soul Serenade

(Bonus)
10. My Sweet Lord
11. Them Changes
12. Ode To Billie Joe
13. Soul Serenade
14. Memphis Soul Stew


購入日:8/6
購入場所:HMV通販
購入金額:¥1,840
備考:輸入盤 新品 
個人的評価:★★★★☆
----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 素晴らしい! 生涯聴き続けます
★★★★ 大好きです 買ってよかった
★★★ 良いですよ ちょくちょく聴くかな
★★ まあ普通 あんまり聴かないかも
★ イマイチ 売っちゃうかも
[PR]
by shintan_shintan | 2006-08-07 21:59 | SOUL/FUNK
b0079504_2059436.jpg


カーティス・メイフィールドが74年に発表したソロ7作目。
訳のわからないセンスの悪いジャケットと、そのアルバムタイトルからか、敬遠されることも多そうですが内容はというと、シンプルでミニマルなリズムにファルセットヴォーカル、ストリングスが絡むカーティスの王道路線で、このアルバムを彼の代表作にあげる人もいますね。

インプレッションズ脱退後、70年にソロデビューしたカーティスですが、73年の「Back To The World」では反戦と世界平和を、75年の最高傑作「There's No Place Like America Today」では、黒人社会の失業/貧困問題を、決して声高になることなく、それでいて力強く提起してます。そんな2つの作品に挟まれるようにリリースされたこのアルバムは、全体的に穏やかなトーンでつつまれております。ミディアムなファンク①⑤⑦、アップテンポでポップな④、スローな美しい②③⑥と曲調もバラエティ豊富で、「Back~」「There's~」のような緊張感はないものの、ハートフルでリラックスして聴けるアルバムですね。


1. Ain't Got Time
2. Sweet Exorcist
3. To Be Invisible
4. Power To The People
5. Kung Fu
6. Suffer
7. Make Me Believe In You


購入日:7/17
購入場所:ディスクユニオン国立店
購入金額:¥1,050
備考:輸入盤 中古
個人的評価:★★★★

-----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 生涯聴き続けるでしょう
★★★★ 大好きです 買ってよかったかも
★★★ 年に数回は聴くかな
★★ ほとんど聴かないかも
★ 即売却
☆ +α
[PR]
by shintan_shintan | 2006-07-28 21:02 | SOUL/FUNK
b0079504_21272698.jpg


先日、運転中にラジオから「Lovely Day」が流れてきて、そのAORソウルとでもいうべきリズムがすごい気持ちよかったんですよね。彼に関しては「Lean On Me」と「Just The Two Of Us」のイメージしかなかったんですが、一度ちゃんと聴いてみようとは前々から思ってたので、早速ベスト盤を購入しました。

ひととおり聴いてみましたが、ゴスペル調あり、AORテイストあり、メロウあり、ファンキーありで非常にバラエティ豊かですね。このベストは、⑦(全米2位 71年)、⑩(全米1位 72年)、⑫(全米2位 72年)、⑮(全米2位 81年)といった大ヒット曲も収録されてますし、初めて彼を聴く方には最適かもしれません。リマスターされてて音質もばっちりですしね。

僕自身はソウルだとHIやSTAXなんかが好きなんですが、彼にそんなディープなものを求めてはいけません。ビル・ウィザースに関してはソウル云々というよりポップでソウルフルなラブソングを書くSSWといった感じですかね。どちらかというとカーティスやダニー・ハザウェイなどの70年代ニューソウルに属されるのかもしれませんね。
ちなみに初めて「Use Me」を聴いたのはミック・ジャガーとレニー・クラヴィッツのデュエットカバーでした。

1. Lovely Day
2. I Want To Spend The Night
3. Let Me Be The One You Need
4. Hello Like Before
5. Tender Things
6. I Wish You Well
7. Ain't No Sunshine
8. Grandma's Hands
9. Same Love That Made Me Laugh
10. Lean On Me
11. Harlem
12. Use Me
13. Who Is He (And What Is He to You)?
14. You Just Can't Smile It Away
15. Just The Two Of Us
16. Steppin' Right Along
17. You Try To Find A Love
18. My Imagination

購入日:7/13
購入場所:HMV新宿店
購入金額:¥1,460
備考:輸入盤
個人的評価:★★★☆

-----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 生涯聴き続けるでしょう
★★★★ 大好きです 買ってよかったかも
★★★ 年に数回は聴くかな
★★ ほとんど聴かないかも
★ 即売却
☆ +α
[PR]
by shintan_shintan | 2006-07-26 21:33 | SOUL/FUNK
b0079504_7423684.jpg


昨日、近所にGEOがオープンしまして、中古CDも扱ってるんで早速物色しに行ってきました。オープニングセールということもあってお買い得品を数枚ゲット(お宝もありました)してきたんですが、このアルバムも380円均一コーナーにあった1枚です。

カーティス・メイフィールドのこのアルバムは80年リリースということで、評判のあまりよくないディスコ/ブラコン期の作品なんですが、それほどディスコ色は強くないですね。「SUPERFLY」「ROOTS」などの70年代前半の彼の作品は、ドス黒く、ファンキーで、どこか怪しげだったんですが、このアルバムではファンキーというよりはダンサンブル&コンテンポラリーといった趣きです。内容に関しても悪くはないですよ! 彼のファンキーなギターカッティングとファルセットヴォイスは健在ですし、なんと言っても、山下達郎が「甘く危険な香り」の元ネタ(というより、ほとんどサンプリング)とした大名曲「Tripping Out」が収録されてますからね。
この曲は本当に凄いです!これが収録されてるだけでアルバム全体のクオリティが一段あがってますからね。未聴のかたは是非どうぞ!

1.Love Me, Love Me Now
2.Never Let Me Go
3.Tripping Out
4.People Never Give Up
5.It's All Right
6.Something to Believe In
7.Never Stop Loving Me


購入日:7/1
購入場所:GEO久米川店
購入金額:¥380
備考:国内盤 帯なし
[PR]
by shintan_shintan | 2006-07-02 07:37 | SOUL/FUNK
b0079504_20103039.jpg

今日は天気がよければちょっと遠出しようかなと思ってたんですが、あいにく東京は朝から雨。というわけで久しぶりに映画を見に行くことにしました。
「ダ・ヴィンチ・コード」見ましたよ! 内容や感想については細かく書きませんが、一緒に行った奥さんは中盤以降寝てました(笑) とにかく「?」「!」が多い映画ですね。これから行かれる方は事前に原作を読まれることをオススメします。

で、その映画の帰り道に車中できいてたのが、このアルバム。
EMI、BMG、ユニバーサルの3社の合同企画「ジャケガイノススメ」は文字通り、美しいジャケットをもつ名作の紙ジャケリイシューなんですが、今回その中から、1977年にNYのダンス/ソウルレーベル「サルソウル」からリリースされた、シルヴェッティの「スプリングレイン」を購入しました。なんといっても「世界初CD化」「限定紙ジャケ」「24bitリマスター」ということですから、買わなきゃならないでしょ。今後、希少性もあがりそうですしね。

シルヴェッティについて簡単にご説明すると、アルゼンチン生まれスペイン、メキシコ育ちのジャズピアニストで、このアルバムは78年に発表した2ndアルバム。
なんといっても彼を代表する表題曲「スプリングレイン」が有名で、電気グルーブ「Shangri-La」のサンプリングネタにもなりましたし、アメリカでもシングルヒット、サルソウル関連のコンピにも必ず収録されてます。僕もこの曲はすごい好きでした。今でもクラブでは定番チューンになってるらしいですしね。

アルバム全体の音に関しては、一言で言うとヨーロッパの香り漂うムーディーでメロウなダンス/ディスコミュージック。彼のピアノとフィリーっぽいストリングスと女性コーラスによるスキャットが融合したインストアルバムです。パーティーでかけるもよし、お店のBGMでもよし、くつろぎながらのイージーリスニングでもよし。結構汎用性高いんでオススメです。
[PR]
by shintan_shintan | 2006-05-27 20:38 | SOUL/FUNK