<   2006年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

b0079504_2042571.jpg


今日紹介するのは98年にリリースされたパティ・スマイス(パティ・スミスではありませんよ)のベスト盤。オフで発見しました。いやあ懐かしですねぇ・・・82年のスキャンダルのデビューアルバム(5曲入りミニアルバム)はレコードは買いましたからね。

簡単に彼女の略歴を紹介しますと、82年にNYのバンドSCANDALのボーカリストとしてデビュー。このアルバムからは⑥がスマッシュヒットしたんですが、何といっても彼女を有名にしたのは84年にSCANDAL featuring PATTY SMYTH名義でリリースされた2ndアルバムからの大ヒット①(全米7位)でしょうね。その後バンドは解散し、87年にソロデビュー。レコード会社を移籍してリリースされた92年のセカンドソロから、ドン・ヘンリーとのデュエット曲②が全米2位の大ヒット。その後、テニスプレーヤーのジョン・マッケンローと結婚して事実上引退。
現在、マッケンロー夫人ってのもビックリなんですが、ライナーを読むともっと衝撃的な事が書いてありました。

■デビュー前の自主制作PVでギタリスト役を演じてたのが無名時代のジョン・ボン・ジョビ

■バンド解散後に元祖NYパンクのリチャード・ヘルと結婚、出産、離婚。

■エディ・ヴァン・ヘイレンからデイブ・リー・ロスの後釜として正式にオファーがあった。

何といっても興味深いのが、ヴァン・ヘイレンのヴォーカル候補だったって事。当時はソロデビューアルバム制作中だったんで断ったらしいんですけど、その後自分のアルバムが興行的に大ゴケし、サミー・ヘイガー加入後のヴァン・ヘイレンが爆発的に売れたことで、今でも後悔してるらしいです。個人的にはサミー加入後ヴァン・ヘイレンあまりは好きじゃないんで、もし彼女が加入してたらどうなったんだろうと思うとちょっと残念です。

肝心の内容なんですが、ヴァン・ヘイレンに誘われただけあって、ちょっとハスキーでパワフルな彼女の歌声はすごいいいですね。かわいらしい顔立ちからは想像できないくらいです。スキャンダルでのデビューアルバムは、オールディーズっぽいテイストも感じられる、ギターのエッジがたったロックンロールアルバムで大好きでした。荒いけど生々しいバンドサウンドが80s当時は新鮮だったんですよね。その後は音を結構作りこんだアメリカンハードッポップ路線でちょっと残念でしたが、もし復帰するんであれば原点に戻ったかのようなシンプルなロックンロールでパワフルな歌声を聴かせて欲しいものです

1.Warrior
2.Sometimes Love Just Ain't Enough
3.Wish I Were You
4.Carnival Lights
5.Love's Got A Line On You
6.Goodbye To You
7.I Should Be Laughing
8.Downtown Train
9.River Cried
10.Everyone Gets Older
11.Say What You Will
12.Beat Of A Heart
13.Heartache Heard Round The World
14.Isn't It Enough
15.No Mistakes
16.Hands Tied


購入日:6/28
購入場所:ブックオフ東村山
購入金額:¥650(割引券100円分使用)
備考:国内盤 帯なし
[PR]
by shintan_shintan | 2006-06-29 20:42 | 80s ROCK
b0079504_22171384.jpg


中学の時に高中フリークな同級生がいて、その素晴らしさをよく熱弁ふるってたんですけど、洋楽にのめりこみ始めてた僕にとっては、ほとんど話し聴いてなかったかな・・・ 口髭にオールバックというルックスも怪しげでしたし(笑)

というわけで僕が高中をはじめて聴いたのは夜ヒットでの「渚・モデラート」。当時CMでもかかってたような気もするんですが、その美しいメロディに惹かれ収録アルバム「TRAUMATIC 極東探偵団」を即買いしてよく聴いてました。16の時です。
ただ、その後は高中に関しては積極的に聴くことはなかったんですが、最近のサンタナマイブームもあって、久しぶりに聴いてみたいなぁと思ってたんですよね。

というわけで、夏っぽいジャケットで、彼の代表作といわれてるこのアルバムを購入しました。そんなに高中に詳しくないとはいえ、代表曲「BLUE LAGOON」なんかは好きだったので、それが収録されてるのもポイントでした。
①②④など夏を感じさせる雰囲気の曲が多く、これからの季節にはピッタリでしょう。スキーがテーマの⑦も歌詞さえなければサウンドはからっとした夏っぽいものですしね。
高中の紙ジャケに関してはあと何枚か購入しようと思ってます。

1.BLUE LAGOON
2.RADIO RIO
3.EXPLOSION
4.珊瑚礁の妖精
5.TAJ MAHAL
6.BAMBOO VENDER
7.パラレル・ターン
8.RAINY DAY BLUE

購入日:6/21
購入場所:HMV新宿
購入金額:¥2,200
[PR]
by shintan_shintan | 2006-06-28 22:09 | JAZZ/FUSION
b0079504_22262517.jpg


初期のサンタナを支えたティンバレス奏者のコーク・エスコベードと、後にサンタナのアルバムに参加するピート・エスコベード(シーラEのお父さん)の兄弟を中心に結成されたアステカの72年のデビューアルバム。サンタナとの関連からか、ラテンロックの文脈で語られることの多いバンドですが、ラテンの一言では括れない多彩な音楽性を持ってますね。確かにラテンテイストは豊富ですが、ジャズ/ソウル/ファンクのテイストもかなり強く、サンフランシスコの同胞であるスライや、タワー・オブ・パワーを彷彿する曲もあります。

このアルバムでクレジットされてるのは17人。大所帯バンドですのでいろんなキャリアのミュージシャンが集まっており、それがこの多彩な音楽性を醸成してるんですかね。
参加メンバー中でもかっこいいのがポール・ジャクソン(B)と、レニー・ホワイト(Dr)のリズム隊。特にポールジャクソンは、後のヘッドハンターズで開花するジャズファンクベースで、パーカッションに負けじとファンキーなプレイをしてます。3曲に参加してるニール・ショーンも③ではめちゃくちゃロックなソロを聴かせてくれてます。

アッパーでダンサンブルなラテンだけではなく、様々な音楽とラテンの融合を目指した音楽性は奥が深く、聴けば聴くほど新たな発見ができそうです。

1.Piedra del Sol
2.Mamita Linda
3.Ain't Got No Special Woman
4.Empty Prophet
5.Can't Take The Funk Out Of Me
6.Peace Everybody
7.Non Pacem
8.Ah! Ah!
9.Love Not Then
10.Azteca
11.Theme: La Piedra del Sol


購入日:6/22
購入場所:HMV通販
購入金額:¥1,785
[PR]
by shintan_shintan | 2006-06-27 22:14 | 70s (70~72)
b0079504_20552648.jpg

1980年リリースのカルロス・サンタナ名義でのソロ第2作目。このアルバムは1枚物の輸入盤で持ってるんですが、昨日紹介した「啓示」と一緒に、昨年リリースされた2枚組紙ジャケを1600円で購入しました。安かったですからね。

このアルバム、下記の通り一流ジャズミュージシャンが参加してるのが最大の特長でしょう。サンタナがジャズに傾倒し始めて10年。ようやくモノホンのジャズ畑ミュージシャンとの本格セッションが叶ったといった感じでしょうか。
音のほうは、下記メンバー+サンタナバンドの面々によるバックアップで、ロックフュージョン色の強いアルバムに仕上がってます。ただそこはサンタナ、バックが何であれ彼らしいフレーズは満載だし、ラテンテイストも上手くちりばめられており、サンタナ印のアルバムになってます。

ハービー・ハンコック(Key: 全曲参加)
ウエイン・ショーター(Sax: DISC1 ②③  DISC2 ②⑤)
ロン・カーター(Bass: DISC1 ②③  DISC2 ②③⑤)
トニー・ウイリアムス(Drums: DISC1 ①③  DISC2 ②)
ハービー・メイソン(Drums: DISC1 ②④  DISC2③ ⑤)

実のところ、このアルバムは以前から持っていたもののあんまり聴かなかったんですよね。正直なところ平凡な、フュージョンアルバムにしか感じられなくて。今回、最新リマスターの紙ジャケを入手して聴きこんでみましたが、当時はわからなかった部分が色々と発見できて面白かったです。ただ、上記ミュージシャンのプレイ自体は結構オーソドックスで「上手い」とは感じても「凄い!」って感じはしないのと、全部通しで聴くとちょっと疲れちゃいます・・・

【DISC 1】
1.Swapan Tari
2.Love Theme From "Spartacus"
3.Phuler Matan
4.Song For My Brother

【DISC 2】
1.Jharna Kala
2.Gardenia
3.Llave
4.Golden Hours
5.Shere Khan, the Tiger

購入日:6/24
購入場所:HAPPY(所沢)
購入金額:¥1,600 (定価¥2,835)
[PR]
by shintan_shintan | 2006-06-26 21:02 | 80s ROCK
b0079504_10355336.jpg

カルロス・サンタナがコルトレーンの未亡人アリス・コルトレーン(Harp,Key他)とのコラボレーションで発表した74年作。去年でた紙ジャケを中古1300円で購入しました。

最初に言っておきますが、このアルバムはロックじゃありません。一言でいえば「ジャズ/スピリチュアルミュージック」といった感じでしょうか。
各曲について簡単に説明していきますと、①は邦題「スリ・チンモイの教え」の通り、ミニマルなバックの演奏に朗読を重ねたもので序章といった趣き。②~④はジャジーな演奏にストリングスを加えた荘厳な雰囲気の組曲。続く⑤は15分にも及ぶジャズセッション。シタールやタブラが鳴るインド風のオープニングから始まり、その後は各メンバーのインタープレイが爆発するフリージャズ。サンタナも弾きまくってます。エンディングの⑥はまたしてもストリングスとハープとギターによるアンビエントな曲。

先にも言いましたが、このアルバムにはロックビートも、ラテンも一切ありませんし、官能的なギターフレーズもそう多くはありません。間違いなく彼のキャリアの中で「宗教色」「スピリチュアル度」が一番高い作品でしょう。
個人的にはこういう音世界は好きなので結構楽しめました。ただ「WELCOME」や「不死蝶」を聴きこんだ人でもちょっととまどう人はいるでしょう。まぁ、あくまでもカルロス・サンタナのソロアルバムであって、バンドとしての「サンタナ」とは別物と考えなくちゃいけないでしょうね。


1.Guru Sri Chinmoy Aphorism (スリ・チンモイの教え)
2.Angel Of Air (大気の守護神)
3.Angel Of Water (水の守護神)
4.Bliss:The Eternal Now (楽園:不滅なる存在)
5.Angel Of Sunlight (太陽の守護神)
6.Illuminations (啓示)

購入日:6/24
購入場所:HAPPY(所沢)
購入金額:¥1,300
[PR]
by shintan_shintan | 2006-06-25 10:36 | 70s (73~76)
b0079504_961661.jpg

6/21発売のロギンス&メッシーナの紙ジャケ。とりあえずこのデビューアルバム(72年発表)だけ購入しました。
このアルバム、元々はニッティー・グリッティー・ダート・バンドへの楽曲提供で注目を浴び始めたケニーロギンスのデビューアルバムとして制作されてたんですが、プロデューサーのジム・メッシーナ(元バッファロー・スプリングフィールド~ポコ)と意気投合し、結果的にはダブルネームでのリリースとなりました。ちなみに次のアルバムから「LOGGINS & MESSINA」名義になります。

「プー横丁の家」「ママはダンスを踊らない」「ダニーの歌」などの代表曲は、所有しているケニーロギンスのベストにも収録されてるんで知ってましたが、ロギンズ&メッシーナのオリジナルアルバムを聴くのは今回が初めて。ケニーロギンスのフォークテイストと、ジムメッシーナの実験性が融合した感じのアルバムで、ロックンロール、フォーク、カリプソ、カントリー、ソウル、ブルースと様々なテイストが感じられますね。

曲はメッシーナとロギンスがだいたい半分ずつ書いていて、メインヴォーカルはロギンス(数曲はメッシーナが歌ってます)がとってます。②③⑥といった彼らの代表曲はロギンスのペンによるものですが、このアルバムに関してはメッシーナのプロデュース色が強いかな?。彼がバッファローやポコで実践してきたクロスオーバー的なアメリカンロックをさらに追求している感じがします。


1.Nobody But You
2.Danny's Song
3.Vahevala
4.Trilogy:Lovin' Me / To Make a Woman Feel Wanted / Peace Of Mind
5.Back To Georgia
6.House At Pooh Corner
7.Listen To A Country Song
8.Same Old Wine
9.Rock & Roll Mood

購入日:6/21
購入場所:HMV新宿
購入金額:¥1,890
[PR]
by shintan_shintan | 2006-06-24 09:06 | 70s (70~72)
b0079504_0331850.jpg

音楽ブログの間でも大好評なレコード会社3社合同企画「ジャケガイノススメ」。
先月発売になった第一弾からはシルヴェッティのみ購入したんですが、昨日発売になった第二弾から購入したのはロニー&ザ・デイトナスの「サンディ」。
正直なところ彼らのことは名前しか知らなかったんですが、今回発売されたシリーズの中で一番ジャケットが好きだったんで購入しました。まさに「ジャケガイ」。

64年のデビュー曲「GTO」が全米4位に入る大ヒットを記録し、サーフィン/ホットロッドでは代表的なグループなんですが、今回購入したこのアルバムは彼らが65年に出したセカンドアルバム。内容の方はと言えば、ジャケットのイメージとぴったりのロマンティックなアメリカンポップス。全12曲全てがミディアム~スローナンバーなんですが、甘く切ないメロディーとコーラスが満載です。ビーチボーイズが好きな方はもちろんのこと、ゾンビーズやコリン・ブランストーン、ソフトロックが好きな方にもオススメです。このアルバム、最近購入した中では一番のヒットかも!それこそ夕暮れの海辺でロマンティックなムードに浸りたい時には最適なアルバムですね。

1.Sandy
2.Hold Me My Baby
3.Baby Say No
4.When Stars Shin Bright
5.Be Good To Your Baby
6.If I Had My Way
7.Then The Rains Come
8.Nanci
9.Somebody To Love Me
10.Come Into My Heart
11.I’ll Think Of Summer
12.So In Love

購入日:6/22
購入場所:HMV通販
購入金額:¥2,140
[PR]
by shintan_shintan | 2006-06-23 00:33 | SOFT ROCK
b0079504_062668.jpg

僕が最初に夢中になったアイドルといえば中森明菜。

デビューから7thの「POSSIBILITY」まではレコードも必ず買ってましたから、旧作がリマスター紙ジャケで6/21に再発になると知った時はうれしかったですねぇ。ただ問題なのは、BOXセットの費用を捻出できない身としてはどのタイトルをゲットするかということ。7月は他アーティストのリマスター盤買いなおしも結構オーダーを入れてしまったので予算的に買えるのはせいぜい2枚。

当時、よく聴いてたのは「エトランゼ」「メモワール」「POSSIBILITY」なんだけど、「STOCK」もかっこいいしなぁ・・・悩んだ末、初期のヒット曲がすべて網羅されてる「BEST」1枚をとりあえず購入することにしました。ジャケット的には「メモワール」「POSSIBILITY」がかわいいんで今後買っちゃうかも・・・

内容に関してはもう言うことはないでしょう。最高です。リマスター効果もばっちりで音圧のあるクリアな音が楽しめますよ。今回BOXセットとは別にばら売りもしてくれたので非常に助かりましたね。松田聖子も見習って欲しいです。


1.スローモーション
2.セカンド・ラブ
3.トワイライト-夕暮れ便り-
4.北ウイング
5.サザン・ウィンド
6.SAND BEIGE -砂漠へ-
7.SOLITUDE
8.ミ・アモーレ
9.飾りじゃないのよ涙は
10.十戒(1984)
11.禁区
12.1/2の神話
13.少女A


購入日:6/21
購入場所:HMV新宿
購入金額:¥2,200
[PR]
by shintan_shintan | 2006-06-22 00:07 | JAPANESE
ようやく明日は小遣い日。
ということで恒例(?)の今月何を買って何をよく聴いたのかをご紹介しますね。

今月の購入は全部で31枚。新品が14枚で中古が17枚でした。
先月と購入総金額は変わらないんですが、購入枚数は若干減りましたねぇ。ロータスとかありましたからね。
詳細はこちらからどうぞ↓
b0079504_2342182.jpg


で、今月購入した31枚のなかで、聴いた回数の多いベスト3(i-Podの再生回数で算出)は順不同ですがこちらになります。
b0079504_2263286.jpg
b0079504_2264387.jpg
b0079504_2265252.jpg


大瀧詠一は順当なところかなと思いますが、自分でも意外だったのが森高。サンタナも、正直「ロータス」よりこのバディマイルスとのライブのほうが気に入ってます。

今日は紙ジャケも大量にリリースされましたよね。すでに何枚か手に入れましたし、通販でオーダーしているものも明日か明後日には大量に到着予定です。順にこのブログでもご紹介する予定ですのでお楽しみにしててくださいね。
[PR]
by shintan_shintan | 2006-06-21 22:12 | 全般
b0079504_22375566.jpg

先日購入したラウドネスを聴いてて、なんか無性に浜田麻里が聴きたくなったんですよね。
彼女のデビュー当時にプロデュースやバックのサポートをしてたのがラウドネスのドラマー樋口宗孝でしたからね。実はついさっきまで彼女、樋口と結婚してるんだと思ってました。ただ、ネットで色々調べてみると同じくラウドネスの高崎晃と結婚してるという記事も・・・よくよく調べてみると結婚話はガセで彼女いまだに独身らしいです。10年以上も信じてました・・・・

83年にメタルアイドルとしてデビューした彼女も80年代後半の「Heart And Soul」や「Return To Myself」のビッグヒットで一躍メジャー歌手としてお茶の間でもお馴染みになりましたが、水商売のママ風なルックスでポップなヒット曲を歌っていた彼女よりも、今見ると笑ってしまうよなベタなへヴィメタルファッションで歌ってた、ジャパメタクイーンとしての彼女の印象のほうがが強いんですよね。同時期に活躍してた女性メタルでは早川めぐみ、本城美沙子なんかがいましたね。(3人ともイニシャルがHMなのが素敵です)。

今回、94年に発表された2枚組みベストをユニオンで750円で購入したのは、83年のデビュー作に収録されてた名バラード「Runaway From Yesterday」と、2nd収録の「Misty Lady」「Paradise」が聴きたかったから。全33曲をざっと聴いてみたんですが彼女の音楽性を一言で言うならまさに「歌謡メタル」。今聴くとこっぱずかしい感じのものも多いんですが、めちゃくちゃなつかしいです。当時は毛嫌いしてた前述のヒット曲も、メタルじゃないものの、あらためて聴くといい曲ですね。

【DISC 1】
1.~Love Maker~
2.Don't Change Your Mind
3.Tokio Makin' Love
4.ALL NIGHT PARTY
5.RUNAWAY FROM YESTERDAY
6.Heart Line
7.Misty Lady
8.Paradise
9.LAST SCENE
10.Hard Dancin'
11.Another Way
12.MEMORY IN VAIN
13.Forever
14.Blue Revolution
15.My Tears
16.Heart And Soul
17.~Hearty My Song~ 

【DISC 2】
1.Company
2.Cry For The Moon
3.Promise In The History
4.Tele-Control
5.Voice Of Mind
6.Call My Luck
7.Nostalgia
8.Tomorrow
9.Anti-Heroine
10.Heaven Knows
11.Paradox
12.Border
13.Precious Summer
14.Open Your Heart
15.Over The Rainbow
16.Return To Myself  
[PR]
by shintan_shintan | 2006-06-19 22:57 | JAPANESE