<   2006年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

b0079504_21263430.jpg


東京もようやく昨日、梅雨明けになりました。
とはいっても今日はそんなに暑くなかったし、夏本番って陽射しでもなかったんですが、なんにしても夏好きの僕としてはうれしい限りです。
今日紹介するのは、海沿いのドライブなんかで聴いてみたくてちょっと前に購入した、山下達郎の「BIG WAVE」。なんといってもジャケットからして「夏」ですよね。

もともとサーフィン映画のサントラとして84年にリリースされたアルバムで、新録もあるものの、シングルB面のカバー曲や、既存曲のリミックスなどで構成されている全曲英詞のアルバムです。各曲の詳細はKaz-shinさんのブログ「Music Avenue」に詳しく説明されていますので、そちらをご覧いただくとして、このアルバムで個人的に大好きなのが、最近ビールのCMで流れてる②。もともとは83年に発表した「Melodies」に収録されていた「悲しみのジョディ」の英語版なんですが、まさに夏、青空、海って感じの爽快な曲ですね。また、CMがらみだと「I」と「LOVE」と「YOU」の3ワードだけでつくってくれとのオファーをうけて制作されたウィスキーのCM用オリジナルソング⑫。これもすごい懐かしかったですね。

他にもビーチボーイズのカバーなどが収められていて、夏のお供にぴったりなアルバムだと思います。ただ残念なのは古いマスターなのでちょっと音質が悪いこと。本人による最新リマスター盤出ないですかねぇ?さらに紙ジャケなら言うことありませんね。


1.The Theme From BIG WAVE
2. Jody
3. Only With You
4. Magic Ways
5. Your Eyes
6. I Love You (Part2)
7. Girls On The Beach
8. Please Let Me Wonder
9. Darlin’
10. Guess I’m Dumb
11. This Could Be The Night
12. I Love You (Part1)


購入日:7/5
購入場所:ディスクユニオン神保町店
購入金額:¥1,155
備考:国内盤 帯なし 中古
個人的評価:★★★★

-----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 生涯聴き続けるでしょう
★★★★ 大好きです 買ってよかったかも
★★★ 悪くはないですよ たまには聴くかな
★★ ほとんど聴かないかも
★ 即売却
[PR]
by shintan_shintan | 2006-07-31 21:30 | JAPANESE
b0079504_2137306.jpg


82年のファーストアルバムからシングルカットされた「グロリア」が大ヒットとなったローラ・ブラニガンの83年にリリースされたセカンドアルバム。ちなみに彼女のアルバムは1st、3rd、ベストアルバムなどは今でも輸入盤で購入できますが、このセカンドに関しては廃盤のようですね。

このアルバムからも1曲目「哀しみのソリテアー」がヒットし、続くサードアルバムからも「セルフ・コントロール」をヒットさせ一躍80年代を代表する女性シンガーととなりました。僕もリアルタイムで聴いてましたね。
正直なところアルバムを購入するほどのファンではなかったのですが、このアルバムを中古で見かけ、思わずなつかしくて購入しました。

いかにも80年代的なシンセを多用したエレクトリック音が目立つアルバムですが、もともとレナード・コーエンのツアーメンバーをつとめてたほどですから、歌唱力に関しては申し分なく、パワフルでダイナミックな歌声を聞かせてくれます。
ヒットした①もいいですが、ロックミーアマデウスでお馴染みファルコの楽曲で、ATFが「秘密警察」としてリメイクした楽曲の再リメイク②、THE WHOの⑤などが面白いですね。残念ながら2004年に病気で亡くなってしまった彼女ですが、僕が洋楽を聴き始めた当時にヒットを連発していた馴染みのミュージシャンということもあって非常に残念です。

1. Solitaire
2. Deep In The Dark
3. Close Enough
4. Lucky
5. Squeeze Box
6.How Am Supposed To Live Without You
7. I'm Not the Only One
8. Mama
9. Find Me
10. Don't Show Your Love


購入日:7/25
購入場所:GEO久米川店
購入金額:¥530
備考:国内盤 帯なし 中古
個人的評価:★★★

-----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 生涯聴き続けるでしょう
★★★★ 大好きです 買ってよかったかも
★★★ 悪くはないですよ たまには聴くかな
★★ ほとんど聴かないかも
★ 即売却
[PR]
by shintan_shintan | 2006-07-30 21:38 | 80s ROCK
b0079504_2162542.jpg


63年にレコードデビューした女優兼歌手バーブラ・ストライザンド。
このアルバムは78年にリリースしたベストアルバムで、彼女のNo 1ヒット①⑤⑥を含む、70年以降のヒット曲、代表曲で構成されてます。

すでに60枚以上のアルバムをリリースしているアーティストなので、このベスト1枚で音楽性云々はいえませんが、このアルバムに関してはオーケストラをバックにしたバラード中心のポピュラーミュージックが中心となってます。ただ、ニックデカロやラリーカールトンがアレンジしていたり、ローラニーロ、スティービーワンダーの楽曲があったり、二―ルダイアモンドとのデュエットがあったりとロック好きも注目するポイントはいくつもありますよ。

女優としても一流な彼女ですから、このアルバムにも映画関連の楽曲が多く、全体的にはムーディーでアダルトな雰囲気です。お酒を飲みながらしっとりとした時間をすごすには最適なBGMになると思いますよ。

1. Love Theme From "A Star Is Born"(Evergreen)
2. Love Theme from "Eyes of Laura Mars"(Prisoner)
3. My Heart Belongs To Me
4. Songbird
5. You Don't Bring Me Flowers
6. Way We Were
7. Sweet Inspiration/Where You Lead
8. All in Love Is Fair
9. Superman
10. Stoney End


購入日:7/23
購入場所:GEO久米川店
購入金額:¥330
備考:国内盤 帯なし 中古 
個人的評価:★★☆
-----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 生涯聴き続けるでしょう
★★★★ 大好きです 買ってよかったかも
★★★ 年に数回は聴くかな
★★ ほとんど聴かないかも
★ 即売却
[PR]
by shintan_shintan | 2006-07-30 21:07 | 70s (77~79)
b0079504_852263.jpg

現ディープ・パープルのバカテクギタリスト、スティーヴモーズ率いる、ジャズ・ロックバンド「ディキシードレッグス」78年のデビューアルバム。

モーズのギターの他、ベース、ドラム、キーボード、ヴァイオリンからなる5人組で、ヴァイオリン入りのジャズロックというと、マハビシュヌ・オーケストラを連想してしまいますが、このバンドに関してはマハビシュヌのような難解さや、プログレっぽさはなく、非常に聴きやすいです。
このバンドの特徴はなんといってもカントリーテイストも取り入れた、アメリカンな音でしょうね。各メンバーのインタープレイや高速ユニゾンなど、テクニカルな部分は充分に感じられるものの、行き過ぎることなく明るく陽気なアメリカン・ジャズ・ロックといった感じです。
ジャズ/フュージョン好きの方はもちろんですが、オールマン、シーレヴェルなんかが好きな方にもオススメです。

1. Free Fall
2. Holiday
3. Hand Jig
4. Moe Down
5. Refried Funky Chicken
6. Sleep
7. Cruise Control
8. Cosmopolitan Traveler
9. Dig The Ditch
10. Wages Of Weirdness
11. Northern Lights


購入日:7/17
購入場所:ディスクユニオン国立店
購入金額:¥630
備考:輸入盤中古 
個人的評価:★★★
[PR]
by shintan_shintan | 2006-07-30 08:52 | JAZZ/FUSION
b0079504_10103058.jpg


60年代後半に結成されて以来、今でもほとんど毎日のようにライブに明け暮れている現役バリバリなアメリカのバーバンド。NRBQっていうのも略称で正式なバンド名は「NEW RHYTHM AND BLUES QUARTET」なんですが、ファンは彼らのことを「Q」と呼び、彼らのファンは「Qマニア」っていうらしいです。

彼らの名前は以前から知っていたものの、なんとなくとっついきずらくて今まで未聴でした。今回購入したのは、そんなQ様の最高傑作との声もある78 年リリースの「AT YANKEE STADIUM」。ちなみにライブ盤ではなく、いつかはヤンキースタジアムで演りたいっていう願望からつけたタイトルらしいです。
音のほうはといえば、ブルース、カントリー、ロックンロールなどのアメリカンミュージックに、ビートルズなんかのエッセンスを加えたような、どことなくコミカルなハードポップ。これは理屈抜きに楽しめる楽しい音ですね。

90年代に初来日以降、何度か来日してるらしいので機会があればライブを見てみたいですね。できれば小さなライブハウスで。


1. Green Lights
2. Just Ain't Fair
3. I Love Her, She Loves Me
4. Get Rhythm
5. That's Neat, That's Nice
6. Ain't No Free
7. I Want You Bad
8. Same Old Thing
9. Yes, Yes, Yes
10. It Comes to Me Naturally
11. Talk To Me
12. Shake,Rattle & Roll


購入日:7/17
購入場所:ディスクユニオン国立店
購入金額:¥525
備考:輸入盤中古
個人的評価:★★★☆

-----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 生涯聴き続けるでしょう
★★★★ 大好きです 買ってよかったかも
★★★ 年に数回は聴くかな
★★ ほとんど聴かないかも
★ 即売却
☆ +α
[PR]
by shintan_shintan | 2006-07-29 10:10 | 70s (77~79)
b0079504_2059436.jpg


カーティス・メイフィールドが74年に発表したソロ7作目。
訳のわからないセンスの悪いジャケットと、そのアルバムタイトルからか、敬遠されることも多そうですが内容はというと、シンプルでミニマルなリズムにファルセットヴォーカル、ストリングスが絡むカーティスの王道路線で、このアルバムを彼の代表作にあげる人もいますね。

インプレッションズ脱退後、70年にソロデビューしたカーティスですが、73年の「Back To The World」では反戦と世界平和を、75年の最高傑作「There's No Place Like America Today」では、黒人社会の失業/貧困問題を、決して声高になることなく、それでいて力強く提起してます。そんな2つの作品に挟まれるようにリリースされたこのアルバムは、全体的に穏やかなトーンでつつまれております。ミディアムなファンク①⑤⑦、アップテンポでポップな④、スローな美しい②③⑥と曲調もバラエティ豊富で、「Back~」「There's~」のような緊張感はないものの、ハートフルでリラックスして聴けるアルバムですね。


1. Ain't Got Time
2. Sweet Exorcist
3. To Be Invisible
4. Power To The People
5. Kung Fu
6. Suffer
7. Make Me Believe In You


購入日:7/17
購入場所:ディスクユニオン国立店
購入金額:¥1,050
備考:輸入盤 中古
個人的評価:★★★★

-----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 生涯聴き続けるでしょう
★★★★ 大好きです 買ってよかったかも
★★★ 年に数回は聴くかな
★★ ほとんど聴かないかも
★ 即売却
☆ +α
[PR]
by shintan_shintan | 2006-07-28 21:02 | SOUL/FUNK
b0079504_21272698.jpg


先日、運転中にラジオから「Lovely Day」が流れてきて、そのAORソウルとでもいうべきリズムがすごい気持ちよかったんですよね。彼に関しては「Lean On Me」と「Just The Two Of Us」のイメージしかなかったんですが、一度ちゃんと聴いてみようとは前々から思ってたので、早速ベスト盤を購入しました。

ひととおり聴いてみましたが、ゴスペル調あり、AORテイストあり、メロウあり、ファンキーありで非常にバラエティ豊かですね。このベストは、⑦(全米2位 71年)、⑩(全米1位 72年)、⑫(全米2位 72年)、⑮(全米2位 81年)といった大ヒット曲も収録されてますし、初めて彼を聴く方には最適かもしれません。リマスターされてて音質もばっちりですしね。

僕自身はソウルだとHIやSTAXなんかが好きなんですが、彼にそんなディープなものを求めてはいけません。ビル・ウィザースに関してはソウル云々というよりポップでソウルフルなラブソングを書くSSWといった感じですかね。どちらかというとカーティスやダニー・ハザウェイなどの70年代ニューソウルに属されるのかもしれませんね。
ちなみに初めて「Use Me」を聴いたのはミック・ジャガーとレニー・クラヴィッツのデュエットカバーでした。

1. Lovely Day
2. I Want To Spend The Night
3. Let Me Be The One You Need
4. Hello Like Before
5. Tender Things
6. I Wish You Well
7. Ain't No Sunshine
8. Grandma's Hands
9. Same Love That Made Me Laugh
10. Lean On Me
11. Harlem
12. Use Me
13. Who Is He (And What Is He to You)?
14. You Just Can't Smile It Away
15. Just The Two Of Us
16. Steppin' Right Along
17. You Try To Find A Love
18. My Imagination

購入日:7/13
購入場所:HMV新宿店
購入金額:¥1,460
備考:輸入盤
個人的評価:★★★☆

-----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 生涯聴き続けるでしょう
★★★★ 大好きです 買ってよかったかも
★★★ 年に数回は聴くかな
★★ ほとんど聴かないかも
★ 即売却
☆ +α
[PR]
by shintan_shintan | 2006-07-26 21:33 | SOUL/FUNK
b0079504_21561454.jpg


ジャクソン・ブラウンの代表作「LATE FOR THE SKY」を始めて聴いたのはもう15年以上前。イーグルスやJDサウザーなんかと同じく語られることの多い彼ですが、その内省的でちょっとひねりのある曲作りには正直、あまり馴染めませんでした。ただ、CDを売り払うこともなく年に数回は聴いてましたね。そんな彼の世界観が染み入るようになったのはつい最近かもしれません。いつの間にか大好きなアルバムになってました。たぶん僕の中で好きになるまで一番時間のかかったアルバムかもしれません。

このアルバムはジャクソン・ブラウンが77年に発表した5作目。
音楽ブログでも結構取り上げられてる「アサイラム本」を購入して、なにかアサイラムのCDを買ってみようかなと思った時に、たまたま立ち寄った店でリマスター中古を購入しました。

このアルバムは通常のスタジオ作ではなく、「旅」をテーマにツアーをしながら曲をつくってレコーディングしていくという変則的なライブアルバム。このアルバムを制作するためにバックバンドとともに2ヶ月のツアーを行ったとの事です。ステージでの演奏はもちろんですが、リハーサルスタジオや宿泊先のホテル、移動中のツアーバスで録音された音源が収録されてます。
前作や前々作のような、内省的で、ある意味とっつきづらい深遠な雰囲気はなく、明るい雰囲気の楽曲が多いですね。とはいっても彼らしい啓示的な詩作は健在です。
ちなみにバックメンバーは「セクション」の面々+デヴィッド・リンドレー。バックコーラスは「汚れた英雄」「幻魔大戦」でお馴染みのローズマリー・バトラーでソウルフルな歌声を聴かせてくれます。


なお、本日からアルバムのお気に入り度を星で評価しておこうかなと思ってます。
評価基準は、
★★★★★ 生涯聴き続けるでしょう
★★★★ 大好きです 買ってよかったかも
★★★ 年に数回は聴くかな
★★ ほとんど聴かないかも
★ 即売却
あくまで記事を書いてる時点での評価なんですけどね。

1. Running on Empty
2. Road
3. Rosie
4. You Love the Thunder
5. Cocaine
6. Shaky Town
7. Love Needs a Heart
8. Nothing but Time
9. Load-Out
10. Stay

購入日:7/22
購入場所:DORAMA東大和店
購入金額:¥980
備考:国内盤 帯なし 中古
個人的評価:★★★★
[PR]
by shintan_shintan | 2006-07-25 21:56 | SSW
明日が給料日なんで、今月のCD購入のまとめです。
7月はボーナスが支給月ということもあって、いつもよりかなり多目に買っちゃいました。
ちなみに僕の場合、こづかい制で、ボーナスも奥さんに管理されちゃってるんですが、ボーナスからいくらかは臨時小遣いとなりました。自分で全額を自由に使える身分ならたぶんもっと買っちゃってますね。

今月購入したのは62枚。内訳は、
国内盤新品 12枚
輸入盤新品 19枚
国内盤中古 23枚
輸入盤中古 8枚
合計で67,000円オーバーでした。ちょっと買いすぎたかな・・・



ちなみに今後の購入予定としましては
8/23のニックデカロ紙ジャケは買いですね。
9/6のジミヘン紙ジャケ5タイトルも全買い予定。
9/13セルジオメンデスの紙ジャケも1st~4thまで購入予定
9/20のソニーのソフトロック紙ジャケ第3弾はスコットマッケンジーは購入予定
9/20のポールサイモン紙ジャケも気になります。
9/27のスティーリーダンの紙ジャケ再プレス7タイトルは全買い予定
9/27トラフィックの紙ジャケ再プレスも3タイトルほど購入予定

なんか9月がとんでもないことになりそうです・・・ 10月にはスライのリマスターが順次発売になりますし・・・
すでにリマスター盤への買いかえを中心にAMAZONとHMVにも15000円くらいオーダーしてありますからちょっとびびってます。トラフィックとダン、ジミヘンは同じ音源のプラケを持ってるんでどうしようかな・・・
と、悩むのもまた楽しいんですよね
[PR]
by shintan_shintan | 2006-07-24 20:54 | 全般
b0079504_6403942.jpg


最近紙ジャケも再発され、UDOロックフェスで来日中のキッス。
今回は予算の都合もあって紙ジャケ購入は見送りました。まぁ何枚かはプラケを所有しているのと、音源も96年リマスターの流用なんでね・・・ ただ「地獄の軍団」は買っちゃうかも。

そんなキッスも様々なベスト盤がリリースされてますが、個人的には2002年にリリースされた本作「地獄の宝石」が決定盤という気がしますね。70年代の代表曲はあらかた網羅されていながら、80年代以降の素顔時代の名曲も収録されてるベストってないですからね。僕のKISSの好きな曲ベスト5に入る、ARGENTのカバー「God Gave Rock 'N' Roll To You II」が収録されてるのは嬉しい限りです。

ファンも多いし、名曲も多いのですべての人を満足させる選曲がないのは重々承知してますが、あえていえば 「Crazy,Crazy Nights」 「Black Diamonds」 「God Of Thunder」 「Tears Are Falling」がはいってれば言うことなかったんですけどね。


1. Strutter
2. Deuce
3. Got To Choose
4. Hotter Than Hell
5. C'Mon And Love Me
6. Rock And Roll All Nite (live)
7. Detroit Rock City
8. Shout It Out Loud
9. Beth
10. I Want You
11. Calling Dr. Love
12. Hard Luck Woman
13. I Stole Your Love
14. Christine Sixteen
15. Love Gun
16. New York Groove
17. I Was Made For Loving You
18. I Love It Loud
19. Lick It Up
20. Forever
21. God Gave Rock 'N' Roll To You II


購入日:7/10
購入場所:レコファン新宿
購入金額:¥480
備考:輸入盤中古
[PR]
by shintan_shintan | 2006-07-24 06:40 | HARD ROCK