<   2006年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

b0079504_2264246.jpg


レコード会社各社の共同企画として2002年にリリースされた「僕たちの洋楽ヒット」シリーズ。第1弾はVol.1~15まで出てまして、すべてレンタルしてCD-Rに焼いて持ってるんですが、適価の中古があれば地道に買い揃えていってます。今回購入したのは80~81年のヒット曲/人気曲を収録したVol.12。
聴いたことのない曲が3曲(②③⑦)、音源を持っていない曲が8曲(②③⑤⑦⑧⑩⑮⑰)ありましたんで購入できてよかったです。
個人的に懐かしかったのが⑮。中学の時に毎週TVで見てましたからね。

で、地道に集め始めたこのシリーズ。残りはVol.1、2、4、11、14、15の6枚となったんですが、なかなか中古で売ってないんですよね。人気シリーズなのかオークションでも安くなりませんしね。


1. ラジオ・スターの悲劇(バグルス)
2. ボディ・ランゲージ(ドゥーリーズ)
3. ダンシング・アメリカン(シェリル・ラッド)
4. ダンシング・シスター(ノーランズ)
5. 涙のレター(REOスピードワゴン)
6. コール・ミー(ブロンディ)
7. 夢のシャイニング・スター(マンハッタンズ)
8. ふたりだけの夜(ロビー・デュプリー)
9. 墜ちた天使(J.ガイルズ・バンド)
10. ベティ・デイビスの瞳(キム・カーンズ)
11. ニューヨーク・シティ・セレナーデ(クリストファー・クロス)
12. モダン・ガール(シーナ・イーストン)
13. 憶い出の町(ジェイムス・テイラー&J.D.サウザー)
14. クライング・ナウ(ジャーニー)
15. アメリカン・ヒーローのテーマ(ジョーイ・スキャベリー)
16. レッツ・グルーヴ(アース・ウインド&ファイアー)
17. 愛のコリーダ(クインシー・ジョーンズ)


購入日:8/27
購入場所:ディスクユニオン稲田堤店
購入金額:¥1,050
備考:国内盤中古 
個人的評価:★★★
----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 素晴らしい! 生涯聴き続けます
★★★★ 大好きです 買ってよかった
★★★ 良いですよ ちょくちょく聴くかな
★★ まあ普通 あんまり聴かないかも
★ イマイチ。 売っちゃうかも・・
[PR]
by shintan_shintan | 2006-08-31 22:04 | COMPILATION
b0079504_21482666.jpg


76年にフランク・ザッパのプロデュースで制作されたものの、事情によりリリースすることのできなかったアルバム「BAT CHAIN PULLER」。そこからの数曲を再録音し、新たな曲を加えて78年にリリースされたのがこのアルバム。たまたまタワーレコードで物色していたら、74~82年までの5作品がリマスターされてまして、とりあえず大好きなこのアルバムだけ購入しました。

ちなみに、ビーフハートというと69年の「TROUT MASK REPLICA」が代表作と言われてますが、ブルースをフリージャズのように演奏しており、各パートがめちゃくちゃにバラバラに演奏してるように聴こえます。実は緻密に計算された「めちゃくちゃ」なんですが、それでもビーフハートの諸作の中ではもちろんのこと、60年代のロックのアルバムの中でもかなりの異色/異端作だと思います。僕もいまだになじめないですから・・・

ビーフハートの音楽性は、基本的にはブルースをベースにしたアバンギャルドなロックなんですが、70年代半ばには「今のままでは売れない」という理由から非常にオーソドックスな南部風のアメリカンロック路線を演らされてたようで、復活作とも言えるこのアルバムは、60年代ほどでなないですが、フリーキーで尖ってて、適度に壊れていながらも、マジックバンドのタイトな演奏で聴きやすい作品になってます。特に①②はめちゃくちゃカッコイイですから、ビーフハートを始めて聴くなら、まずはこのアルバムのこの曲を聴いて欲しいですね。

また、肝心のリマスタリングなんですが、驚くほど音質が向上されていてうれしい限りです。残りの4作も買い換えたくなっちゃいました。あとは「CLEAR SPOT」と「SPOTLIGHT KID」もリマスターされるのを祈ってます。



1. Floppy Boot Stomp
2. Tropical Hot Dog Night
3. Ice Rose
4. Harry Irene
5. You Know You're A Man
6. Bat Chain Puller
7. When I See Mommy I Feel Like A Mummy
8. Owed T'Alex
9. Candle Mambo
10. Love Lies
11. Suction Prints
12. Apes-Ma


購入日:8/25
購入場所:タワーレコード新宿店
購入金額:¥2,510
備考:リマスター輸入盤 
個人的評価:★★★★☆
----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 素晴らしい! 生涯聴き続けます
★★★★ 大好きです 買ってよかった
★★★ 良いですよ ちょくちょく聴くかな
★★ まあ普通 あんまり聴かないかも
★ イマイチ。 売っちゃうかも・・・
[PR]
by shintan_shintan | 2006-08-30 21:48 | 70s (77~79)
b0079504_22295837.jpg


アル中の両親によって幼少から虐待を受け、15歳で家出。17歳で結婚と離婚。その後、強盗をし服役。出所後にヘロイン中毒となり、再び服役。再出所後にアサイラムよりアルバム2枚を発表するものの、再びドラッグにはまり、病気もあって入院。退院するものの、79年にオーバードーズにより33歳で亡くなる。

こんな波乱にみちた人生を送ったのがジュディ・シル。彼女のことは知らなかったんですが、先月買ったアサイラム本を読んで、どうしても聴きたくなりました。今回購入したのはライノからリリースされたボーナストラック満載の2枚組みコンプリート集 。
DISC1はアサイラムレコードの第1弾となる、71年のデビューアルバム「JUDEE SILL」にボーナストラック11曲を加えた22曲。
DISC2は73年のセカンド「HEART FOOD」で、ボーナストラック11曲追加した20曲。

彼女について語られる場合、ニックドレイクが引き合いに出されることも多く、陰鬱で暗いとの評判もありましたが、基本的には弾き語りを中心としたフォーク/カントリーベースの爽やかで美しい曲が多いです。彼女の決して幸せとはいえない人生を知った後に聴くからなのか、その澄んだ、穏やかな歌声の中に、もの悲しげな雰囲気も感じられます。また、このアルバムで感じられるのは、宗教音楽からの影響。効果的なオーケストレーションとあいまって、どこか賛美歌のような崇高さも感じられます。

若くして亡くなったという事実だけで、必要以上に崇められるアーティストもいますが、ジュディ・シルの場合はそんな事には関係なく、素晴らしい歌手だと思います。退院後に1日で録音した幻のサードアルバムも、最近になって発掘リリースされていますので、是非聴いてみたいですね。



購入日:8/25
購入場所:レコファン新宿店
購入金額:¥2,509
備考:輸入盤 
個人的評価:★★★★
----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 素晴らしい! 生涯聴き続けます
★★★★ 大好きです 買ってよかった
★★★ 良いですよ ちょくちょく聴くかな
★★ まあ普通 あんまり聴かないかも
★ イマイチ。 売っちゃうかも・・・
[PR]
by shintan_shintan | 2006-08-29 22:30 | SSW
b0079504_23213463.jpg
 

本日、仕事帰りにディスクユニオンの本店に寄ってきたんですが、5枚1050円の処分段ボールの中から、こんなの買って来ました。1枚あたり210円ですからね。お買い得でした。

写真左上から時計回りに
BLONDIE 「The Essential Collection」 (輸入盤)
BOBBY COLDWELL 「Bobby Caldwell」 (国内盤)
JOHNNY JENKINS 「Ton-Ton Macoute!」 (輸入盤)
IGGY POP 「The Idiot」 (輸入盤)
VAN DYKE PARKES 「Jump!」 (輸入盤)

なんといってもラッキーだったのはJOHNNY JAKINS。デュアンオールマンも参加してるスワンプロックの名盤で、ずっと探してたんですよね。現在廃盤のこのアルバムが210円はありえないでしょ!
JOHNNY JENKINSや、他の何枚かは、後日に改めて紹介しようと思ってます。
[PR]
by shintan_shintan | 2006-08-28 23:21 | 70s ROCK
b0079504_225315.jpg


ボニー・レイットって不思議だなぁと思います。
歌が上手いわけでも、ルックスがいいわけでもなく(失礼!)、曲もあまり作らないし、自分でプロデュースしたりする訳でもないし。
めちゃくちゃスライドギターが上手いのに、ひけらかす訳でもないし。
ビッグヒットもないけど、駄作もなく、永らく愛される音楽を作り続けてるっていうのは、やっぱりボニー自身、楽曲のチョイスや音作りに関してのバランス感覚に優れた人なのかなって気がしますね。

オーリアンズのジョン・ホールをプロデューサーに迎え、73年にリリースされたこの3作目も、エリック・カズや、ジャクソン・ブラウン、ランディ・ニューマンなどの曲を、ブルース、ジャズ、カントリーなどのアメリカントラッドと、ファンキーでモダンな感じをバランスよくミックスしたサウンドで仕上げてあります。基本的にはセカンドアルバムの「GIVE ITUP」と同じ路線ですが、ジョン・ホールのプロデュースによるところなのか、前作に比べて若干洗練された感じがしますね。

彼女に関しては、ワーナー時代のアルバムは、ファーストとセカンドしか持ってなかったんですが、このアルバムはセカンドより好きかも・・・
リトル・フィートの面々が全面参加したバックのサウンドも、タイトかつファンキーでカッコイイですからね。


1. You've Been In Love Too Long
2. I Gave My Love A Candle
3. Let Me In
4. Everybody's Cryin' Mercy
5. Cry Like A Rainstorm
6. Wah She Go Do
7. I Feel The Same
8. I Thought I Was A Child
9. Write Me A Few Of Your Lines/Kokomo Blues
10. Guilty


購入日:8/6
購入場所:HMV通販
購入金額:¥1,380
備考:輸入盤 
個人的評価:★★★★
----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 素晴らしい! 生涯聴き続けます
★★★★ 大好きです 買ってよかった
★★★ 良いですよ ちょくちょく聴くかな
★★ まあ普通 あんまり聴かないかも
★ イマイチ。 売っちゃうかも・・・
[PR]
by shintan_shintan | 2006-08-28 22:01 | 70s (73~76)
b0079504_20265912.jpg


今日は8月最後の休日でしたね。夏ももう終わっちゃうのかと思うと一抹の寂しさがありますが、そんな夏の終わりになるとよく聴きたくなるのが、山下達郎の「さよなら夏の日」と、今日紹介するブルースジョンストンの「歌の贈りもの」。大学のサークルの夏合宿に向かう車の中で、このアルバム、よく聴いてたなぁ。

72年にビーチボーイズを脱退したブルース・ジョンストンが77年にリリースしたアルバムで、賛否両論なベンチャーズのディスコカバー⑨を除いて彼の自作曲で占められており、ビーチボーイズ時代の曲②⑥や、バリーマニロウで大ヒットした①などのセルフカバーも収められてます。

僕自身、ビーチボーイズを聴きはじめたのは最近なんですが、何故かこのアルバムは学生時代から、よく聴いてまして(当時はカセットでしたけど)、輸入盤ですが安く売ってたのでようやくCDを手に入れることにしました。
内容に関しては、素晴らしいメロディが堪能できる、美しいバラードとドリーミーなポップソングが満載のアルバムです。ビーチボーイズ云々は関係なく素晴らしいアルバムだと思いますね。
久しぶりに聴きましたが、やっぱり①⑥は大名曲ですね。⑤も美しいです。
今回購入したのは2000年に再発されたUS盤なんですが、どうもリマスターされていないようで、音質がちょっとって感じです。ソニーの紙ジャケも欲しくなっちゃいますね。


1. I Write The Songs
2. Deirdre
3. Thank You Baby
4. Rendezvous
5. Won't Somebody Dance With Me
6. Disney Girls
7. Rock And Roll Survivor
8. Don't Be Scared
9. Pipeline


購入日:7/17
購入場所:ディスクユニオン国立店
購入金額:¥840
備考:輸入盤中古 
個人的評価:★★★★☆
----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 素晴らしい! 生涯聴き続けます
★★★★ 大好きです 買ってよかった
★★★ 良いですよ ちょくちょく聴くかな
★★ まあ普通 あんまり聴かないかも
★ イマイチ。 売っちゃうかも・・・
[PR]
by shintan_shintan | 2006-08-27 20:27 | 70s (77~79)
b0079504_234440100.jpg


1997年に亡くなっても、今だなお人気の高いウェストコーストの歌姫が1978年にリリースしたデビューアルバム。
彼女を代表するニールヤングの詞曲による①「溢れる愛」は知っていたものの、このアルバムは聴いたことありませんでした。

というわけで、若干メロウでウェットな①のイメージしかもっていなかったんですが、アルバムを聴いてみると音楽的にはバリエーション豊富ですね。SSW調の⑤⑨や、ハードポップな④、フォーク/カントリー調の⑧⑩、JDサウザー作もセルフカバーした、バラードの⑪など多岐に渡りますが、個人的にはボ・ディドリービートも感じるファンキーな②⑥や、何度聴いてもせつなくなってしまう⑪がお気に入りです。

でもこのアルバムでの一番は彼女の歌声かな。若干ハスキーで、決して美しい歌声ではないんですが、どこかキュートで切なげな歌声は、派手ではないものの、なんとなく僕らをとらえてはなさない不思議な魅力がありますね。


1. Lotta Love
2. Rhumba Girl
3. You Send Me
4. Can't Get Away From You
5. Mexican Divorce
6. Baby, Don't You Do It
7. Give A Little
8. Angels Rejoiced
9. French Waltz
10. Come Early Mornin'
11. Last In Love


購入日:8/1
購入場所:ディスクユニオン新宿中古センター
購入金額:¥1,260
備考:国内盤 国内盤中古 帯なし 
個人的評価:★★★★
----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 素晴らしい! 生涯聴き続けます
★★★★ 大好きです 買ってよかった
★★★ 良いですよ ちょくちょく聴くかな
★★ まあ普通 あんまり聴かないかも
★ イマイチ。 売っちゃうかも・・・
[PR]
by shintan_shintan | 2006-08-26 23:44 | 70s (77~79)
b0079504_22363183.jpg


今日は給料日だったんで、早速何枚かのCDを購入してきました。それらについては聴きこんでから紹介しますので、今日はちょっと前に購入したCDのご紹介をしますね。

ソウル、ジャズ、カントリーなどの様々なアメリカンミュージックをファンキーかつ洗練されたサウンドで聴かせてくれる「ジョー・ママ」。
ファーストアルバムはこのブログでも紹介したんですが、やっぱり廃盤のセカンドアルバムも聴きたくなっちゃいまして、ちょいプレミアム価格だったんですが購入しちゃいました。

基本的にはファーストアルバムと音楽性はそんなに変わらないんです。トム・ダウドがプロデュースしたことによって、よりファンキーになったと言われてますが、個人的にはコンテンポラリー度が増し、ジャズロックテイストが増したような気がします。特にクーチのジャズギター度が上がってますからね。

個人的にはファーストのフレッシュな雰囲気のほうが好きですが、このセカンドにして最終作もなかなか味わい深いです。いやぁ、本当にいいバンドです。

1.Keep On Truckin'
2.Back On The Street Again
3.Smackwater Jack
4.If I Had A Billion Dollars
5.My Long Time
6.When The Lights Are Way Doen Low
7.Love Is Blind
8.3 A.M In L.A.
9.Sweet And Slow
10.Have You Ever Been To Pittsburgh?
11.Sho 'Bout To Drive Me Wild


購入日:8/13
購入場所:ディスクユニオン国立店
購入金額:¥2,320
備考:国内盤 中古
個人的評価:★★★★
----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 素晴らしい! 生涯聴き続けます
★★★★ 大好きです 買ってよかった
★★★ 良いですよ ちょくちょく聴くかな
★★ まあ普通 あんまり聴かないかも
★ イマイチ。 売っちゃうかも・・・
[PR]
by shintan_shintan | 2006-08-25 22:57 | 70s (70~72)
明日が給料日なんで、今月(7/25~8/24)のCD購入のまとめです。

今月購入したのは37枚。内訳は、
国内盤新品 5枚
輸入盤新品 8枚
国内盤中古 19枚
輸入盤中古 5枚
合計で45,000円j弱。今月は中古が多かったかな・・

9月は紙ジャケだと、セルメンを購入予定ですね。ジミヘンは迷うとこです。
それ以外にもキャプテンビーフハートのリマスターも買いますし、名盤探検隊シリーズも地道に中古で揃えていこうと思ってます。
[PR]
by shintan_shintan | 2006-08-24 22:39 | 全般
b0079504_21543419.jpg


昨日発売になったニックデカロの「イタリアン・グラフィティ」紙ジャケ。
元祖AORとでも言うべき大名作で、このブログでも以前記事にしましたので、内容に関してはそちらをご参照くださいね。

で、今回の紙ジャケですが、ジャケのつくりに関しては、可もなく不可もなくって感じです。現行のプラケよりジャケット写真が黄浮きしてますね。プラケのほうが赤みが強いんですが、鮮明でクリアな感じです。
音質に関しては、紙ジャケリリースにともない最新リマスターされており、かなり良くなりましたね。音圧が増したのは当然の事、低音が増しながらも、音の分離がよくなり、ヴォーカルがクリアに際立ってます。リマスター目当てで購入したんで大満足です。


購入日:8/24
購入場所:タワーレコード新宿店
購入金額:¥2,141
備考:国内盤 紙ジャケ
個人的評価:★★★★☆
----------------------------------------------
評価基準
★★★★★ 素晴らしい! 生涯聴き続けます
★★★★ 大好きです 買ってよかった
★★★ 良いですよ ちょくちょく聴くかな
★★ まあ普通 あんまり聴かないかも
★ イマイチ。 売っちゃうかも・・・
[PR]
by shintan_shintan | 2006-08-24 22:04 | AOR