<   2007年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

b0079504_18101819.jpg


64年にスライ・ストーンのプロデュースによるシングルでデビューしたボー・ブラメルズ。当初は5人組でしたが、メンバー2人が脱退して3人で制作された67年のアルバム「トライアングル」はサイケテイストなフォークロックの名盤として評価が高いですが、さらにメンバーが脱退し、残ったサル・ヴァレンティノ(Vo)と、ロン・エリオット(G)の2人がナッシュビルのスタジオミュージシャンを交えて68年に制作されたのが、この「ブラドリーズ・バーン」。ちなみにアルバムタイトルは、この作品がレコーディングされたスタジオの名前で、ジャケに描かれている建物です。

若干サイケなカントリーロックサウンドで、ルーツロック系の名盤として有名な作品ですが、彼らの音を聴くのは今回が初めて。ガレージっぽいチープな音なのかと思いきや、意外と重心の低い音でちょっと意外でした。これは後に「エリアコード615」結成するナッシュビルの腕利きスタジオミュージシャン達の尽力もあるんでしょうが、低域に迫力のあるサル・ヴァレンティノのヴォーカルによるところが大きいかもしれません。

プロデュースはレニー・ワロンカーが努めており、ハーパース・ビザールとともにバーバンクサウンドの原点とも言われている1枚ですね。ソフトロック好きの方はもちろん、カントリータッチなフォークロックや、ラヴィン・スプーンフルなどのグッドタイムス系が好きな方も、聴いて損のない1枚だと思います。


1. Turn Around
2. An Added Attraction
3. Deep Water
4. Long Walking Down To Misery
5. Little Bird
6. Cherokee Girl
7. I'm A Sleeper
8. Loneliest Man In Town
9. Love Can Fall A Long Way Down
10. Jessica
11. Bless You California


購入日:1/25
購入場所:ディスクユニオンお茶の水駅前店
購入金額:¥1,470
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-02-27 18:10 | COUNTRY ROCK
b0079504_22371669.jpg


リタ・クーリッジのファーストからサードまでの3枚って人気ありますよね。聴いてみたいとは思っていたんですが、現在廃盤ってこともあってオークションではいずれも高値がついていて(特にサードは1万円以上は軽くしますからね)なかなか聴けなかったんですが、ファーストをようやく店頭で発見することができました。

60年代後半から「デラニー&ボニー」「マッド・ドッグス・アンド・イングリッシュメン」のバックコーラスや、数多くのアーティストのレコーディングなど、いわば裏方的な活動を続けてきたリタ・クーリッジが71年にリリースしたファーストソロアルバム。
彼女の交遊録やキャリアが窺い知れる多くのミュージシャンが参加しているゴージャスな内容になってます。

このアルバムでは、基本的にカバーが中心になっていて、マーク・ベノの②⑧、スティーブ・ヤングの⑤、ヴァン・モリソンの③、ニール・ヤングの⑩、オーティス・レディングの④、アルバート・キングの⑥、マーヴィン・ゲイの⑦など、粒揃いの楽曲をリタが泥臭く、時にブルージーに、時にソウルフルに歌われてます。

リタの歌声自体は、特別に個性的じゃないものの、バックのサポート陣と和気藹々と制作されたのが垣間見えるような、リラックス&ナチュラルな雰囲気がいいですね。個人的には、リタの当時の義兄ブッカーTが手掛けた⑤の大仰なストリングスアレンジがイマイチ好きじゃありませんが、それ以外はまさに王道的なスワンプの音で、結構気に入ってます。

Leon Russell (P,Org)
Spooner Oldham (P)
Booker T.Jones (P,Org,B)
Clarence White (G)
Marc Beno (G)
Stephen Stills (G)
Bobby Womack (G)
Ry Cooder (G)
Donald Duck Dunn (B)
Chris Ethridge (B)
Jim Keltner (D)
Graham Nash (Cho)


1. That Man Is My Weakness
2. Second Story Window
3. Crazy Love
4. Happy Song
5. Seven Bridges Road
6. Born Under A Bad Sign
7. Ain't That Peculiar
8. (I Always Called Them) Mountains
9. Mud Island
10. I Believe In You


購入日:2/19
購入場所:ディスクユニオンお茶の水駅前店
購入金額:¥2,100
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-02-26 22:38 | SOUTHERN / SWAMP
b0079504_20295085.jpg


ジャニス・イアンというと、TVドラマ「グッドバイ・ママ」の主題歌となり日本でも大ヒットした「恋は盲目」や角川映画「復活の日」の主題歌「ユー・アー・ラブ」のイメージが強く、SSWというよりは日本の歌謡曲に近い情緒的な楽曲を歌う歌手といった印象で、僕の中ではバーブラ・ストライザンドのようなポピュラーヴォーカリストって認識でした。

2004年に彼女のオリジナルアルバムが紙ジャケリリースされたこともあって、いずれちゃんと聴いてみたいなと思ってたんですよね。当初は彼女の代表曲「17歳の頃 」が収録されている75年のグラミー受賞作「愛の回想録」を購入しようかと思っていたんですが、店頭でこの77年リリースの「奇跡の街」を見つけ、2003年にリリースされたリマスター盤だったこともあって、購入してみました。TVドラマ「岸辺のアルバム」に使われ、これまた日本で大ヒットした「ウィル・ユー・ダンス」も収録されてますしね。

正直なところ、大して期待もせずになんとなく購入した作品なんですが、最近では一番のヘビーローテーションになってるほど気に入ってるアルバムです。以前の作品に関しては未聴なんで比較できませんが、固定メンバーによるバンドサウンドをバックにしたタイトな音が印象的です。77年という時期もあるのか、バックの演奏はクロスオーバーテイストの軽快なサウンドになってます。とはいっても、SSW的な暗さの感じる③⑨、しっとりしたバラードの⑤、ピアノの伴奏に導かれる代表曲⑧、曲の半ばから変拍子のプログレッシヴな展開になる⑪などもあって、曲ごとに色々な表情を感じることの出来るアルバムです。


1. Party Lights
2. I Want To Make You Love Me
3. Sunset Of Your Life
4. Take To The Sky
5. Candlelight
6. Let Me Be Lonely
7. Slow Dance Romance
8. Will You Dance
9. I'll Cry Tonight
10. Miracle Row
11. Maria
12. Will You Dance (Live)


購入日:2/19
購入場所:ディスクユニオンお茶の水駅前店
購入金額:¥840
備考:輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-02-25 20:30 | SSW
b0079504_9351181.jpg


サイケデリックなブルースロックな音で、マディのキャリアの中でも異色作としてあまり評判のよろしくない68年リリースの「エレクトリック・マッド」。1月末にマディのチェス時代のアルバムが紙ジャケリリースされ、未聴のこのアルバムを購入しようかと思ったんですが、紙ジャケ的には面白みのないデザインだったので、価格の安い輸入盤を購入することにしました。

で、聴いてみましたがこれは最高にカッコイイです!お馴染みの①②⑤やストーンズの③が、見事にブルースロックに変身してますね。後にマイルスのバンドに加入し「アガルタ」「パンゲア」でもギターを弾いているピート・コージーが凄くて、フィル・アップチャーチの存在感を消してしまうくらいに全曲で弾きまくってます。ファズをかけたギターやチャールズ・ステップニーのオルガンなどが醸し出すサイケな雰囲気は、ブルース好きには邪道に感じるのかもしれませんが、ブルースロックとして聴けば、60年代後半の時代を感じさせる良質な作品だと思います。
b0079504_9423444.jpg

裏ジャケのマディの強烈な写真です。
ブックレットの中面には、リーゼントにするためにパーマをかけ、髪をカットするマディの写真があって、プロ根性を感じながらも、何だか笑ってしまいます。普通でいいのに・・・


Muddy Waters (Vocal)
Pete Cosey (Guitar)
Phil Upchurch (Guitar)
Roland Faulkner (Guitar)
Charls Stepney (Organ)
Louis Satterfield (Bass)
Morris Jennings (Drums)
Gene Berge (Sax)


1. I Just Want To Make Love To You
2. I'm Your Hoochie Coochie Man
3. Let's Spend The Night Together
4. She's Alright
5. Mannish Boy
6. Herbert Harper's Free Press News
7. Tom Cat
8. The Same Thing





で、合わせて購入したのが、これも企画色の強い「THE MUDDY WATERS WOODSTOCK ALBUM」 最新リマスターの紙ジャケは2500円ですが、95年リマスターながらこの輸入盤なら900円ですからね。
b0079504_9363011.jpg


ウッドストックのベアズヴィルスタジオで、レヴォン・ヘルム、ガースハドソン、ポール・バターフィールドなどの現地ミュージシャンとともに制作された75年の作品。ブルースというよりはスワンプロックに近い感じの音で、リラックスした雰囲気が音にも感じられますね。ガース・ハドソンのアコーディオンやバターフィールドのハープもあって優しい温かみのある音です。


Muddy Waters (Vocal,Guitar)
Pinetop Perkins (Piano)
Bob Margolin (Guiter)
Paul Butterfield (Harp)
Garth Hadson (Organ,Accordion,Sax)
Levon Helm (Drums,Bass)
Fred Carter (Bass,Guitar)
Howard Johnson (Sax)


1. Why Are People Like That?
2. Going Down To Main Street
3. Born With Nothing
4. Caldonia
5. Funny Sounds
6. Love, Deep As The Ocean
7. Let The Good Times Roll
8. Kansas City
9. Fox Squirrel (Bonus)



購入日:2/2
購入場所:HMV通販
購入金額:¥1,292(Electric Mud) ¥898 (Woodstock Album)
備考:輸入盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2007-02-24 09:37 | PSYCHE/GARAGE
b0079504_22454859.jpg


ミニー・リパートンといえば、誰もが聴いたことがあるだろう「ラヴィン・ユー」があまりにも有名ですよね。アルバムに関しても、この大名曲が収録されている「パーフェクト・エンジェル」やベスト盤「永遠の詩」だけ所有してる人も多いんじゃないでしょうか。
かくいう私も「パーフェクト・エンジェル」しか聴いたことがなかったんですけど。

今日紹介するのはミニー・リパートンがバンド「ロータリー・コネクション」に在籍してる70年にリリースしたファーストアルバム。このアルバムの存在は知らなかったんですが、先日店頭でこのアルバムの紙ジャケを見かけ、なんとなく気になり、安めの輸入リマスター盤を購入することにしました。

セカンドアルバム「パーフェクト・エンジェル」以降では、メロウかつファンキーでグルーヴィーなサウンドを聴かせてくれた彼女ですが、このアルバムの音楽性はちょっと違っていて、オーケストラとコーラスがかなりフューチャーされたもので、楽曲もソウル/R&Bテイストをあまり感じさせないものが多いかな。マディ・ウォータースの「エレクトリック・マッド」や、後にアース、ウィンド&ファイヤーを手掛けて名を上げるチャールズ・ステップニーが全曲の制作とプロデュース、アレンジを手掛けており、彼のカラーが深く反映されたのか、どことなくサイケデリックで実験的な雰囲気が漂います。

①は文句なしに名曲だと思いますし、個々の楽曲のクオリティも高く素晴らしいんですが、アルバムを通して聴くとなると、大仰なストリングスやコーラスがちょっと疲れちゃいますね。エピック以降のミニーのアルバムの雰囲気が好きな方にはちょっとつらいかも知れませんが、彼女のハイトーンヴォイスはこのアルバムでも健在で、素晴らしいですよ。


1. Les Fleur
2. Completeness
3. Come To My Garden
4. Memory Band
5. Rainy Day In Centerville
6. Close Your Eyes And Remember
7. Oh, By The Way
8. Expecting
9. Only When I'm Dreaming
10. Whenever, Wherever


購入日:2/2
購入場所:HMV通販
購入金額:¥1,567
備考:輸入盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2007-02-22 22:44 | SOUL/FUNK
b0079504_23295042.jpg


ジャズの名門レーベル「ブルーノート」が始めて契約した女性ジャズ/ソウルシンガー、マリーナ・ショウ。彼女と言えば何といっても75年の名作「WHO IS THIS BITCH,ANYWAY?」が有名ですが、本日紹介するのは、77年にCBS移籍第1弾として発表された「スウィート・ビギニングス」。

強烈な宇宙人ジャケの「WHO IS~」では、チャック・レイニー、デヴィッド・T・ウォーカー、ハーヴィー・メイソンなどの凄腕ミュージシャンをバックに、ジャジーな質感を残したソウルフルな内容でしたが、このアルバムではジャズ色が後退し、コンテンポラリーなソウル色が強くなってます。ジャケも落ち着いた風合いながら、どことなくエキゾチックでいい感じです。

ジェイ・グレイドン(G)、ジェイムス・ギャドソン(Dr)らによるバックの演奏もタイトで、アップテンポな①⑤ではダンサンブルに、キャロルキング作の②ではジャジーにといったような堅実なバックアップが聴けます。楽曲も親しみやすいものが多く、ブルーノート時代のマリーナ・ショウが好きな方には、ポップフィールドに寄りすぎで違和感を覚える人もいそうですが、構えることなくリラックスして聴けるアルバムで、僕はかなり好きですね。


1. Pictures And Memories
2. Yu-Ma ~ Go Away Little Boy
3. The Writing's On The Wall
4. Walk Softly
5. Sweet Beginnings
6. Look At Me,Look At You (We're Flying)
7. No Deposit,No Return
8. Johnny
9. I Think I'll Tell Him


購入日:2/4
購入場所:ディスクユニオン国立店
購入金額:¥860 (割引券400円分使用)
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-02-21 18:20 | SOUL/FUNK
b0079504_21324514.jpg


アルバート・グロスマン(ディランのマネージャー)が69年に設立したベアズヴィル・レコードの作品15タイトルが3/7紙ジャケリリースされますね。初紙ジャケとなるニコル・ウィリスや、ハングリー・チャックなど、僕も数タイトルを購入予定で、楽しみにしてます。

ベアズヴィル・レーベルからのリリースや、ベアズヴィル・スタジオで録音されたもの、またウッドストックを拠点に活動しているミュージシャンの参加作品や関連作を指して「ウッドストック系」と呼ぶことが多いんですが、その多くはルーツ色の濃い、泥臭くも素朴な味わいのある作品で、僕も「ザ・バンド」「ボビー・チャールズ」「ジョン・サイモン」などの代表的なアーティストはよく聴いてましたね。

60年代終わりから活動を開始したトム・パチェコとシャロン・アレキサンダーの恋人デュオ「「パチェコ&アレキサンダー」がジョン・サイモンのプロデュースで71年にリリースした本作も、ジョン・ホール(オーリアンズ)やグレイト・スペックルド・バードの面々が全面的にバックアップしていることもあって、ウッドストックの隠れた名盤、幻の名盤として、マニアの方には有名な作品だったみたいですね。

2001年に洋楽秘宝館シリーズ第1弾として世界初CD化された国内盤の中古を店頭で見かけ、聴いてみることにしましたが、さすが幻の名盤として語り継がれるだけの内容ですね。キラーチューンはないものの、トム・パチェコが作る楽曲は適度に泥臭く、ほどよくメロウでキャッチーなフォークテイスト溢れる作品で、クオリティはかなり高いです。トム・パチェコのちょっとヘロヘロした線の細い男性ヴォーカルと、シャロン・アレキサンダーの、透明感がありながら迫力のある凛とした女性ヴォーカルとの対比が面白いですね。

個人的にはシャロンの声はかなり好きなほうなので、もう少しフィーチャーしてくれてもよかったかな。結局このデュオはこの一作で公私ともにパートナーを解除し、シャロンは引退、トムは96年にウッドストックに戻ってくるまでは、アイルランドを拠点に活動していたそうです。強烈なインパクトはないものの良質な作品ですので、1枚で終わってしまったのはもったいないですね。


1. White River Junction
2. Anna Lee
3. Milwaukee
4. Morning
5. The Night The Ice Age Came To Mobile
6. Gather Your Chigren
7. Lost On A Stormy Day
8. White Buffalo
9. Please Take A Stand
10. Roll With The Flow
11. Since I Was Born
12. Turn Out Every Light


購入日:2/2
購入場所:ディスクユニオンお茶の水ロック館
購入金額:¥1,470
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-02-20 21:33 | 70s (70~72)
b0079504_20262366.jpg


僕が所有している「ネオ・アコースティック」といわれるジャンルのCDは2枚だけ。アズテック・カメラの1stと、本日紹介するペイル・ファウンテンズ84年のデビューアルバムです。中心人物のマイケル・ヘッドを中心に、アコースティックやギターポップ的な音をベースにバカラック的なサウンドや、ボサノヴァまで様々なエッセンスを取り込んだ80年代を代表する名盤です。

ペイル・ファウンテンズのこのアルバムを初めて聴いたのはもう15年近く前ですね。当時、この手の音にはたいして興味なかったんですが、友人にCDを借りて聴いてみて、早速に購入したのを覚えてます。アルバム本編も素晴らしい出来なんですが、なんといってもボーナスで収録されたメジャー(ヴァージン)からのデビューシングル「サンキュー」が素晴らしく、この1曲で大好きなバンドになりました。

手持ちの輸入盤CDがけっこうボロボロになってまして、昨年末にリリースされた紙ジャケのアナウンスがあった際には、絶対に買い換えようと思っていたんですが、ボートラなしの11曲収録ということで購入を断念。結局、99年に国内初CD化されたリマスター盤を最近、中古で購入しました。他のCDの場合、基本的にはボーナストラックってあまり重視してなく、オリジナルのフォーマットを重要視するんですが、80~90年代のUKのバンドって、LP未収録のシングル曲に重要なものが多いんですよね。ペイルファウンテンズもそんなバンドで、前述の⑫はもちろん、⑮⑱などのシングル曲はやっぱりはずせませんね。

ちなみに、この99年リマスターCDですが、音質の向上はそれほどのもんではないです。マスターの問題で限界があるのかもしれませんが、2006年リマスターの紙ジャケも音質向上が気になるところです。

余談ですが、このアルバムのジャケットに関して、カメラマンが撮影直後に被写体の兵士に射殺されたと聞いてたんですが、この兵士が射殺されたとの話もあるようですね。どっちが本当かわかりませんが、なんとなく考えさせられてしまう写真です。


1. Reach
2. (There's Always)Something On My Mind
3. Unless
4. Southbound Excursion
5. Natural
6. Faithful Pillow(Pt.1)
7. (Don't Let Your Love)Start A War
8. Beyond Friday's Field
9. Abergele Next Time
10. Crazier
11. Faithful Pillow(Pt.2)

(Bonus)
12. Thank You
13. Meadow Of Love
14. (There's Always)Something On My Mind (Remix)
15. Palm Of My Hand
16. Unless (Extented Virsion)
17. (Don't Let Your Love)Start A War (Alt. Version)
18. Just A Girl
19. Palm Of My Mind (Instrumental)
20. Love Situation
21. (There's Always)Something On My Mind (Extented Virsion)


購入日:1/27
購入場所:ディスクユニオン新宿中古
購入金額:¥1,260
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-02-18 20:26 | 80s ROCK
年末年始を温泉宿で過ごす事が最近は多かったんですが、今年の正月はいろいろと事情があって自宅で迎えることとなりました。代わりといってはなんですが結婚記念日のお祝いも兼ねて休みをとって湯河原温泉に行ってきました。

金曜日ということもあって、たいした渋滞もなく昼過ぎには海岸沿いまでたどり着きました。天気がよかったこともありましたが、海はいいですね。仕事のことも忘れ爽やかな気分になります。
b0079504_21423947.jpg


続きはこちら
[PR]
by shintan_shintan | 2007-02-17 22:13 | 旅行/食べ物
b0079504_2345535.jpg


スプーキー・トゥースの名は昔から知ってましたが、グレッグ・リドレーがハンブル・パイ加入以前に在籍してたグループくらいの知識しかなかったんですよね。昔からよく見かけたこのベスト盤が安く売られていて、購入してみることにしました。

音に関してはまったく前知識なく聴いてみたんですが、68~73年の間の楽曲が収録されているこのベスト盤は、正直なところ何がやりたいのかわからないくらいバラエティに飛んでますね。というよりは散漫といった感じです。基本的にはツインオルガンとツインヴォーカルによるヘヴィ・ロックといった感じですが、曲によってサイケだったり、ハードロックだったり、フォーキーだったりポップだったり・・・ 各々の曲はなかなか良いんですけどね。

ちなみにこのバンド、メンバーの入れ替わりも激しく今回収録されてる13曲に関わったメンバーは延べ13人。グレッグ・リドレーも69年のセカンドアルバムまでしか参加してなく、後期には後にフォリナーを結成するミック・ジョーンズも参加してました。メンバーも流動的だし、なんか捉えどころのないバンドだなぁと思いながら、ネットで検索していたらとあるブログにこんな事が書いてありました。

このベスト・アルバムは「最悪」です。このアルバムのおかげで、いたずらに寄せ集めの中途半端なイメージを与えてしまって、バンド本来の魅力を正しく伝えていない。スプーキー・トゥースのアルバムは曲順や構成などがかなり練られてて、アルバムトータルとして聴いてこそ、クオリティや楽曲が際立ってくる。各アルバムから1~2曲取り出しても魅力が伝わらない。

要約するとこういった内容なんですが、なるほど!って感じですね。というわけで、機会があればオリジナルアルバムも聴いてみたいです。

1. Tobacco Road
2. Better by You, Better Than Me
3. It's All About A Roundabout
4. Waitin' For The Wind
5. Last Puff
6. Evil Woman
7. That Was Only Yesterday
8. I Am The Walrus
9. Self Seeking Man
10. All Sewn Up
11. Times Have Changed
12. As Long As The World Keeps Turning
13. The Weight


購入日:1/27
購入場所:ディスクユニオン新宿中古
購入金額:¥504
備考:国内盤 帯なし 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-02-15 23:05 | 60s ROCK