<   2008年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧


b0079504_2236876.jpg

今日からまたしばらくは和モノが続くかな。
で、本日は、名古屋を中心に活動していたセンチメンタル・シティ・ロマンスが75年にリリースしたデビュー作。

日本語による情感溢れる詞と、西海岸風なサウンドが上手くマッチした作品で、中野督夫と告井延隆の2本のギターコンビネーションがかっこよく、バンドを引っ張ってる感じですね。特に①②⑥なんかはオーリアンズ(こちらは東海岸のバンドですが)を思い起こす独特のファンキーさがあります。

カントリータッチな③、フォーキーな④⑤⑦といった日本語の美しさを感じられるスローナンバーもいい感じだし、ジャジーな⑧やファンキーな⑪もお気に入り。洗練されたところと、カントリーやフォークといった趣のある感じがバランスよく配分されていて、日本語ロックの名盤の1枚ですね。

まだまだ書きたいことがあるんですが、お疲れのためこのへんで・・・ いずれ加筆するかも。


1. うちわもめ
2. うん,と僕は
3. あの娘の窓灯り
4. 庄内慕情
5. 篭時
6. 暖時
7. 恋人の季節 Part2
8. 小童
9. おかめひょっとこ
10. マイ・ウディ・カントリー
11. ロスアンジェルス大橋Uターン


購入日:7/16
購入場所: HMV通販
購入金額:¥1,222
備考:国内盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-07-29 22:42 | JAPANESE

b0079504_1141455.jpg

U2の初期3枚のリマスター盤がリリースされましたね~
1CDの通常盤もリリースされてますが、シングルB面曲やバージョン違い、ライブテイクなども収録した2CDのデラックスエディションをゲットしてきました。

本日紹介するのは、81年にリリースされたセカンドアルバム「オクトーバー」。82年の次作「WAR」でブレイクを果たす彼らですが、このアルバム大好きなんですよね。特に1曲目の「グロリア」はU2オールタイムで好きな曲ベスト5に入るくらいです。

b0079504_1143561.jpg

1CDの通常盤はジュエルケースになってますが、デラックス盤は結構豪華な装丁になってまして、厚手のスリップケースから中身を取り出すと、これまた厚手の表紙を施した冊子仕様の本体が登場。
紙製のポケットにダイレクトにCDが収められているのには閉口(すぐに傷がついちゃうでしょうが・・・)、36Pのカラーブックレットになっていてなかなか豪華な感じです。


(Disc 1)
1. Gloria
2. I Fall Down
3. I Threw A Brick Through A Window
4. Rejoice
5. Fire
6. Tomorrow
7. October
8. With A Shout
9. Stranger In A Strange Land
10. Scarlet
11. Is That All

(Disc 2)
1. Gloria (Live)
2. I Fall Down (Live)
3. I Threw A Brick Through A Window (Live)
4. Fire (Live)
5. October (Live)
6. With A Shout (BBC Session)
7. Scarlet (BBC Session)
8. I Threw A Brick Through A Window (BBC Session)
9. A Celebration
10. J. Swallo
11. Trash, Trampoline And The Party Girl
12. I Will Follow (Live)
13. The Ocean (Live)
14. The Cry/Electric Co. (Live)
15. 11 O'Clock Tick Tock (Live)
16. I Will Follow (Live)
17. Tomorrow (Common Ground Remix)






b0079504_1145832.jpg

もちろん、「WAR」もあわせて購入しましたよ~
ただ、ディスク2は同じ曲のバージョン違いばっかりで、なんかイマイチ・・・


(Disc 1)
1. Sunday Bloody Sunday
2. Seconds
3. New Year's Day
4. Like A Song...
5. Drowning Man
6. The Refugee
7. Two Hearts Beat As One
8. Red Light
9. Surrender
10. "40"

(Disc 2)
1. Endless Deep
2. Angels Too Tied To The Ground
3. New Year's Day (7” Single Edit)
4. New Year's Day (USA Remix)
5. New Year's Day (Ferry Corsten Extended Vocal Mix)
6. New Year's Day (Ferry Corsten Vocal Radio Mix)
7. Two Hearts Beat As One (Long Mix)
8. Two Hearts Beat As One (USA Remix)
9. Two Hearts Beat As One (Club Version)
10. Treasure (Whatever Happened To Pete The Chop)
11. I Threw A Brick Through A Window / A Day Without Me (Live)
12. Fire (Live)



気になる音質ですが、2枚とも、昨年の「ヨシュア・トゥリー」リマスターと同じような印象でして、確かに良くはなってますが幾分おとなしめかなぁ・・・ 今の時代であればもっと音圧が欲しい気もしますし、もっとクリアに分離良なっていても良いような気がしますね。


購入日:7/26
購入場所: レコファン渋谷BEAM店
購入金額:各¥2,380
備考:輸入盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-07-27 11:05 | 80s ROCK
b0079504_22361621.jpg


最近は和モノの記事が続きましたので、久しぶりに洋楽のご紹介。
以前、soundbeatさんのドノヴァンの記事のコメントでおやぢさんchitlinさんがオススメしていて聴きたくなったのが、本日紹介する「HMSドノヴァン」。

71年に13枚目のアルバムとしてアナログ2枚組でリリースされたこのアルバム、どうやら彼の最高傑作との声もあるようですし、英国フォーク/トラッドとしても評価の高い作品なんですね。98年のリイシュー盤CDはすでに廃盤のようで、気長に探そうと思っていたところ、ブックオフで輸入盤中古を見かけ早速入手できました。

デビュー当時は「英国のディラン」と呼ばれるようなフォーキーなサウンドで、その後は「サンシャイン・スーパーマン」に代表されるサイケ/アシッドな音へと音楽的な変遷を遂げてきたドノヴァンですが、本作では童謡をモチーフにしたファンタジー/メルヘンチックな世界で、何曲かでドラム&ベースや他の楽器も入っているものの、基本的にはアコギ弾き語り。
10分以上にわたる①こそ、英語のわからない僕にとっては「なんじゃこりゃ!」と思ったものの、それ以降は聴き易くコンパクトな楽曲が並びます。⑥は日本人にも御馴染みな「キラキラ星」だったり、⑫も「オブラディ・オブラダ」風だったり・・・

とはいえ、全28曲はちょっと長いかな・・・ ストーリー展開のあるアルバム構成のようですが、輸入盤で対訳が無いため内容がよくわからないしね。とはいえ、フォーキーでドリーミーなアルバムの雰囲気は気に入ってまして、最近ではもっぱら就寝前の1枚となっております。


1. The Walrus And The Carpenter
2. Jabberwocky
3. The Seller Of Stars
4. Lost Time
5. The Little White Road
6. The Star
7. Coulter's Candy
8. The Road
9. Things To Wear
10. The Owl And The Pussycat
11. Homesickness
12. Fishes In Love
13. Mr. Wind
14. Wynken Blynken And Nod
15. Celia Of The Seals
16. The Pee Song
17. The Voyage Of The Moon
18. The Unicorn
19. Lord Of The Dance
20. Little Ben
21. Can Ye Dance
22. In An Old- Fashioned Picture Book
23. The Song Of Wandering Aengus
24. A Funny Man
25. Lord Of The Reedy River
26. Henry Martin
27. Queen Mab
28. La Moora


購入日:7/12
購入場所: ブックオフ立川幸店
購入金額:¥1,250
備考:輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-07-25 20:58 | FORK/TRAD
b0079504_12133740.jpg


初めて自分のステレオを所有したのは13の時。自作オーディオマニア(パーツを秋葉原で買ってきては基盤から作ってましたね・・・)の父親が出物のコンポを買ってきて、無理やりクラシックを聴かされていました。それでもそれなりに楽しんでしたんですが、クラスでクラシックについて語れる友人はほとんどいなく、やがて友人との会話に迎合するためポピュラー音楽の道へ・・・

流行歌や歌謡曲はまだしも、当時はロックというものにほとんど知識が無かったんですが、貯めたお年玉で初めて購入したレコードがが山下達郎のベスト盤。しばらくはそればっか聴いていたんですが、やっぱり飽きますよね。そこで友人に色んなレコードを借りたりテープに落としてもらったりしてたんですが、思いっきりはまったのが、さだまさしの82年のアルバム「夢の轍」。
これはほんとにテープが伸びるほど聴きましたね。その後、さだまさしのアルバムは全部揃えるほどになったんですが、なかでも「夢の轍」と79年の4枚目「夢供養」は今でもたまに聴くほど長い間の愛聴盤となってます。

で、この2枚に次いで好きなさだ作品というと、77年のセカンドアルバム「風見鶏」。
これはCDで所有してなかったんですが、なんか無性に聴きたくなりリマスター盤を購入しちゃいました。

サイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」での弦の音に感銘を受け、ジミー・ハスケルと共演すべくLAで録音された本作。
ジミー・ハスケルが⑤⑦⑨の3曲でアレンジを、①②④⑥でストリングスアレンジ手掛けていることでも当時は注目されたようですね。シングルヒットが収録されてないこともあって、ちょっとばかし地味な存在のアルバムではありますが、②③④⑥⑩といったコンサートではおなじみの名曲が収録されていますし、味わい深く素敵な作品です。


1. 最終案内
2. つゆのあとさき
3. 飛梅
4. きみのふるさと
5. 思い出はゆりかご
6. セロ弾きのゴーシュ
7. もうひとつの雨やどり
8. 吸殻の風景
9. 桃花源
10. 晩鐘
11. 雨やどり (Bonus)


購入日:7/16
購入場所: HMV通販
購入金額:¥1,680 (2割引)
備考:国内盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-07-24 12:13 | JAPANESE
b0079504_21114476.jpg


「はっぴいえんど」や「はちみつぱい」のようなアメリカンルーツっぽいサウンドのバンドがいないかと検索していて知ったのが葡萄畑というバンド。昨年リリースされたファーストアルバムの紙ジャケが未開封中古で安くなっていたこともあって入手してみました。

76年のセカンドアルバム「スローモーション」ではブリティッシュロック的なサウンドにシフトしているようですが、74年リリースのデビュー作である本作ではカントリーテイスト溢れるサウンドを聴かせてくれます。ギター、マンドリン、ベース、ドラム、キーボードによる5人編成のこのバンド、マンドリン奏者とドラマーの2人のヴォーカルによる掛け合いもあったり、バンドの構成などからもザ・バンドからの強い影響が感じられますね。

演奏もこなれているし、なかなか良いアルバムではあるんですが、ヴォーカルが弱いのと楽曲に決定打がないのが惜しいところですね。ミックスもバランスが悪い曲があったりしますし・・・ とはいえザ・バンドくりそつなアーシーなサウンドはなかなか気に入ってます。


1. ばら色の黄昏時
2. すこし慌て気味に
3. 昼間酒
4. 朝から不機嫌
5. そんな日の午後には
6. ブレイク・ダウン~葡萄畑の葡萄作り
7. 電信柱も泥だらけ
8. かねてから考えていたんだが
9. ぐるぐる
10. 夕飯は御仕舞


購入日:7/14
購入場所: ディスクユニオン新宿本店
購入金額:¥1,200 (定価2,000円)
備考:国内盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-07-21 21:12 | JAPANESE
久しぶりに音楽ネタ以外を。最近、気に入ってちょくちょく購入してるもののご紹介です。


まずは、「シャービック」¥126
b0079504_1845514.jpg


シャービック、なつかしいですよね。粉末を水で溶かして固めるやつで、今でもハウス食品で販売されてますが、子供の頃よく食べてましたね~
b0079504_18581344.jpg

で、これはそのシャービックを固めて売られてるものですが、製造販売は福岡のロイヤル食品ってところ。ほんと懐かしい味で美味しいんですが126円はちょっと高いかな~ 今度、ハウスの粉末を買ってきて自分で作ろうかな。ちなみに写真はイチゴ味ですが、個人的にはメロン味のほうが好きです。




で、続けて紹介するのはフリトレーの「激辛マニア ハバネロ味」¥124
b0079504_18451912.jpg

今でも週に1回はレトルトカレー「LEE 40倍」を食するほどの辛いもの好きなんで、この手のハバネロ系のお菓子も色々と買ってみましたがどれもたいした事ないんですよね。
ところがこれは凄い!まさに激辛です。国内のスナック菓子としては今までで一番辛いんじゃないでしょうか。激辛好きの僕でも4~5個まとめて食べると口の中がヒーヒーいってしまいますからね。お子さんは100%無理だと思います。
b0079504_18495684.jpg

色はそれほどでもありませんが、さすがハバネロ! 辛いけどビールにピッタリでございます。
[PR]
by shintan_shintan | 2008-07-21 18:50 | 旅行/食べ物

b0079504_19593265.jpg

独特な語り口調(トーキングブルース)のスタイルを取り入れ、日本のディランとも呼ばれている友部正人。本日紹介するのは、彼が73年にリリースした2枚目のアルバム「にんじん」でございます。

このアルバム、なんといってもジャケが凄いですよね~ 何でおじいさんなのか、ジャケ左下に書いてある「おでん 酒百円  焼酒八十円  ビール百八十円」もなんなのか良くわかりませんが、とにかくインパクトは大。
ということで、このアルバムの存在自体はだいぶ前から知ってたものの、なんとなく手を出しづらかったんですよね~ 今回ようやく聴くことにしましたが70年代初頭の時代を思いっきり感じさせてくれる作品ですね。

アルバムに収録されている10曲全てが、歌とアコギとハープのみの弾き語り。前述したトーキングブルーススタイルも③⑥と2曲収録されてますが、なんといっても出色なのは彼の代表曲である④「一本道」でしょう。
著作権の問題から歌詞を全部は記載できませんが、東京での孤独や寂しさについてせつせつと歌われる寂寥感溢れるこの曲は、時代を超えて胸に染み入ってきますね。


ふと後ろをふり返ると
そこには夕焼けがありました
本当に何年ぶりのこと
そこには夕焼けがありました
あれからどの位たったのか

僕は今阿佐ヶ谷の駅に立ち
電車を待っているところ
何もなかった事にしましょうと
今日も日が暮れました
ああ中央線よ空を飛んで
あの娘の胸に突き刺され



友部正人の歌は決して上手くはないんですが、なんか説得力が凄いです。「一本道」以外にも「乾杯」「にんじん」「夢のカリフォルニア」「君が欲しい」など、良曲揃いです。


1. ふーさん
2. ストライキ
3. 乾杯
4. 一本道
5. にんじん
6. トーキング自動車レースブルース
7. 長崎慕情
8. 西の空に陽が落ちて
9. 夢のカリフォルニア
10. 君が欲しい


購入日:7/13
購入場所: VANDAレコード所沢店
購入金額:¥1,785
備考:国内盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-07-20 19:59 | JAPANESE
b0079504_14585376.jpg


僕がこのブログで取り上げるもののほとんどが洋楽系。実際、所有している日本人アーティストのCDはそれほど多くないですし全体の1割にも満たないんですが、ここ最近はフォーキーな和モノばっかり聴いてます。仕事が忙しくお疲れ気味ということもあるのか、日本語によるメロディーは染み入ってきますし、落ち着くんですよね。はっぴいえんど、シオン、さだまさし、中島みゆきなどなど・・・

特にはちみつぱい「センチメンタル通り」は郷愁をそそられるメロディーや雰囲気と、ノスタルジックで美しい日本語の歌詞が織り成す和製ルーツロックぶりが素晴らしく、購入してから数え切れないほど聴いている大愛聴盤。
こんな名盤が他にもないものかと、最近は70年代日本のフォーク/ロックの名盤といわれるものを色々と聴き漁ってまして、今日からしばらくはそういった感じのエントリーになりそうです。

で、本日の記事は、はっぴいえんど結成前の細野晴臣、松本隆らとバンドを組んでいた小坂忠が細野との共同プロデュースで75年にリリースした「ほうろう」。本作収録の「しらけちまうぜ」は知ってたものの、彼のアルバムを聴くのは今回が初めて。もっとフォーキーな感じなのかと思ってましたが、帯に書いてあるように、まさにジャパニーズR&Bの原点ともいうべきサウンドですね。小坂忠の渋く抑制の効いたヴォーカルも素晴らしいですが、ティン・パン・アレイ一派の豪華なメンバーによる演奏がとにかく素晴らしいです。特に細野さんのベースのかっこ良さときたら・・・

ソウルフルでファンキーな①⑤は文句なしにかっこいいですし、それ以外にも吉田美奈子のコーラスもいい感じのゴスペルチックなソウルバラード②や、細野色の強い無国籍風な③、矢野顕子作の⑧などもいい感じなんですよね。もちろん、多くのカバーを生んだ代表曲⑥も大好きな1曲。

ソウルやファンクをベースにした都会的な洗練さと、日本的なフォーキーさが絶妙にミックスされ、高度なテクニックの演奏をも堪能できる作品で、これは70年代ジャパニーズロックを代表する1枚でしょう。


細野晴臣 (Bass)
林立夫 (Drums)
鈴木茂 (Guitar)
松任谷正隆 (Keyboard)
鈴木昌子(矢野顕子)(Keyboard)
吉田美奈子 (Back Ground Vocals)
山下達郎 (Back Ground Vocals)
大貫妙子 (Back Ground Vocals)


1. ほうろう
2. 機関車
3. ボン・ボヤージ波止場
4. 氷雨のスケッチ
5. ゆうがたラブ
6. しらけちまうぜ
7. 流星都市
8. つるべ糸
9. ふうらい坊


購入日:7/13
購入場所: VANDAレコード所沢店
購入金額:¥2,500
備考:国内盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-07-19 14:59 | JAPANESE
b0079504_22513861.jpg


そのハスキーなヴォーカルで、女マイケル・マクドナルドとも呼ばれているローレン・ウッド。本日紹介するのは彼女が79年にリリースしたソロデビューアルバム「恋のトライアングル」。
このアルバムと81年の次作「キャット・トリック」はAORファンに人気の高い盤ですよね。現在廃盤ということもあってプレ値で取引されており、なかなか手を出しづらかったんですがボーナス支給後ということもあって勢いで買っちゃいました。

もともと、73年に「チャンキー、ノヴィ&アーニー」という3人グループでデビューした彼女。リリースした2枚のアルバムで商業的な成功を収めることはできなかったようですが、ソングライティングとヴォーカル、キーボードを担当していたチャンキーことローレン・ウッドが徐々に注目を浴びる存在になり、ソロとしてリリースされたのが本作。
とはいえ、グループのメンバーであるノヴィやアーニーも参加していますし、裏ジャケに写真も掲載されてますから、グループの3枚目というニュアンスもあるのかもしれません。

「チャンキー、ノヴィ&アーニー」は未聴なんで、グループ時代からの音楽的変遷などは分かりませんが、今作はTOTO一派やジェイ・グレイドンなどの豪華メンバーが参加したAORテイスト豊かな作品に。演奏もさることながら、スモーキーな彼女の歌声が印象深く魅力的なんですが、正直なところ曲自体は平凡な感じがするかなぁ~ ②④あたりは結構好きですが、それ以外はあまり印象に残らないってのが正直なところです。悪くはないですが高値で購入しただけにちょっとね・・・


主な参加メンバー
Jay Graydon (G)
Steve Lukather (G)
Ronnie Montrose (G)
Fred Tackett (G)
Ernie (B)
Abraham Laboriel (B)
David Hungate (B)
Jeff Porcaro (Dr)
Jim Keltner (Dr)
Michael Baird(Dr)
Novi (Key,Viola)
Bill Payne (Key)

1. Please Don't Leave
2. Save The Man
3. Hollywood
4. Nothin' But A Heartach
5. Gotta Lotta
6. Where Did I Get These Tears
7. Dirty Work
8. Time Zone
9. Overload


購入日:7/10
購入場所: レコミンツ
購入金額:¥3,180
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-07-16 22:51 | AOR
b0079504_22182555.jpg


本日紹介するのは、アーティ・トラウムのプロデュース&ウッドストック・マウンテン・レヴューの面々が参加してることもあって、ウッドストック産の名盤として評価の高いドリス・アブラハムス76年の(たぶん)唯一作。

このアルバム、ドリス嬢のインパクトある顔写真のジャケもあって、以前から存在だけは知っていましたがなかなか手が出せずにいた1枚。いつのまにか店頭からも消え、中古でもあまり見かけることがなくなったんですが、気になってから数年、ようやく入手しました。

それほど期待をしていた訳ではなかったんですが、メロウでソウルフル、かつフォーキーでポップな内容はもう素晴らしいの一言。
グルーヴィーでソウルフルな①や、ヤングブラッズ(ジェシ・コリン・ヤング)のカバーでメロウなボッサ調の⑤といった、本作のリードトラックの素晴らしさはもちろんですが、オリエンタルな③、オールディーズ風のキャッチーなロックンロール④、フォーキーでカントリーテイストも感じる作風ながら、プロコルハルム「青い影」のような崇高な感じもする感動的な⑦、マリア・マルダーが演りそうなジャジーでオールドタイミーな⑨などなど良曲ばかり。
なかでも、彼女のちょっとうわずった感のあるヴォーカルが顔に似合わず(失礼!)キュートな、バラードの②⑥は個人的にこのアルバムのフェイバリットですね。

ちょっとローラ・ニーロを思い起こすソウルフルでキュートな彼女のヴォーカルは、若干線が細いものの素敵ですし、楽曲も捨て曲なしで五つ星をあげたくなるアルバムですね。ところがこのアルバム、音が異常に悪いです。
「音源元より届いたマスターの音質がやや強く劣化しています。ご了承下さい」との記載があるように、こもっていてノイズの多い音はもう最悪。最初に聴いた時はテープ起こしかと思ってしまいましたよ。というわけで、この音質のために星一つ減点です。


1. Dance The Night Away
2. Hurricane In My Heart
3. See Saw
4. I’ll Be Your Old Lady
5. Sunlight
6. Last Unicorn
7. Are My Thoughts With You
8. Ridin’
9. Let’s Do It
10. It’s About Time


購入日:7/10
購入場所: レコミンツ
購入金額:¥3,980
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-07-15 22:18 | 70s (73~76)