<   2008年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧


b0079504_14245824.jpg

昨日記事にしたトレイシー・ネルソンは好きな女性ヴォーカル5本指に入ると書きましたが、今日紹介するボニー・ブラムレットも同じくらいに好きな歌い手です。

デラニー&ボニー解散後の73年にリリースされた初ソロ「SWEET BONNIE BRAMLETT」は以前記事にしましたが、今日紹介するのは、カプリコーンレーベルに移籍して発表された2枚のアルバム、74年の「IT'S TIME」と76年の「LADY'S CHOICE」の2in1CD。


b0079504_16252194.jpg

                  IT'S TIME (74年)

「SWEET~」ではアヴェレイジ・ホワイト・バンドやリトル・フィートのメンバーがバックを担当していましたが、この作品(CDの①~⑩)でバックを担うのは、グレッグ・オールマン(オルガン)、チャック・リーヴェル(ピアノ)、ブッチ・トラックス、ジェイモー(ともにコンガ)といったオールマン・ブラザース・バンドの面子に、カウボーイのスコット・ボイヤーとトミータルトン(ともにギター)、グレッグ・オールマン・バンドのケニー・ティボット(ベース)、後にディッキー・ベイツとグレイトサザンを結成するジェリー・トンプソン(ドラム)といった当時のカプリコーンオールスターと言ってもおかしくない豪華な面々。

さらにマッスルショールズのエディ・ヒントン(ギター)、セッションドラマーのビッグ・ビル・スチュワートが加わったそのサウンドは、ファンキーでソウルフルでブルージーで素晴らしいの一言。デラニー&ボニーの延長線上のようなイメージだった前作とは異なり、ソロシンガーとしてのボニーの個性が確立されたスワンプロックの王道かつ大傑作ではないでしょうか。



b0079504_162523.jpg

                LADY'S CHOICE (76年)

前作から2年後にリリースされたこのアルバム(CDの⑪以降)では、ベリー・ベケット(ピアノ、オルガン)、デヴィッド・フッド(ベース)、ロジャー・ホーキンス(ドラム)のマッスルショールズの3人にトミー・タルトン(ギター)、マッスルショールズ・ホーンズがベーシックメンバー。
⑱ではチャック・リーヴェルがピアノ、ディッキー・ベッツがギターでゲスト参加。グレッグ・オールマンも⑪でオルガンを披露していて、これまた南部好きにはたまらないメンバーです。

基本的には「IT'S TIME」と大きくサウンドを変えてはいないんですが、ジェームス・ブラウン、アイザック・へイズ、サム・クック、スモーキー・ロビンソン、グラディス・ナイト、ディランといった大物の有名曲カバーが印象的で、泥臭ささやパワフルさは前作より若干落ちたかな・・・という気もしますが、それでもクオリティーは充分高い良い作品です。


1. Your Kind Of Kindness
2. Atlanta, Georgia
3. It's Time
4. Cover Me
5. Higher & Higher
6. Where You Come From
7. Cowboys And Indians
8. (Your Love Has Brought Me from A) Mighty Long Way
9. Since I Met You Baby
10. Oncoming Traffic

11. Think (About It)
12. Hold On I'm Coming
13. You Send Me
14. Never Gonna Give You Up
15. Let's Go Get Stoned
16. Two Steps From The Blues
17. If I Were Your Woman
18. Ain't That Loving You Baby
19. You Really Got A Hold On Me
20. Let's Go, Let's Go, Let's Go
21. Forever Young


購入日:8/10
購入場所: ディスクユニオン国立駅前店
購入金額:¥1,134
備考:輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-08-31 14:25 | SOUTHERN / SWAMP
b0079504_16232419.jpg


好きな女性ヴォーカリストは数多いですが、5本指に間違いなく入るのが今日紹介するトレイシー・ネルソン。ソウルフルな歌声がたまりません。

彼女って、てっきりマザーアースのメンバーとして68年にデヴューしたものとばかり思ってたんですが、マザーアース加入前の65年と68年にソロアルバムをリリースしたたんですね。最近知りました。
で、75年にリリースされたこのアルバムは60年代のものも含めると4枚目になるソロアルバム(マザーアース名義のものも含めると通算11枚目)。

マザーアースの作品やソロでも一貫してR&B、カントリー、ブルース、ゴスペルなどのルーツに根ざしたアーシーな作品をリリースしてきた彼女ですが、このアルバムでも基本的にはその路線はかわらないものの、アルバムタイトルからも想像できるように、よりサザンソウル・ゴスペル色が強くなってますね。バック陣もソウル系セッションミュージシャンの猛者絶達が起用されてます。

ジェームス・ジェマーソンの後任としてモータウンを支えたボブ・バビット。MG'sとともにスタックスのハウスバンドとして活躍した新生バーケイズのドラマーで、後にブルース・ブラザース・バンドでも活躍したウィリー・ホール。メンフィスのアメリカン・サウンド・スタジオのセッションミュージシャンとして多くの作品に参加し、プレスリーとも共演したレジー・ヤング。70年代半ばのスタッフでの活動が有名リチャード・ティー。そしてマッスル・ショールズ・ホーンズといった面々によるサウンドはまさにソウルミュージックで、トレイシー・ネルソンの滋味溢れるヴォーカルを好サポートしてます。

いやぁ、良いアルバムだな~彼女の作品になかでも1、2位を争うくらい好きかも・・・


TRACY NELSON (Vocal)
RON CORNELIUS (Guitar)
REGGIE YOUNG (Guitar)
BOB BABBIT (Bass)
WILLIE HALL (Drums)
RICHARD TEE (Piano, Organ)
LEON PENDERVIS (Piano, Organ)


1. Sweet Soul Music
2. Looking For A Sign
3. Joabim
4. Nothing I Can't Handle
5. Baby I Found Out
6. Lies
7. Same Old Blues
8. We Just Can't Make It Anymore
9. I'll Be Your Baby Tonight
10. Going To Tennessee


購入日:8/10
購入場所: ディスクユニオン国立駅前店
購入金額:¥1,050
備考:輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-08-30 16:23 | SOUTHERN / SWAMP
b0079504_2236939.jpg


先日、久しぶりに行ったブックオフで見つけたのが今日紹介する、イギリスの3人組カフェ・ジャックスが77年にリリースしたセカンドアルバム「ラウンド・ザ・バック」。ソニーの洋楽秘宝館シリーズで2001年にリリースされた(初CD化ではないようですが)アルバムですね。

彼らの名前こそ知っていたものの、どういった音なのか知らなかったですし、帯に記載してある「モダン・ポップ」「アート・スクール・ポップ」なるジャンルも未知な世界。モダン・ポップと言うとホール&オーツっぽいのかと思っちゃったたりもしましたが、10ccやXTCのようなちょっとニューウェーブっぽく、ちょっとひねくれた感のあるブリティッシュポップなんじゃないかと勝手にアタリをつけ購入。

で、聴いてみましたが、そんな勝手な想像は半分当たって、半分ハズレって感じ。聴いた第一印象は、凝った音作りとアレンジがスティーリー・ダンって感じ。スティーリー・ダン・フォロワーのファー・クライのようなAORっぽい感じも・・・
とはいえ、10ccのような一ひねり加えた英国的なポップさも充分感じるし、クールで冷めた雰囲気のヴォーカルもカッコイイしで、なかなか個性的なサウンドです。

AORやブルーアイドソウルをベースとしながらも、プログレ的な展開の曲もあったり、アコーディオンやフィドルなどの音色が隠し味に使われていたり、リトル・フィートっぽい⑦やスティクス風の⑥、オリエンタルな雰囲気の曲もあったりで、文字にするとなんかしっちゃかめっちゃかな感じもしますが、その多様性がこのバンドの魅力なのかな・・・ 
アルバムを通して聴くと不思議と統一感はあるし、聴いていくうちにどんどんハマっていく感じのサウンドですね。いいですよ~


1. Meaningless
2. Ain't No Love In The Heart Of The City
3. Sands Of Singapore
4. Farewell, My Lovely
5. Eberehtel
6. Dark Eyed Johnny
7. Sandra's A Phonie
8. None Of Your Business
9. Crime Passionelle
10. Lifeline


購入日:8/24
購入場所: ブックオフ花小金井店
購入金額:¥500
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-08-29 22:36 | 70s (77~79)
b0079504_2281391.jpg


エイティーズものの紙ジャケって、あまり人気がなさそうですが、今日紹介するパワーステーションはジャケもかっこいいし、既存のリマスター音源を流用してるとはいえ、旧規格盤しか所有してない僕的には何気に楽しみにしていた1枚。

デュラン・デュランのジョン・テイラー(ベース)とアンディ・テイラー(ギター)が、ローバート・パーマー(ヴォーカル)、シックのトニー・トンプソン(ドラムス)と結成したこのプロジェクトが85年にリリースしたこのアルバム、同じくシックのバーナード・エドワーズがプロデュースしたこともあって、デュラン・デュランよりもファンキーでパワフルなサウンドになってますね。リリース当時、大ヒットしたシングルの①「Some Like It Hot」があまりにもかっこよくて、すぐにレコード屋に走ったことを覚えてます。

正直なところ①が図抜けている感じで、それ以外はけっこう霞がちかな。評判の良いT-Rexのカバー⑤も普通って感じだし・・・ あっ、アイズレー・ブラザースのカバー⑦はかっちょいいですよ。このユニットが後の大ブレイクのきっかけともなったロバート・パーマーのヴォーカルは独特な色気があっていい感じだし、トニー・トンプソンのドラムも文句なし。ジャケもカッコイイし聴いて損はないアルバムです。


      THE POWER STATION  「SOME LIKE IT HOT」


1. Some Like It Hot
2. Murderess
3. Lonely Tonight
4. Communication
5. Get It On (Bang A Gong)
6. Go To Zero
7. Harvest For The World
8. Still In Your Heart

(Bonus)
9. Someday, Somehow, Someone's Gotta Pay
10. The Heat Is On
11. Communication (Long Remix)
12. Get It On (Bang a Gong) (7")
13. Some Like It Hot and the Heat Is On
14. Communication (Remix)
15. Some Like It Hot (7")


購入日:8/26
購入場所: レコファン渋谷BEAM店
購入金額:ポイント300円分使用したので¥2,300
備考:国内盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-08-27 22:08 | 80s ROCK
b0079504_23212582.jpg


先週末も雨、昨日も雨、今日も雨、明日もたぶん雨・・・ 
まだ8月だというのに、もう夏は終わってしまったんじゃないかと思う今日この頃ですが、本日紹介するのはどことなく夏っぽさを感じる1枚。ニール・セダカのカバー「愛ある限り」のNo1ヒットで知られる夫婦デュオ、キャプテン&テニールが75年にリリースしたデビューアルバムです。

60年代後半からビーチボーイズのツアーでキーボード奏者として活動していたキャプテンことダリル・ドラゴンと、エルトン・ジョンのアルバムなどでのコーラス参加や、同じくビーチボーイズのツアーでもピアノ&コーラスで参加していたトニー・テニール嬢が意気投合。
74年に自主制作したシングル③がローカルヒットとなり、めでたくA&Mと契約に至って制作されたのがこの作品。アルバムリリースに前後して結婚に至ったようですが、前述したように1stシングルの①がNo1ヒットに。再録した2ndシングルの③も全米4位となり、その後もヒットを連発し、地味な存在ながらも70年代のA&Mを代表するポップグループでしょう。

とはいえ、彼らに関しては「愛ある限り」くらいしか知らなくて、このアルバムも明るくポップなナンバー揃いなのかと思いきや、ポップでアップテンポなのは①とキャプテン作のお遊び的なインスト⑨くらいなもので、あとはテニール嬢の素晴らしいヴォーカルが堪能できるスロー~ミディアム調の雰囲気あるバラード系が中心になってます。

トニー・テニール作の③⑤⑦⑧⑩(⑤⑦⑧はキャプテンとの共作)でのソングライティング能力も素晴らしいものがありますが、注目は4曲収録されたビーチボーイズ関連のカバーかな。
②は「サーフズ・アップ」に収録されたブルース・ジョンストンの超名曲、④はデニス・ウィルソンとキャプテンの共作による「カール・アンド・ザ・パッションズ」のラストナンバー、⑥はご存知「ペットサウンド」の大名曲、そして後にバニー・マニロウが大ヒットさせたブルース・ジョンストンの⑪。どれも原曲のイメージを損なわずに、それでいてテニールの歌唱力を生かして見事なカバーになってます。特に⑪はバニー・マニロウやブルース・ジョンストン自身のバージョンよりも好きかも・・・

DARYL DRAGON (Produced, Arranged, Bass, Piano, Keyboards etc)
TONI TENNILLE (Vocal, Piano)
HAL BRAIN (Drums)
DENNIS DRAGON (Drums on ②)
ED GREEN (Drums on ④)


1. Love Will Keep Us Together
2. Disney Girls
3. The Way I Want To Touch You
4. Cuddle Up
5. Good Songs
6. God Only Knows
7. Honey Come Love Me
8. Feel Like A Man
9. Broddy Bounce
10. Gentle Stranger
11. I Write The Songs


購入日:8/20
購入場所: ブックオフ代々木駅北口店
購入金額:¥950
備考:国内盤 帯なし 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-08-26 23:21 | 70s (73~76)

昨日行った近所のブックオフで「1,000円以下のCD全て半額」セールをおこなってまして、何枚か購入しました。結構良い買い物ができたかな。


b0079504_0194597.jpg

NICKY HOPKINS 「THE TIN MAN WAS A DREAMER」 475円

ストーンズ、ザ・フーとのセッションや、ジェフ・ベック・グループ、クイックシルバー・メッセージ・サーヴィスでの活動で知られる鍵盤奏者ニッキー・ホプキンスが73年にリリースしたソロアルバム「夢見る人」。

このアルバム、以前所有してたんですが、手放してしまっていて再入手となりました。彼のピアノがメインなサウンドではありますが、インストものからピアノ弾き語り、SSW的な雰囲気のものまでの多彩な内容はかなり秀逸ですね。





b0079504_0201849.jpg

CAN 「FUTURE DAYS」 (紙ジャケ) 475円

帯なしではありますが2005年にリリースされたカンの「フューチャー・デイズ」(73年)の紙ジャケを安くゲット。

以前、レンタルして聴いた感想をちょこっとした記事にしたんですが、このアルバムは相当にカッコイイですよ。日本人ヴォーカリスト、ダモ鈴木の歌声も雰囲気あるし、アンビエントな雰囲気がたまりません。




b0079504_0212341.jpg

ART BLAKEY’S JAZZ MESSENGERS 「UGETSU」 (紙ジャケ) 250円

ジャズの紙ジャケも格安で入手できました。

ジャズロックやフュージョンは好きですが、正統的なジャズってあまり聴いたことないんですよね。マイルスとコルトレーンを何枚かくらいしか所有してません。

これは63年のNYでのライブを収録した作品で、アルバムタイトルともなった②「UGETU」は「雨月」のことでしょうね。63年1月の来日公演の思い出から作られた曲だそうです。




b0079504_0214848.jpg

POISON 「LOOK WHAT THE CAT DRAGGED IN」 250円

アメリカのハードロックンロールバンド、ポイズンが86年にリリースしたデビュー作「ポイズン・ダメージ」。

当時はNWOBHMにご執心だったんで、化粧を施したグラム風のルックスがちゃらくて大嫌いでしたが、アルバムは意外と気に入ってました。耳馴染みのよいキャッチーなロックンロールが中心で今聴いても楽しめます。バラード「I Won’t Forget You」は名曲ですな~




b0079504_022723.jpg

HUMAN LEAGUE 「GREATEST HITS」 52円

「愛の残り火」「ファシネーション」など80年代を代表するのヒット曲をもつエレポップバンド、ヒューマン・リーグのベスト盤

エレクトリックABBAとも言われるように、ポップな楽曲満載です。ちなみに、このグループ、77年結成で79年にデビューしてることとか、6人組だということとかライナーを読むまで知りませんでした。てっきり80年代にでてきた3人組だと思ってました。

毎日聴き続けるのはちょっとツライですが、たまにこういったコンピューター系のサウンドを聴くと新鮮だったりします。
[PR]
by shintan_shintan | 2008-08-24 00:23 | 全般
b0079504_15113687.jpg


本日紹介するのは、ドイツ系アメリカ人の父と韓国系アメリカ人を母をもつシンガーソングライター、プリシラ・アーンが今年の6月にブルーノートよりリリースしたデビューアルバム。
夏休みにベトナムへ行った際、飛行機の座席前のモニター(ゲームができたり、映画が見れたりするやつ)で彼女のこのアルバムを聴くことができ一発で気に入ってしまい、帰国後に即効でゲットしちゃいました。

何かと比較されることの多いノラ・ジョーンズと同じくブルーノートからのリリースではありますが、ジャジーなところはほとんどなくて、アコースティックで温かみのある内容は、いつ聴いても癒されます~ 彼女の優しげで透明感あるヴォーカルも素敵だし、捨て曲なしのソングライティングも文句なし。個人的には今年のベスト10にランクインするくらいのお気に入りです。


               

b0079504_15115952.jpg

今月20日には日本盤もリリースされました。この別ジャケなかなか雰囲気ありますね~



で、彼女のことをネットで色々と調べていて知ったのが、プリシラ・アーンと同じくポスト・ノラジョーンズと言われているソーニャ・キッチェル。彼女の存在は全く知らなかったんですが、2005年、若干16歳の時にリリースされたデビューアルバムの国内盤中古を1050円で見かけたのでこれも買ってみました。
b0079504_15122392.jpg

    SONYA KITCHELL 「WORDS CAME BACK TO ME」 (2006年)



こちらも、フォークやR&Bなどから影響を受けたSSW的なサウンドの作品ですが、ジャズ色の強い曲も数曲あるし、エラ・フィッツジェラルド+ジョニ・ミッチェルとも形容される彼女の歌唱は圧倒的な存在感でめちゃくちゃ上手いです。これでまだ10代とは・・・ 9月には3年ぶりとなる2ndアルバムもリリースされるようなのでそちらも要チェックかな。


1. Dream
2. Wallflower
3. I Don't Think So
4. Masters In China
5. Leave The Light On
6. Red Cape
7. Astronaut
8. Lullaby
9. Find My Way Back Home
10. Opportunity To Cry
11. Good Day (Morning Song)


購入日:8/18
購入場所: レコファン高田馬場店
購入金額:¥1,380
備考:輸入盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2008-08-23 15:12 | SSW
b0079504_22151587.jpg


レココレの企画、ビートルズのメンバーソロ時代のランキングに乗じて僕もベスト10を記事にしたものの、普段よく聴くのはジョンとポールばっかり。ジョージのソロは「ALL THINGS MUST PASS」だけ、リンゴのソロは「RINGO」しか聴いたことがなく、特にジョージ・ハリスンの他のソロアルバムはいずれ手を出したいなと思っていた矢先にブックオフで見かけたのが、87年にリリースされたこのアルバム。

ジェフ・リンのプロデュースによる今作、80年代にはいってから低迷を続けていたジョージにとっての復活作(アルバムは全米8位、シングル⑪は全米1位)にして生前にリリースされた最後のオリジナルアルバム。また彼の最高傑作との声もあるようですね。リリースからちょっとたった88年頃には、僕のまわりでもこのアルバムを聴きまくっていた友人は多かったし、⑪はラジオやTVでよく流れていましたね。

で、聴いてみた感想ですが、最初はジェフ・リンによるオーバープロデュースばかりが気になってイマイチ。数回聴いて行くうちに楽曲の良さや地味ながらもツボを得たギタープレイなどが気になり、今では聴くほどに染み入ってくるお気に入りな1枚となりました。
ビートルズ時代や「オール・シングス~」のイメージで聴くと現代的なサウンドにとまどいますが、ビートルズ時代から共通するメロディーセンスも充分に感じられる作品です。オールディーズカバーのヒット曲⑪はこのアルバムではちょっと異質な感じかな・・・

エリック・クラプトン(G)、ジェフ・リン(G,B,Key)、エルトン・ジョン(P)、ゲイリー・ライト(P)、リンゴ・スター(Dr)、ジム・ケルトナー(Dr)、レイ・クーパー(Per)といったビッグネーム揃いのバック陣も素晴らしいですし、②④⑧といったメロウ路線に胸がしめつけられます。


1. Cloud 9
2. That's What It Takes
3. Fish On The Sand
4. Just For Today
5. This Is Love
6. When We Was Fab
7. Devil's Radio
8. Someplace Else
9. Wreck Of The Hesperus
10. Breath Away From Heaven
11. Got My Mind Set On You


購入日:8/11
購入場所: ブックオフ所沢プロペ通り店
購入金額:¥500
備考:輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-08-21 22:26 | 80s ROCK
b0079504_22534418.jpg


今日紹介するのは、フリートウッド・マックのキーボード&ヴォーカル&ソングライター、クリスティン・マクヴィーが84年にリリースした「恋のハート・ビート」。70年のファーストから14年ぶりにリリースした2枚目のソロアルバムです。

⑥「恋のハートビート」全米10位のヒットとなり、僕もこの曲で彼女を知ったんですが、英国ブルースロックバンド「チキン・シャック」のメンバーとしてデビューし、その後フリートウッド・マックのベーシスト、ジョン・マクヴィーと結婚しグループに加入といった彼女の経歴を知ったのはずいぶん後でした。

で、このアルバム、彼女のちょいハスキーで男勝りな雰囲気もするヴォーカルや、ポップなソングライティングが味わえる好盤ですね。80年代の作品ではありますが、「ファンタスティック・マック」「噂」といった70年代なかばの絶頂期マックサウンドと通じるところも多いですし、マックの同僚、リンジー・バッキンガムが③⑥⑩でギター、ミック・フリートウッドが⑤のドラムで参加しているほか、クラプトンが②のリードギター、スティーブ・ウィンウッドが④⑤⑥⑩のキーボードとして参加するなどゲストも豪華なアルバムになってます。


1. Love Will Show Us How
2. Challenge
3. So Excited
4. One In A Million
5. Ask Anybody
6. Got a Hold On Me
7. Who's Dreaming This Dream?
8. I'm The One
9. Keeping Secrets
10. Smile I Live For


購入日:8/10
購入場所: ディスクユニオン国立駅前店
購入金額:¥368
備考:輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-08-18 22:54 | 80s ROCK
13日からベトナムに行ってまして、今朝帰ってきました。

ベトナムに関してはほとんど知識がなくて、ベトナム戦争に伴う悲しくもネガなイメージが強く、食に関しては「生春巻き」「フォー」くらい、あとは女性が「アオザイ」という伝統着を着用してるくらいの乏しい知識で向かったんですが、なかなか楽しめました。


手漕ぎ船によるメコン川のクルーズや
b0079504_1538297.jpg




ベトナム戦争の激戦となったクチに残る、ゲリラ部隊の拠点となった地下トンネルなどは訪れてよかったですし、
b0079504_1534375.jpg

b0079504_15341830.jpg




ホーチミン市内では、車の何十倍もの数のバイクや、ほとんど交通ルールのないかのような無軌道寸前の凄まじい交通事情(信号無視、車線無視、割り込み、逆走も多々)などは、興味深かった・・・ というよりはちょっと怖かったです。
ちなみにベトナムではほとんど歩道の信号はありませんので、道路を渡るのはなかば強引に渡って、突っ込んでくる車やバイクを身体で止めるといった感じです。コツをつかまなきゃ完全に事故もんです。
b0079504_1537445.jpg




ベトナム雑貨やエステなどが女性には人気で、今回参加したツアーでも女性グループが多かったなぁ・・・ ただし、そんなもんに興味のない僕が楽しみにしていたのはベトナム料理。ほんと食べまくりましたし、飲みまくりました。

今回食べたものの一部はこちら
[PR]
by shintan_shintan | 2008-08-17 15:37 | 旅行/食べ物