<   2009年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧


b0079504_043235.jpg


今日紹介するのは、カプリコーンが78年にリリースしたライブコンピ盤「ライヴ!/キャプリコーン・オールスターズ」。日本では89年にCD化されたものの、その後再発されることなく現在は廃盤。本国では(たぶん)CD化すらされていないこのアルバムですが、ここでしか聴くことの出来ない音源が満載で気長に探していた1枚。2,625円というプレ値でしたが、あまり見かけないアルバムですからね~

アルバムは、ジョージア出身の7人組スティルウォーターのライブ音源でスタート。
このバンド、オリジナルアルバムはCD化されておらず、彼らの音源をCDで聴けるのはこの2曲だけじゃないかな・・・ 哀愁感あるメロディアスな①、トーキングモジュレーターが印象的なミドルテンポなブギの②、ともに76年のファーストアルバム「南部の切り札」からのナンバーなんですが、これがいい感じなんですよね。オリジナルアルバムがめちゃくちゃ聴きたくなりましたね。CD化を願います。

シーレヴェルの③は彼らのデビュー作「荒海」に収録されていたジャズ/フュージョン色の強いインストナンバー。ディキシー・ドレッグスの④も彼らの1st「FREE FALL」に収録されていたナンバーですね。この2曲もこのアルバムでしか聴けないのかな・・・

ボニー・ブラムレットの⑤はデラニー&ボニーのラストアルバムに収録されていたカーペンターズのナンバーで、76年11月のスコットランドでのライブ音源を収録。続くグラインダースウィッチもオリジナルは74年のファーストしかCD化されていないんで、他のアルバムのCD化が待たれるアーティスト。ここでの⑥は彼らのサードアルバムに収録されていた軽快なブギー調ロックンロール。

ディッキー・ベイツのライブ音源⑨も貴重ですね。初のソロアルバム「HIGHWAY CALL」リリース後のプロモーションツアー時の音源で、アルバム未収録のカントリーシンガー、ジミー・ロジャースのカバーとなっております。

それ以外、エルヴィン・ビショップの⑦はライブ盤「RAISIN' HELL」よりで、ウェット・ウィリーの⑧も78年のライブ盤「LEFT COAST LIVE」から。
グレッグ・オールマンの⑩も「THE GREGG ALLMAN TOUR」からで、最後はご存知、オールマンのフィルモア・イーストの1曲目「ステイツボロ・ブルース」。

個人的には、グレッグ・オールマンやオールマン・ブラザース・バンドなどの超定番はオミットして、もう少しレアな音源を多く収録してくれれば嬉しかったですが、それでもスティルウォーターやグラインダースウィッチなどは嬉しかったですし、サザンロック(というかカプリコーン)入門編としてもいいんじゃないでしょか。

b0079504_11182038.jpg

表ジャケだけだと何だかわかりませんが、見開くとこんな感じ。
ギターケースを抱え、ツアーバスに乗り込むディッキー・ベイツ風のサザンロッカーが写しだされておりまして、タイトルとなかなかマッチングしております。


1. Out On A Limb (STILLWATERS)
2. Mind Bender (STILLWATERS)
3. Grand Larceny (SEA LEVEL)
4. Refried Funky Chicken (DIXIE DREGGS)
5. Superstar (BONNIE BRAMLETT)
6. You’re So Fine (GRINDERSWITCH)
7. Travelin’ Shoes (ELVIN BISHOP)
8. Teaser (WET WILLIE)
9. No Hard Times (RICHARD BETTS)
10. Are We Loneley For Me Baby? (GREGG ALLMAN)
11. Statesboro Blues (THE ALLMAN BROTHERS BAND)
[PR]
by shintan_shintan | 2009-05-31 12:00 | SOUTHERN / SWAMP

b0079504_19381912.jpg


今日ご紹介するのは、スティービー・ワンダーのバックコーラス隊「ワンダーラブ」の一員として活動してたデニース・ウィリアムスが、EW&Fのモーリス・ホワイトのプロデュースにて76年にリリースしたデビューアルバム「私はデニース」。

僕らの世代的には、デニース・ウィリアムスというと84年に大ヒットサントラ「フットルース」からシングルカットされ全米1位の大ヒットとなった「レッツ・ヒア・イット・フォー・ザ・ボーイ」のイメージが強いんじゃないでしょうか。かくいう僕も彼女の曲はこれしか知らないんですが、ブックオフにてこのアルバムを200円で発見。帯のコピーでEW&Fが全面バックアップしていることを知り聴いてみることに。

「レッツ・ヒア・イット~」はあまり好きな曲じゃなかったし、このアルバムもほとんど期待してなかったんですが、聴いてみて目から鱗が・・・ これはほんとに素敵なアルバムですね~

アル・マッケイ(G)、ヴァーダイン・ホワイト(B)、マーカス・ホワイト(Dr)、フレディ・ホワイト(Dr)らのバックアップもあって、EW&Fに通じる洗練されたファンキーサウンドが満喫できますし、彼女のハイトーンまで楽々とこなすキュートなヴォーカルも魅力的。共作ながら全曲を手がけるソングライティング能力もかなり高いんじゃないでしょうか。
とにかく捨て曲なしのアルバムですが、ダンサンブルな①「愛がとっても大切」、多くのアーティストにカバーされ、近年ではフリーソウル的にも評価の高いメロウな⑤「フリー」がお気に入りかな。

で、200円でこんな素晴らしいアルバムを入手でき、ラッキーと喜んでましたが、安いだけあって盤面の傷も凄いことに・・・ 音質もイマイチだったこともあって、結局リマスター盤も購入しちゃいました。





1. It's Important To Me
2. That's What Friends Are For
3. How'd I Know That Love Would Slip Away
4. Cause You Love Me, Baby
5. Free
6. Watching Over
7. If You Don't Believe
[PR]
by shintan_shintan | 2009-05-30 19:38 | SOUL/FUNK

夏にかけてのリリースラッシュで取捨選択に悩むところですね・・・

レイ・ヴォーンの紙ジャケはスルー(ライヴ・アライヴは悩むところですが・・・)することにしましたが、ディランの紙ジャケは、結局ザ・バンドがらみの2タイトルほど購入しちゃいました。

b0079504_12495683.jpg


ディランがバイク事故を起こし、ウッドストックで療養中にザ・バンドの面々と録音したセッション集「地下室」。正式リリースとなったのは75年ですが、録音は67年のこのアルバム、家庭用のテレコで録音した音質の悪さに馴染めず、過去に2回ほどこのアルバムを購入してるんですがいずれも売却。今回の紙ジャケが3度目の正直となるのか・・・

正規リリースに際して色々と音質補正をしているとはおもいますが、所詮デモ用としての録音ですから、最新リマスターを施しても音質が劇的に向上することはないかな・・・ なんて思ってましたが、久しぶりに聴いたら、違和感なく聴けましたね。

60年代後半にはこの音源がブートで流通し、多くのミュージシャンに影響を与えたこのアルバム。ザ・バンドの1stに収録された「怒りの涙」「火の車」、バーズ「ロデオの恋人」収録の「ゴーイング・ノーホエア」のオリジナルも収録されてますし、それ以外にも多くのアーティストがカバーした楽曲ぞろい。サウンド的にはそれほど斬新だったり新鮮なところは感じないものの、ディラン史でも重要なアルバムなんじゃないでしょうか。


BOB DYLAN AND THE BAND 「THE BASEMENT TAPES」

(DISC 1)
1. Odds And Ends
2. Orange Juice Blues (Blues For Breakfast)
3. Million Dollar Bash
4. Yazoo Street Scandal
5. Goin' To Acapulco
6. Katie's Been Gone
7. and Behold!
8. Bessie Smith
9. Clothes Line Saga
10. Apple Suckling Tree
11. Please, Mrs. Henry
12. Tears Of Rage

(DISC 2)
1. Too Much Of Nothing
2. Yea! Heavy And A Bottle Of Bread
3. Ain't No More Cane
4. Crash On The Levee (Down In The Flood)
5. Ruben Remus
6. Tiny Montgomery
7. You Ain't Goin' Nowhere
8. Don't Ya Tell Henry
9. Nothing Was Delivered
10. Open The Door, Homer
11. Long Distance Operator
12. This Wheel's On Fire





b0079504_1250106.jpg


で、もう1枚はディランとザ・バンドが組んだ74年のスタジオアルバム「プラネット・ウェイブス」のリリースにともなって行われたツアーの模様を記録したライブ盤「偉大なる復活」

これも、以前所有してましたが、10数年ぶりの再入手。ほとんど記憶になかったんで、あらためてニュートラルに聴いてみましたが、これはいいですね~ 

ディスク1 ①~⑥とディスク2 ⑦~⑩がザ・バンドがバックにしたディラン。ディスク2の①~③はディランの弾き語りで、ディスク1 ⑦~⑪とディスク2 ④~⑥がザ・バンド単独ということで、バンドとディランががっぷリよつに組んだ内容は、有名曲も多く聴きやすいし、ザ・バンドの演奏も結構勢いがあります。


BOB DYLAN/THE BAND 「BEFORE THE FLOOD」

(DISC 1)
1. Most Likely You Go Your Way (And I'll Go Mine)
2. Lay Lady Lay
3. Rainy Day Women #12 & 35
4. Knockin' On Heaven's Door
5. It Ain't Me Babe
6. Ballad Of A Thin Man
7. Up On Cripple Creek
8. I Shall Be Released
9. Endless Highway
10. The Night They Drove Old Dixie Down
11. Stage Fright

(DISC 2)
1. Don't Think Twice, It's All Right
2. Just Like A Woman
3. It's Alright, Ma (I'm Only Bleeding)
4. Shape I'm In
5. When You Awake
6. THe Weight
7. All Along The Watchtower
8. Highway 61 Revisited
9. Like A Rolling Stone
10. Blowin' In The Wind
[PR]
by shintan_shintan | 2009-05-29 22:46 | 70s ROCK

b0079504_1023336.jpg


これも、前回記事にしたティム・ハーディンと一緒にブックオフで購入した1枚。
テレンス・ボイランが69年にリリースしたファーストアルバム「エイリアス・ブーナ」。これ、1200円で購入したんですが、ユニオンあたりだとちょこっとプレ値がついてたような・・・ 

このアルバム、当時ボイランとバンド「ブーナ・ボイラン」を組んでいたドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーが参加(当時彼らは大学生で、2人にとって初レコーディングだったそうです)していることで、熱心なスティーリー・ダンファンには有名なレアアルバムだったようですが、ここで聴けるサウンドはボブ・ディランからの影響を感じさせるアーシーでフォーキーなSSWもの。スティーリー・ダンの片鱗を感じたくて聴いた方には肩透かしかも知れませんが、アーシー&フォーキー好きにはかなり楽しめるアルバムです。 

アルバムはディランのカバーでスタート。メロディも曲調も原曲の面影を感じられない変貌振りですが、これが哀愁感漂うアーシーな絶品な出来。この1曲で勝負アリって感じでしょうか。それ以外もフォークあり、グッドタイミーあり、カントリーロックありでどれもなかなか。

③⑤⑨⑪とアコギ弾き語りが4曲あることもあってか、全体を通してけっこう地味な感じは否めませんが、彼のヴォーカルも哀感のあるいい感じだし、スティーリー・ダン云々はおいといても良いアルバムだと思います。


Terry Boylan (Vocal, Guitar)
Don Fagen (Piano, Organ)
Walter Becker (Bass,Guitar)
Herb Lovelle (Drums)
Jimmy Johnson (Drums)
Darius Davenport (Drums)


1. Subterranean Homesick Blues
2. Don't Blame It On Your Wife
3. This Old Town
4. Bring The Whole Family
5. Who Do You Think I Am
6. Glasses
7. Deep In The Middle
8. Hey Hanna
9. No Second Time
10. County Fair
11. Bare Road Of Sand
12. What A Way To Go
[PR]
by shintan_shintan | 2009-05-29 21:56 | SSW

b0079504_21155449.jpg


昨日は結構な収穫がありまして、ディランの紙ジャケを買いにいったついでにまわったお店で、けっこう前から探していたレア物を数点ゲット。すぐにでも記事にしたいところですが、ちょっと前にゲットしたものもけっこうあるんですよね~

というわけで、本日記事にするのは、ティム・ハーディンが70年に、CBS移籍後の第1弾としてリリースした5作目「スーザン・ムーアとダミオンの為の組曲」。先週くらいにブックオフで800円で購入した1枚です。

ティム・ハーディンは過去に「バード・オン・ワイアー」「ティム・ハーディン2」を取り上げていますが、正直なところそれほど大好きって感じでもないんですよね。だからこのアルバムも特に聴きたかったかというと、そういう訳ではないんですが、オフであんまり見かけないんでなんとなく・・・

で、このアルバム、タイトルからもわかるように、奥さんのスーザン・ムーアさんと息子のダミオン君に捧げた、非常にパーソナルなアルバム。自宅録音ということもあってか、サウンドも⑨以外はドラムレスの弾き語り中心のシンプルなサウンド。

奥さんへの恋心を語った①②ですが、これがなんか陰鬱な感じなんですよね。他にはフォーキーだったりドリーミーで温かい感じの曲もあるんですが、冒頭2曲のイメージが強烈過ぎて、アルバムトータルでも「内省的」「暗い」って印象。ちなみに彼の麻薬癖に愛想を尽かし、翌年には奥さんと息子は出て行ってしまうんですが、そんな破局への暗示でもあるのかな。ラブソング中心ですが、それを示唆するような歌詞も見受けられるし・・・

とはいえ、ディランにも影響を及ぼしたり、様々なアーティストによってカバーされたりで、彼のソングライターとしての能力は高いし、ヴォーカルも良い感じ。ただ、今作に限っていうと個人的には「眠りのお供」って感じでしょうか。


1. First Love Song
2. Everything Good Become More True 
3. Question Of Birth 
4. Once-Touched By Flame 
5. Last Sweet Momen 
6. Magician 
7. Loneliness She Knows 
8. Country, I'm Living In 
9. One, One, The Perfect Sum 
10. Susan 
[PR]
by shintan_shintan | 2009-05-27 20:35 | SSW

b0079504_18332537.jpg


前々から書いてますが、最近のブックオフ安棚はなかなかしょっぱいですよね~ 
250円CDはカズばっかりですが、それでも500円CDだとたまにめっけものと出会ったり・・・

先週ですが、車で20分ほどのブックオフで「950円以下のCD半額セール」を実施していて、そこで何枚かの500円CDをゲット。半額だから250円なんですが、今日紹介するのもそのうちの1枚。ポール・サイモンが75年にリリースした3枚目のソロアルバム「時の流れに」。

ポール・サイモンのソロはベスト盤しか聴いたことがなくて、今回初めてオリジナルアルバムを入手となったんですが、いいアルバムですね~ スティーブ・ガッド(Dr)やトニー・レヴィン(B)、ゴードン・エドワーズ(B)、リチャード・ティー(P)、ヒュー・マックラケン(G)を配したそのサウンドは洗練された都会的な雰囲気ながら、どこかもの悲しげで穏やかなトーン。

フェンダーローズの調べが印象的でどことなくジャジーな雰囲気のするバラードナンバーの表題曲①「時の流れに」、アート・ガーファンクルが参加しサイモン&ガーファンクルの復活となった②「マイ・リトル・タウン」と、アルバムのリードトラックが続き、ここでこのアルバムが名作であることを確信。ちなみにこの2曲だけマッスルショールズ録音ですが、雰囲気的には浮くことがなく南部録音でも都会的な雰囲気を醸し出しております。

④「恋人と別れる50の方法」はシングルカットされ、3週連続1位となった大ヒット曲。スティーブ・ガッドのドラムが印象的ですね。

紹介したこの3曲が印象的ですが、他にもバラエティに富んだ良曲揃いで、⑤⑦あたりもちょっと地味ながら良いんですよね~ 名盤のディスクガイドなどではよく取り上げられているし、彼のソロでは最高傑作との声もあるだけに、以前から一度聞いてみたいと思っていたアルバムでしたが、もっと早く聴いてれば良かったな~


1. Still Crazy After All These Years
2. My Little Town
3. I Do It for Your Love
4. 50 Ways To Leave Your Lover
5. Night Game
6. Gone At Last
7. Some Folks' Lives Roll Easy
8. Have A Good Time
9. You're Kind
10. Silent Eyes
[PR]
by shintan_shintan | 2009-05-24 18:33 | 70s (73~76)

b0079504_22121894.jpg


このあいだ、唐突に「スウィンギング・ロンドン」な音が聴きたくなりまして・・・
とはいえ、60年代の英国もの、モッズとかブリティッシュビートとかってあまり聴いたことがなくて、勉強の意味合いもあって入手したのがこのアルバム。

タイトルからわかるように、60年代のイギリスの女性シンガーものでして、パイレーベルからリリースされたシングルを中心としたコンピレーション盤。vol.10までリリースされている人気シリーズですが、今回入手した国内盤はvol.1とvol.4からチョイスした国内仕様のもので、ユニオンで帯なしを735円で入手。

イギリスということで、なんとなく、アンニュイだったりジャジーな雰囲気のものが多いのかと思いきや、アメリカンポップスとなんら代わりのない明るくポップでノリの良いパワフルな曲ぞろい。それでいて、ちょっとせつない胸キュンなメロディーも数多く、これはいいですね~


1. That's How It Goes (THE BREAKAWAYS)
2. We Were Lovers (When The Party Began) (SANDRA BARRY)
3. There He Goes (The Boy I Love) (ANTOINETTE)
4. He Knows I Love Him Too Much (GLO MACARI)
5. Song Without End (BARBARA RUSKIN)
6. Put Yourself In My Place (JAN PANTER)
7. So Much In Love (POLLY BROWN)
8. How Can I Hide It From My Heart (MAXINE DARREN)
9. Listen People (SARAH JANE)
10. Happy Faces (LORRAINE SILVER)
11. I Want You (JEANNE & THE BIG GUYS)
12. Come To Me (JULIE GRANT)
13. Dark Shadows And Empty Hallways (TAMMY St. JOHN)
14. He Doesn’t Love Me (THE BREAKAWAYS)
15. I’ve Found Love (SHARON TANDY)
16. Pay You Back With Interest (DANA GILLESPIE)
17. Thank Goodness For The Rain (PEANUT)
18. You Can Be Wrong About Boys (MALLY PAGE)
19. He’s The One For Me (TAMMY ST. JOHN)
20. Don’t You Know (MAXINE DARREN)
21. London Life (ANITA HARRIS)
22. Someone Has To Cry (Why Must I) (BARBARA KAY)
23. Untrue Unfaithful (That Was You) (NITA ROSSI)
24. You Can’t Take It Away (TAWNEY REED)
25. That Same Old Feeling (PICKETTYWITCH)
26. Darlin (THE PAPER DOLLS)
[PR]
by shintan_shintan | 2009-05-21 15:50 | COMPILATION

b0079504_2126298.jpg


ゲイリー・クーパーが70年にリリースした唯一作がFall OutよりめでたくCD化されましたね。

彼の素性や音楽性は良く知りませんでしたが、このアルバム「シュート・フォー・ザ・ムーン」はSSWものやウッドストック系の名盤としてディスクガイドなどでもよく取り上げられてることもあって、店頭で見かけ早速ゲット。

ベアズヴィル録音の本盤、とはいえ、ゆかりの著名なミュージシャンは参加しておらず、バックを担うのはヴァン・モリソンのウッドストック録音「His Band And The Street Choir」に参加していたバックバンドの面々。内容に関しても、ソウル/ゴスペルテイスト漂うものから、メロウなフォーキー調、軽快なロックンロールなど多彩かつ王道ではあるものの、参加メンバー同様になんかちょっと地味な感じなんですよね。

個々の楽曲のクオリティはなかなかですし、軽快なスワンプサウンドの①や、ピアノ弾き語りの⑥なんかはかなりいい感じではあるんですが、なんか決定打に欠ける感じが・・・ 

ちなみに、今回購入したのは輸入盤の国内仕様。とはいえ、解説はなくて帯がついてるだけでした(悲)


1. Better Get Up On The Mountain
2. Everybody's Love Song
3. Home Remedies
4. So Many Changes
5. Out Of The Garden
6. Shoot For The Moon
7. Jacob
8. Bobby Say Yes
9. Johnson's Pastures
10. Where's Jimmy
[PR]
by shintan_shintan | 2009-05-20 11:39 | SSW

b0079504_21492179.jpg


ヴァレリー・カーターが96年に、18年ぶりにリリースしたサードアルバムをブックオフで発見。

基本的には60~70年代に活躍したアーティストの近作や、90年代以降のSSW系ってあまり興味がなかったんですが、最近はその辺のハードルも徐々に下がっておりまして、ジャケもいい感じだったので聴いてみることに。

で、これがなかなかに良いアルバムなんですよね~
内容的には、AORテイストの強かった78年のセカンド「ワイルド・チャイルド」っぽいのかと思いきや、77年のファースト「愛はすぐそばに」のアーシーでソウルフルな感じに近いかな。
90年代の作品ということで、現代的な音づくりではありますが、演ってることや雰囲気は70年代を感じるところが多々ありますね。

EW&Fの③、ヴァン・モリソンの⑤、二―ル・ヤングの⑥、ビル・ウィザースの⑧、トム・ウェイツの⑫、トム・スノウ作の④⑨⑩と、カバー主体の内容ではありますが、①②⑦⑪といったオリジナルもなかなか。
特にジャクソン・ブラウン、ローウェル・ジョージ、ヴァレリー・カーターの共作による②は出色。「孤独なランナー」に収録されているジャクソン・ブラウンのバージョンも素敵ですが、個人的にはこのヴァレリーのバージョンに軍配が上がるかな。

彼女のキュートなヴォーカルも相変わらずだし、マーク・ゴールデンバーグのギターも良いプレイだし、ジャクソン・ブラウン、ジェイムス・テイラー、リンダ・ロンシュタット、フィービー・スノウなどの豪華なバックヴォーカルも聴きどころだしで、良いアルバムですよ!


1. The Way It Is
2. Love Needs A Heart
3. That’s The Way Of The World
4. Bleesing In Disguise (Bonus)
5. Into The Mystic
6. Birds
7. I Say Amen
8. Who Is She (And What Is She To You)
9. When The Blues Come To Call
10. I Wonder Why
11.Sea Of Stars
12. Whistle Down The Wind
[PR]
by shintan_shintan | 2009-05-19 21:49 | 90s~ROCK
一ヶ月くらい前から、突然エラーが発生してブラウザが落ちてしまうことが増えたんですが、それでもそれ以外は特に問題もなかったんですが、土曜の朝になったらまともに起動しなくなってまして・・・金曜の夜までは普通だったのに・・・

メールは問題ないし、ネットも立ち上がるんですがログインできないし、何よりもi TUNESが起動せず。
こりゃ、困ったということでPC DEPOの故障診断を受けるものの解消せず。初期化をすすめられたんですが、けっこう面倒そうだし、HDに問題がある可能性も高いということで、急遽PCを買い換えることにしました。5年近く使ってましたから寿命なのかなと・・・

で、新たに購入したのはNECのLaVie LL550SG。コジマの店頭展示品が約9.8万。それを値引き交渉で8.8万に・・・ さらにADSLから光回線に変更すると3万引きなんで、結局5.8万でゲットできました。それほど高スペックじゃないですが、僕にはこれで十分かな。
[PR]
by shintan_shintan | 2009-05-18 12:59 | 全般