<   2009年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧


今日は8月最後の日曜日。東京はあいにくの天気ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。もうじき夏も終わりですが、今年は夏っぽくなかったですね~ やっぱり夏は暑くないとね・・・

で、今日紹介するのは8月の上旬に夏っぽい爽やかなジャケに惹かれて購入し、なんだかんだでこの夏のへヴィーローテーションと化していた1枚。つい最近、セカンドアルバムがリリースされたコルビー・キャレイのファーストアルバム。

b0079504_9202378.jpg



2007年7月にリリース(国内盤は08年3月)され、シングルの④「バブリー」ともども大ヒットとなったこのアルバム、「バブリー」はFMなどで良く耳にしていましたし、ジャケが印象的なこのアルバムもけっこう気になってはいたんですが、結局買わずじまい。

というわけで、いつの間にか忘れかけておりましたが、先日、ブックオフの安棚にて500円で見かけて購入。「バブリー」のようなタイプの曲ばかりではないものの、アコースティック感豊かなSSW的な内容はなかなか素晴らしく、けっこう聴きまくっておりました。






カリフォルニアはマリブビーチ近くの出身ということもあってか、ジャック・ジョンソンに代表されるサーフロック的穏やかな雰囲気も感じられるし、ローリン・ヒルからの影響を公言しているだけに、R&B的なリズムのものの何曲か・・・
また、このアルバムでもプロデューサーとして名を連ねる彼女の父親、ケン・キャレイはフリートウッド・マックの「噂」「牙(タスク)」で共同プロデューサーを務めた人物。そのあたりもあってか、ほんのりと70年代の香りもしますね~


b0079504_1732265.jpg

b0079504_17325265.jpg

b0079504_17332441.jpg


というわけで、内容はもちろん良いんですが、実は彼女のルックスやナチュラルで健康的な雰囲気は音以上にお気に入りだったりします・・・


1. Oxygen
2. The Little Things
3. One Fine Wire
4. Bubbly
5. Feelings Show
6. Midnight Bottle
7. Realize
8. Battle
9. Tailor Made
10. Magic
11. Tied Down
12. Capri
13. Dream Colide (Bonus)
14. Circles (Bonus)
[PR]
by shintan_shintan | 2009-08-30 18:56 | 90s~ROCK

(前回より続く)

当初はファーストのみの予定だったカーペンターズ紙ジャケですが、豪華なオマケにつられて3rdも購入することに。で、この2枚だけでも予算的にはかなり厳しいんですが、もう1枚どうしても気になってしまうのが今日紹介するアルバム。

b0079504_1921332.jpg


b0079504_19215973.jpg


3度目の来日となった74年6月の大阪フェスティバル・ホールでの公演を記録した日本独自企画盤「ライブ・イン・ジャパン」。なんといっても初の紙ジャケ化だし、これは2009年最新リマスターですからね(ちなみに他タイトルは98年や96年のリマスターを流用)。

正直言って、カーペンターズのライブにスタジオ盤のような完璧なアンサンブルやハーモニーを求めるの厳しいだろうし、それほど期待をしていたわけではないんですが、これがなかなかにいい感じでバックの演奏も小気味良いし、ライブとはいえカレンのヴォーカルはほぼ完璧。いやはや上手いですね~

下の曲順を見ていただければわかるように、彼らの代表曲を惜しげもなく網羅した豪華なセットリスト。①②⑨といった名曲がメドレーに組み込まれているため短めなのが少々残念ではありますが・・・
とはいえ、このアルバムでしか聴けない、カレンが日本語で歌う「Sing」などもあって、満足度は高いです。


1. Superstar
2. Rainy Days And Mondays
3. Goodbye To Love
4. Top Of The World
5. Help
6. Mr. Guder
7. (They Long To Be) Close To You
8. Jambalaya (On The Bayou)
9. Yesterday Once More
10. Hurting Each Other
11. Little Honda
12. The End Of The World
13. Runaway
14. Da Doo Ron Ron
15. Leader Of The Pack
16. Johnny Angel
17. Book Of Love
18. Shuboom
19. Daddy's Home
20. Johnny B. Good
21. Sing
22. Sometimes
23. We've Only Just Begun
24. For All We Know
[PR]
by shintan_shintan | 2009-08-29 19:54 | 70s (73~76)

9月のビッグリイシューも近づき、予算繰りに悩まされる今日この頃ですが、25日もけっこうなタイトルがリリースされましたね。

ソニーからの80s紙ジャケも気になるところですが、今回は予算の都合でスルー。
カーペンターズは国内初盤を再現した仕様で、旧リマスター音源の流用は残念ですが待望の再紙ジャケ化。ビートルズ&シカゴがなければ全買いしていたかもしれませんが、とりあえずはデフジャケの付くファーストアルバムだけ購入することに・・・


で、こちらが69年にリリースされたファーストアルバム「TICKET TO RIDE」
b0079504_7571150.jpg



内容に関しては過去記事を参照いただくとして、今回の目玉はなんといっても「オファリング」ジャケでしょう~
b0079504_7574765.jpg


ご存知の方も多いと思いますが、このファーストアルバム、当初は「OFFERING」のタイトル&近所の公園で撮ったポートレイトのジャケでリリースされたんですが、シングル「涙の乗車券」のヒットをきっかけにリチャードの申し出でタイトル&ジャケが現行のものに変更。一説によると初回ジャケは数百枚程度しかプレスされてなかったようで、オリジナルLPは相当なレアだったようですね。

2003年にリリースされた35周年記念の紙ジャケボックスセットで、このオファリングジャケは復刻されてはいるんですが、今回バラ売りの特典として添付。これは嬉しい限りですね~






で、この1枚だけ購入のつもりが、お店で現物を見てどうぢてもほしくなっちゃったのが、71年リリースの3作目「CARPENTERS」
b0079504_873737.jpg


今回のリリースで、デフジャケが付くのは1st~4thの4枚。2nd「CLOSE TO YOU」のUS盤ジャケは国内初盤のWジャケをシングルジャケにしただけのようなのでパス。4th「A SONG FOR YOU」はジャケットじゃなくてペラのカードなためにパス。

で、このアルバム、日本盤ジャケもかなりゴージャスな仕様になっていて、見開きジャケの内側にブックレットやディスク収納袋、ポスターなどが貼り付けてあって冊子風に。
b0079504_811821.jpg



こちらは、お馴染みの封筒風特殊ジャケ。カーペンターズの3rdといえば、このジャケが標準デザインなんで、これがオマケっていうのは何だか不思議な感じがしますね。
b0079504_881442.jpg

b0079504_8122090.jpg


しかし、特殊ジャケ2種がセットになった、ゴージャスなこの仕様で2,800円とはコスパ高いですね。逆に、他のオマケなしシングルジャケのものも同じ2,800円というのはどうなんでしょう、高い気がしてしまいますが・・・

で、今回紹介したこの2枚だけにしようと思いきや、他にも気になるタイトルが・・・(続く)
[PR]
by shintan_shintan | 2009-08-28 01:00 | 70s ROCK

ボブ・ゲルドフの名前を初めて知ったのは、84年のエチオピア飢餓救済のためのチャリティプロジェクト「バンド・エイド」の提唱者として。

彼がアイルランドのブームタウン・ラッツというバンドのヴォーカルだという事もその時に知ったんですが、聞いたことのないバンドだったし、彼が凄いのか凄くないのかは当時中学生だった僕には良くわからず・・・
ただ、彼の呼びかけで有名ミュージシャンが勢揃いしているわけだし、ゲルドフがミッジ・ユーロと作ったチャリティソング「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス」は凄い良い曲だったしで、その後もな~んとなく気になってはおりました。

で、ブームタウン・ラッツの代表曲「哀愁のマンディ」を聴いたのはずいぶんとたってから。79年にカリフォルニア州サンディエゴで起きた16歳の少女による銃乱射事件を題材とし、犯行動機として少女が語った「月曜日が嫌いだったから」をタイトルにしたメッセージ色の強いこの曲は、一度聴いただけで印象に残る名曲ではあるものの、アルバムに触手を伸ばすまでにはいたらず・・・

今では、ミュージシャンとしてより、その後のUSAフォー・アフリカやライブエイド、一連のチャリティーブームの立役者としてのほうが有名なのかな・・・ 05年にはLIVE8を提唱しているし、06年にはノーベル平和賞にもノミネートされたり。





と、前置きが長くなってしまいましたが、昨日紹介したスクイーズ紙ジャケと同じく、ブックオフの250円コーナーでブームタウン・ラッツのリマスター盤(スリップケース付)を2枚発見!セール中ということでこちらも各105円でした。

b0079504_21314551.jpg

A TONIC FOR THE TROOPS (78年)

1. Like Clockwork
2. Blind Date
3. (I Never Loved) Eva Braun
4. Living In An Island
5. Don't Believe What You Read
6. She's So Modern
7. Me And Howard Hughes
8. Can't Stop
9. (Watch Out For) The Normal People
10. Rat Trap

11. Neon Heart (John Peel Radio Session)
12. Do The Rat (B-Side)
13. D.U.N. L.O.A.G.H.A.I.R.E (B-Side)
14. Rat Trap (Live In Stoke)

こちらは、78年リリースの2nd「A TONIC FOR THE TROOPS」。
彼らにとって初の全英No1となった⑩「Rat Trap」を含む出世作ですね。

77年の1stではけっこうパンキッシュなサウンドだったようですが、この2枚目ではパンク的な疾走感はあるものの、ニューウェーヴ的なところも多々感じる音作りで、結構モダンな感じでポップ度高いです。

「哀愁のマンディ」路線を期待すると、ガッカリするかと思いますが、これはこれでなかなか良いですね。




b0079504_2132324.jpg

MONDO BONGO (80年)

1. Straight Up
2. The Elephants Graveyard
3. This Is My Room
4. Another Piece Of Red
5. Hurt Hurts
6. Please Don't Go
7. Fall Down
8. Go Man Go!
9. Under Their Thumb Is Under My Thumb
10. Banana Republic
11. Whitehall 1212
12. Mood Mambo

13. Cheerio (Bonus)
14. Don't Talk To Me (B-Side)
15. Arnold Layne (Recorded For TV)
16. Another Piece Of Red (Live In Portsmouth)

で、「哀愁のマンディ」を含む79年の3rd「THE FINE ART OF SURFACING」で一気にブレイクした彼らが、次作として80年にリリースした4thがこの「MONDO BONGO」。

3rdは未聴なので、変遷はわかりませんが、この4枚目ではポップ&モダン度を強めながらも、かなりバラエティに富んだ音作りになっていますね。

2ndではまだ残っていたパンク色はかなり希薄なっていて、「哀愁の~」のようなバラードもあれば、コステロにそっくりなちょいソウルフルな曲もいくつか・・・ ちょいサイケっぽいものもあったかと思うと、レゲエやアフリカンなテイストのものもあったりですが、なんとなく統一感を感じますし、決して散漫な感じはしないかな。

これも、なかなか楽しめますね。
[PR]
by shintan_shintan | 2009-08-26 00:00 | 70s (77~79)

僕の紙ジャケ購入最安値の更新です。

スクイーズの3rd「アージーバージー」の紙ジャケをブックオフの安棚で発見!
250円でも驚きだったんですが、たまたま値引きセール中でして・・・・

b0079504_21231639.jpg


なんと、105円!


リマスタープラケは持ってはいますが、こりゃ買いでしょ! 
帯はありませんでしたが、盤面はなかなか良好でしたし、ラッキーでしたね~ 

それにしてもブックオフの値付けって・・・

ちなみに、素晴らしすぎる内容に関しては過去記事をご参照ください。








で、スクイーズをゲットするまでのディフェンディング・チャンピオンがこいつ↓

b0079504_21242799.jpg


フリートウッドマックのアメリカ編集盤、「英吉利の薔薇」の紙ジャケ

これもブックオフの500円棚で発見し、半額セールということで250円でゲットできた1枚。
ブルースロック時代の彼らはやっぱりいいですね~
[PR]
by shintan_shintan | 2009-08-24 21:29 | 80s ROCK

b0079504_21471878.jpg


今日は、ちょっと前にジャケ買いしてしまった1枚。

英国のソフトロック/ソフトサイケなグループ、ジ・エンドが69年にリリースした唯一作。
ビル・ワイマンがプロデュースし、チャーリー・ワッツやニッキー・ホプキンスが各1曲に参加。エンジニアにエルトン・ジョンなどの仕事で知られるガス・ダッジョン、グリン・ジョーンズなど、なかなかな面子がプロダクションに参加しているアルバム。 

60年代中頃からストーンズと交流があり、65年のシングルがスペインで大ヒットし拠点を移動。67年に帰国するとサイケデリックブーム全盛。時流に迎合する形でストーンズが「サタニック・マジェスティーズ」を録音している隣のスタジオでレコーディングを開始。

メンバーチェンジなどもあって、何度か手を入れたアルバムは68年の夏頃にはほぼ完成。ところが、諸問題が重なりリリースされたのは69年11月。その頃にはサイケブームも去っていて、ほとんど評価されず・・・ 

冒頭に書いたように、いかにも60sのB級バンドっぽいジャケに惹かれ、何の知識もなく購入したアルバムなんですが、内容はというと、これが相当にいいんですよね~
楽曲はどれも秀逸だし、ソフトなヴォーカル&ハーモニーと勢いの感じるバック(特にドラムは上手いね~)との対比もいい感じ。おじいさんの語り④⑫なんかもあってコンセプトアルバムのような雰囲気も感じます。

リリースされたタイミングの悪さもあってか、一般的にはあまり知られていないアルバムのようですが、これはソフトサイケの隠れ大名盤じゃないでしょうか。



1. Dreamworld
2. Under The Rainbow
3. Shades Of Orange
4. Bromley Common
5. Cardboard Watch
6. Introspection (Part One)
7. What Does It Feel Like ?
8. Linen Draper
9. Don't Take Me
10. Loving , Sacred Loving
11. She Said Yeah
12. Jacob's Bladder
13. Introspection (Part Two)

14. Shades Of Orange (Mono Single Version)
15. Loving, Sacred Loving (Mono Single Version)
[PR]
by shintan_shintan | 2009-08-23 09:14 | 60s ROCK

b0079504_854710.jpg


3ヶ月連続リリースとなる、筋肉少女帯のリマスター盤8タイトル。先月の1st「仏陀L」、2nd「SISTER STRAWBERRY」は即買いでしたが、昨日リリースになった3枚に関してはどれも好きなアルバムではあるものの、予算の兼ね合いから3rdの「猫のテブクロ」だけ購入。

「筋少らしさ」という点では1stと2ndに尽きると思いますが、三柴江戸蔵(ピアノ)が脱退して橘高文彦と本城聡章のギタリスト2名が加入し、HR色を強めたこのサードアルバム「猫のテブクロ」は一番好きな彼らのアルバムなんですよね~

20秒のオープニングインスト①、⑤は45秒の小曲なんで実質6曲入りのミニアルバムとしてリリースされたこのアルバム、バート・バカラック「CASINO ROYALE」のカバー⑥を除くオリジナルナンバー5曲がどれも素晴らしいんですよね!

②「これでいいのだ」はタイトル的にはふざけているし、「非常にキビシー」「そりゃないぜセニョール」「西から昇ったお日様が東へ沈む」など懐かしいワードの連発ではありますが、内容的には冤罪に陥った男の憤りと諦めを歌ったアップテンポでハードなナンバーで、僕のなかでは筋少ベスト3に入る超名曲。
また、⑤⑥と組曲風に展開される⑦も、カッティング&ハードという2本のギターや、歌詞、曲途中のナレーション、ショッキングな歌詞内容など彼らの持ち味が発揮された楽曲。

この2曲が入ってるだけで名盤間違いなしなんですが、スローナンバー④⑧も味わい深くて素晴らしい。彼らの出世曲で人気曲の「日本印度化計画」も収められておりますが(個人的にはまあまあって感じかな・・・)、このアルバムそれだけじゃないですよ~


1. 星と黒ネコ
2. これでいいのだ
3. 日本印度化計画
4. 星の夜のボート
5. Picnic at fire mountain
6. Go! Go! Go! Hiking Bus
7. 最期の遠足
8. 月とテブクロ
[PR]
by shintan_shintan | 2009-08-20 08:07 | JAPANESE

レンタルのTSUTAYAって、品揃えはお店によってまちまちですが、なかにはマニアックなものを取り扱ってる店舗もあるんですよね。僕がたまに足を向ける高田馬場のTSUTAYAも、レンタルCDの品揃えはけっこうなもんですし・・・

で、今日は夏休みの間にレンタルしてここ数日良く聴いているジャーマンプログレというか、エレクトロポップというか、テクノというか・・・ それ系のご紹介です。



b0079504_2132852.jpg














KRAFTWERK 「THE MAN MACHINE」 (78年)

1. Robots
2. Spacelab
3. Metropolis
4. Model
5. Neon Lights
6. Man-Machine

クラフトワークの7作目「人間解体」

クラフトワークは74年の「アウトバーン」しか聴いたことがないんですが、このアルバムはヴォーカルに比重が高まってか、かなりポップになっていて聴きやすいです。YMOにもかなり影響を与えてるんじゃないでしょうか。

追記:10月に主要アルバムがようやくリマスターリイシューされるようですね。国内では紙ジャケでいずれリリースされるんでしょうかね?




b0079504_21323326.jpg














NEU! 「NEU!」 (72年)

1. Hallogallo
2. Sonderangerbot
3. Weissensee
4. Im Glock
5. Negativland
6. Lieber Honig

初期クラフトワークのメンバーだったクラウス・ディンガー(ドラム)とミヒャエル・ローター(ギター)によるユニット「ノイ!」もずっと聴いてみたかったんですよね。

エイトビートのドラムが疾走感のある①や⑤は文句なくカッコイイですね! ただ、②④⑥はアンビエントでアヴァンギャルドで、ちょっとツライですが・・・







b0079504_2132526.jpg














MANUEL GOTTSCHING 「E2-E4」 (84年)

1. E2-E4

70年代に多くの後進に影響を与えたアシュ・ラ・テンペルのギタリスト、マニュエルゲッチングが84年にリリースしたソロアルバム「E2-E4」。

収録されてるのは58分にもおよぶ1曲のみ。それも最初から最後まで単調なテクノビート&2コードの反復で終始(汗) 30分過ぎからのジャジーでブルージーなギターは聴きごたえありですが、聞き流さずに通しで真剣に対峙するのには、まだまだ修行が足りないようです





b0079504_21375856.jpg














FAUST 「FAUST」 (71年)

1. Why Don't You Eat Carrots
2. Meadow Meal
3. Miss Fortune

前期した3枚は、テクノやエレポップ的なサウンドでありますが、最後の紹介するファウストのファーストアルバムは、思いっきり前衛的なプログレサウンドです。

ファズの効いたハードなギターが印象的なジャズロック+サイケって感じの音なんですが、そこに唐突なSEや摩訶不思議コーラス、語りなどなど・・・ コラージュやカットアウトを多用していてフリーキーですね~
何度か聴いておりますがよくわかりません(汗) それほど難解というわけではないんですけどね・・・
[PR]
by shintan_shintan | 2009-08-18 21:58 | 70s ROCK

8月もあと2週間ちょっと。 ここ数日は夏らしい天気でしたが、なんかすっきりしない日も多かったですね・・・

というわけで、去り行く夏を惜しみつつ、好きな夏ソングを邦楽から選んでみました。
明るく爽やか、能天気でハッピーな夏うたも良いんですが、セレクトしてみたらこんな感じに・・・



5位 夏が来て僕等 / 真島昌利 (89年)







4位 蜃気楼 / クリスタルキング (80年)







3位 夏の午後 / 大浦龍宇一 (96年)







2位 夏の日 / 森高千里 (94年)







1位 小麦色のマーメイド / 松田聖子 (82年)







次点 夏のクラクション / 稲垣潤一 (83年)







次々点 カブトムシ/aiko (99年)


[PR]
by shintan_shintan | 2009-08-16 19:38 | JAPANESE

ペンギン・カフェ・オーケストラの1stと2ndをブックオフ安棚にて発見。

名前は以前から知っていて、なんとなく興味のあったグループではありますが、なかなか聴く機会がなかっただけあってラッキーでした。

サイモン・ジェフズを中心としたこのユニットですが、弦楽器+ギター、曲によってピアノや各種民族楽器といった編成で、一風変わったサウンドを聴かせてくれます。

その音楽性を文字にするのは非常に難しいんですが、環境音楽とかヒーリングミュージック、サロンミュージックに属するのかな・・・とはいえ、クラシカルな響きもあったり、全般的には耳心地のよいポップミュージックだし・・・

まぁ、カテゴリーは置いといて、聴いていると落ち着く音楽であるのは間違いないです。


b0079504_2101861.jpg

「MUSIC FROM THE PENGUIN CAFE」 (76年)

1. Penguin Cafe Single
2. Zopf: From the Colonies
3. Zopf: In a Sydney Motel
4. Zopf: Surface Tension
5. Zopf: Milk
6. Zopf: Coronation
7. Zopf: Giles Farnaby's Dream
8. Zopf: Pigtail
9. Sound Of Someone You Love Who's Going Away
And It Doesn't Matter
10. Hugebaby
11. Chartered Flight








b0079504_2103392.jpg

「PENGUIN CAFE ORCHESTRA」 (81年)

1. Air A Danser
2. Yodel 1
3. Telephone And Rubber Band
4. Cutting Branches For A Temporary Shelter
5. Pythagoras's Trousers
6. Numbers 1 To 4
7. Yodel 2
8. Salty Bean Fumble
9. Paul's Dance
10. Ecstasy Of Dancing Fleas
11. Walk, Don't Run
12. Flux
13. Simon's Dream
14. Harmonic Necklace
15. Steady State





[PR]
by shintan_shintan | 2009-08-16 12:12 | 70s (73~76)