<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

前に記事でもちょっと触れましたが、引越しました。

もう40歳過ぎてますから、周りからは「家買ったの?」と必ず聞かれますが単なる転居なんですよね~
駅近だった以前と違い駅からはかなり歩くし、通勤時間も前とほとんど変わりませんが環境が変わるのは新鮮ですね。中央線沿線なので「高円寺」「三鷹」「吉祥寺」など色々と開拓しいくのが楽しみです。

まぁ、相変わらず仕事のほうはドタバタとしてるんで本格的な再開はいつになるかわかりませんが、が、それでもちょこちょことCDは届くし、ぼちぼちと中古漁りもしているって事で、今日はここ最近入手したブツの何枚かをご紹介しようと思います。


b0079504_21432431.jpg












PAUL McCARTNEY & WINGS 「BAND ON THE RUN」(DX EDITION)(1973年)

ご存知「バンド・オン・ザ・ラン」。僕が購入したのは2CD+DVDの国内盤。DVDはまだ観ていないんですが、CDのほうは最新リマスターで、93年リマスターの現行盤と比べれて格段に良い音になってますね~




b0079504_21444428.jpg












STEALERS WHEEL 「FERGUSILE PARK」 (1974年)

ビートルズ+CS&Nな英国バンド、スティーラーズ・ホイールの2nd
愛聴盤である73年の1stに比べれば若干分が悪いものの、それでもなかなかの内容じゃないでしょうか。ユニオン新宿中古にて640円でゲットです




b0079504_21502429.jpg












McKENDREE SPRING 「TRACKS」 (1973年)

アメリカのバンドながらも英国的な翳りや郷愁感を感じるフォーキーなルーツロックが素晴らしい1枚。これは4枚目になるのかな。あまり知られていないグループだと思いますが、これはオススメですよ!ユニオン新宿中古で740円也。




b0079504_21455478.jpg












BILL CHAMPLIN 「RUNAWAY」 (1981年)

長年、廃盤で高値がついていたビル・チャンプリンの2ndソロ。
今年リマスター紙ジャケがリリースされたんで、旧規格盤が安く放出されるのを狙っておりましたが、先日ユニオン吉祥寺で800円にて入手できました。
エアプレイ的な数曲は個人的には×ですが、メロウなバラード系やR&B色を感じる楽曲はいいですね~




b0079504_21464385.jpg











SPIRIT 「TWELVE DREAMS OF DR. SARDONICS」 (1970年)
EL&P 「PICTURES AT AN EXHIBITION」 (1971年)
ARLO GUTHRIE 「AMIGO」 (1976年)
GARLAND JEFFREYS 「ESCAPE ARTIST」 (1981年)
ALICE COOPER 「MASCARA & MONSTERS : THE BEST OF」 (2001年)

この5枚はユニオンお茶の水の「525円以下のCD全て100円セール」で入手。

@100ですからね~ ジェイ・ファーガソンが在籍していたスピリットや混血SSWのガーランド・ジェフリーズは前から聴いてみたかったし、アーロ・ガスリーの76年作もほとんど語られない作品ながらなかなか聴きどころのある1枚だったりで、良い買い物となりました。
[PR]
by shintan_shintan | 2010-11-26 22:14 | 全般

少々ネタ切れ気味・・・


仕事的には大きなプレゼンも控えていてバタバタ・・・


今週末は引越しなのに荷造りもあまり進まず・・・


というわけでしばらくお休みします。もろもろ整ったら再開かな。
[PR]
by shintan_shintan | 2010-11-19 11:08 | 全般

b0079504_22543855.jpg














1. Chica Boom
2. Don't Burn Me
3. (Shu-Doo-Pa-Poo-Poop) Love Being Your Fool
4. Showdown
5. Unlock Your Mind
6. Handwriting On The Wall
7. Mystery Train
8. Leave It All Up to You
9. I Want You to Dance
10. God Can


ステイプル・シンガーズがワーナー在籍時にステイプルズ名義でリリースした3枚のアルバム、Wounded BirdよりCD化されてたんですね!まったく知らなかったもので、店頭で見かけてビックリしちゃいましたよ~

ステイプル・シンガーズは大好きなグループでして、特にSTAXから72年にリリースした「BE ALTITUDE:RESPECT YOURSELF」は僕のなかでのNo.1ソウルアルバム。このアルバムがきっかけでマッスル録音ものにはまりましたからね~

で、店頭で見かけて即購入したのが78年リリースのワーナーでの最終作となる「UNLOCK YOUR MIND」。久しぶりのマッスル録音でバックはもちろんマッスル・ショールズ・リズムセクションの面々。これが「RESPECT YOURSELF」と遜色のないくらいの出来でして、どす黒くファンキーに決めた①で軽くノックアウト状態。カーティス・メイフィールドがバックアップしたカートム時代も悪くはないですが、やはりマッスル隊との相性は抜群ですね!

続く②もパンチのある独特な熱さを感じるナンバー。一転して③は軽快で爽快なナンバーで、④はELOの3rdに収録されていナンバーでもちろんジェフ・リンの作。これが意外とハマっていて見事なディスコ/ソウルなナンバーになっております。

タイトル曲⑤はステイプルズのNo.1ヒット「I'll Take You There」を思い起こすレゲエ超のナンバーでこれもなかなかの楽曲だし、プレスリーのカバーでも知られるジュニア・パーカーの⑦は意外な選曲ながらも、お父さんのポップ・ステイプルの味のあるヴォーカルが味わえます。
カリプソ調の陽気な⑨に続くのが今作で唯一のゴスペルナンバー⑩。元々ゴスペルグループとして出発してるだけに、ここでも慈悲あふれながらも迫力のあるクワイアを聴くことができますし、アルバムのラスト曲として締りますね~

いやぁ、いいアルバムです!これまた今年のナイスリイシューベスト20には入選当確かな。


YVONNE,MAVIS, CLEO & POP (The Staples)
PETE CARR (Lead Guitar)
JIMMY JOHNSON (Rhythm Guitar)
EDDIE HINTON (Rhythm Guitar)
DAVID HOOD (Bass)
ROGER HAWKINS (Drums)
MUSELE SHOALS HORNS (Horns)
TOM ROADY (Percussion)
JOHN NOSKI (Harmonica on⑦)

購入日:11/7
購入場所:ディスクユニオン新宿SOUL/BLUES館
購入金額:¥1,200
備考: 輸入盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2010-11-11 23:00 | SOUL/FUNK

b0079504_10133181.jpg














1. Prime Time
2. Let Me Go Home
3. One Good Reason
4. Since The Last Goodbye
5. Don't Answer Me
6. Dancing On A Highwire
7. You Don't Believe
8. Pipeline
9. Ammonia Avenue
 
10. Don't Answer Me (Early Rough Mix)
11. You Don't Believe (Demo)
12. Since The Last Goodbye (Chris Rainbow Vocal Overdubs)
13. Since The Last Goodbye (Eric Guide Vocal Rough Mix)
14. You Don't Believe (Instrumental Tribute To The Shadows)
15. Dancing On A Highwire/Spotlight (Work In Progress)
16. Ammonia Avenue Part 1 - (Eric Demo Vocal Rough Mix)
17. Ammonia Avenue (Orchestral Overdub)


アシスタント・エンジニアとしてビートルズ「ホワイトアルバム」「アビーロード」に携わり、何と言ってもピンク・フロイド「狂気」のエンジニアリングで大きな評価を得たアラン・パーソンズがエリック・ウルフソン(キーボード、ヴォーカル)と76年にスタートしたプロジェクト、アラン・パーソンズ・プロジェクト(以下APP)。

フィル・スペクター・サウンドな84年のヒット曲「Don't Answer Me」はリアルタイムでしたし、今でも好きな1曲ではあるものの、APPのアルバムって聴いたことがなかたんですよね~ 興味が無かった訳ではないんですがなんとなく手つかずでして・・・

で、本日はちょっと前に入手したAPPが84年リリースした7枚目「アンモニア・アベニュー」をご紹介。「Don't Answer Me」が収録されてるヒットアルバムですが、アマゾンで安く入手できました。

アラン・パーソンズがコンポーズ/プロデュース/エンジニアを手掛け、様々なミュージシャン(ゲストヴォーカル含む)を起用して制作するというスティーリー・ダン的なスタイル。初期はプログレっぽさを感じさせるサウンドだったようですが、徐々にポップなにシフトしていったとのこと。とはいえ、今作でも緻密なアレンジや曲調などはプログレ的な感じがするかな。

全体的には「Don't Answer Me」のイメージとは趣の違う、少々翳りのあるウェットな感じの英国らしいポップアルバム。前述した⑤以外にも④⑨といったバラードもいいですね~ コリン・ブランストーンやクリス・レインボウといったゲストヴォーカルもなかなかハマっていますね。


購入日:10/23
購入場所:amazon
購入金額:¥690
備考: 輸入盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2010-11-10 20:30 | 80s ROCK

b0079504_21191012.jpg













1. Jive Man
2. Straight Up
3. Julie I Love You
4. Fly
5. Miss Funky Fox
6. Thoughts Of You
7. I Love You! I Love You Completely
8. Rhapsody In Funk
9. M.F.B


ビクターの「SOUL WALKER」シリーズにはかなりお世話になりました。
一時期サザンソウル系にドップリと嵌ったのも、このシリーズでアン・ピーブルズ、オーティス・クレイ、シル・ジョンソン、ソウル・チルドレンなどを知った事が大きかったかも。

最近は熱心に聴くことも少なくなったソウル/ファンク系ですが、先日ブックオフ安棚にて見慣れたシリーズ帯を見かけて思わず購入してしまったのが、16~20歳の9名によるファンクバンド「EXIT 9」の唯一作。

リリース当初はほとんど売れなかったアルバムらしいですが、内容は素晴らしいです!
③⑥といったスロー/メロウな数曲でアクセントを付けておりますが、アルバム的にはファンク度数高め。特段な個性といったものは少ないかもしれませんが、なんといっても曲がいいですね。
それほどアクが強くないので聴きやすいし、大満足な1枚となりました。


購入日:10/29
購入場所:ブックオフ花小金井店
購入金額:¥500
備考: 国内盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2010-11-05 21:19 | SOUL/FUNK

元SPIRITのジェイ・ファーガソン(Vo,Key)を中心とした4人組ジョ・ジョ・ガン。
70年代にアサイラムレーベルから4枚のアルバムを残した彼らですが、ここ最近で彼らの1st~3rdをユニオンにて立て続けにゲット。どれも840円也。


b0079504_21151869.jpg













JO JO GUNNE (1972年)

1. Run Run Run
2. Shake That Fat
3. Babylon
4. I Make Love
5. Barstow Blue Eyes
6. 99 Days
7. Academy Award
8. Take It Easy
9. Flying Home




b0079504_211631.jpg













BITE DOWN HARD (1973年)

1. Ready Freddy
2. Roll Over Me
3. 60 Minutes To Go
4. Rock Around The Symbol
5. Broken Down Man
6. Special Situations
7. Take Me Down Easy
8. Wait A Lifetime
9. Rhoda





b0079504_21164280.jpg













JUMPIN' THE GUNNE (1973年)

1. I Wanna Love You
2. To The Island
3. Red Meat
4. Getaway
5. Before You Get Your Breakfast
6. At The Spa
7. Monkey Music
8. Couldn't Love You Better
9. High School Drool
10. Neon City
11. Turn The Boy Loose


アサイラムからのリリースが関係しているのか、ドゥービーなどに通じる爽やかさみたいなものもありますが、サウンドの基本はハードなギターフィーチャーしたブギー&ロックンロール。
泥臭さはあまり感じないものの、ブルースなどルーツミュージックからの影響を素直に感じるハードロックなサウンドで、これ聴くと元気出ますよ~
[PR]
by shintan_shintan | 2010-11-02 21:18 | 70s ROCK

b0079504_1853409.jpg














1. Those Were The Days (MARY HOPKIN)
2. Carolina In My Mind (JAMES TAYLOR)
3. Maybe Tomorrow (THE IVEYS)
4. Thingumybob (THE BLACK DYKE MILES BAND)
5. King Of Fuh (BRUTE FORCE)
6. Sour Milk Sea (JACKIE LOMAX)
7. Goodbye (MARY HOPKIN)
8. That's The Way God Planned It (BILLY PRESTON)
9. New Day (JACKIE LOMAX)
10. Golden Slumbers-Carry That Weight (TRASH)
11. Give Peace A Chance (HOT CHOCOLATE BAND)

12. Come And Get It (BADFINGER)
13. Ain't That Cute (DORIS TROY)
14. My Sweet Lord (BILLY PRESTON)
15. Try Some Buy Some (RONNIE SPECTOR)
16. Govinda (RADHA KRINSHANA TEMPLE)
17. We're On Our Way (CHRIS HODGE)
18. Saturday Nite Special (THE SUNDOWN PLAYBOYS)
19. God Save Us (BILL ELLIOT & THE ELASTIC OZ BAND)
20. Sweet Music (LON & DERREK VAN EATON)
21. Day After Day (BADFINGER)



「赤盤」「青盤」のリマスター再発、ジョンレノンの最新リマスター盤およびコンピ各種、またウィングス「バンド・オン・ザ・ラン」のDXエディションなどビートルズ関連のリイシューが続いておりますが、アップルレコードのビートルズ以外のタイトルもリマスター再発されましたね。

先週末に店頭で見かけ、何タイトルかは非常に興味のあるところでしたが、最近は音質向上具合が微妙なものも多いしね・・・ということで、まずは探りがてらに入手したのが、ビートルズのメンバーが演奏やプロデュースで関わったシングル曲を中心にセレクトされたこのベスト盤。

ドリス・トロイやジャッキー・ロマックスは大好きなアルバムだし、ビリー・プレストン、メリー・ホプキン、バッドフィンガー、ジェームス・テイラーあたりも馴染みがありますが、他は未聴のアーティストばっかり。どうやら初CD化となる音源もいくつか含んでいるようですし(ちなみに今回初CD化となったのは上記曲順の太文字7曲)色々とお勉強しょうかなとの思いもあっての購入でしたが、これがなかなか!

バッドフィンガーの前身アイヴィーズのデビュー曲③は胸キュンパワポバラードの名曲だし、ジョン・サイモンプロデュースによるブルート・フォースの⑤も米英が融合したアーシーな1曲。
初CD化となった楽曲では、レゲエ仕立てのカバー⑪やカントリー/ブルーグラス仕立てのオールドタイミーな⑱といった気楽に聴けるものから、ロニー・スペクター(元ロネッツ)のオーケストラをフィーチャーしたゴージャスなサウンドメイク(ジョージ・ハリスンとフィル・スペクターのプロデュース)のバラード⑮のように聴きごたえあるもの、ガレージサイケポップな⑰といった時代を感じさせるものと色々と楽しめます。

個人的にこのコンピでの一番の収穫はビル・エリオットの⑲、ロン&デレク・ヴァン・イートンの⑳といった2曲。
前者はジョン&ヨーコのコンポーズでフィル・スペクター/ジョン/ヨーコが共同プロデュースし、ジョン、リンゴ、スペクター、クラウス・フォアマンらプラスティック・オノ・バンドの面々がバックを担った71年のシングル曲。後にジョン自身もセルフカバーした彼らしいロックンロールナンバーで、軽快さと重厚さが同居したカッコイイ1曲。
72年にデビューした兄弟デュオのヒット曲である後者はフォーキーな味わいの美しいバラード。兄弟の作ではありますが、プロデュースを務めたジョージ・ハリスンのメロウなところがうまく作用してるんじゃないかな。  

で、最後は気になる音質。所有している旧盤と何曲か比較したところ、音量レベルはやや大人しいものの(それでも90年代のものとくらべればかなりアップ)、総じて迫力あふれる生々しい音になってる気がしますね。いわゆるアナログっぽいっていうんですかね・・・これはなかなか良い感じですよ!


購入日:10/29
購入場所:タワーレコード新宿店
購入金額:¥1,890
備考: 輸入盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2010-11-01 20:59 | COMPILATION