タグ:ブックオフ500円 ( 62 ) タグの人気記事


b0079504_1918164.jpg


本日2本目の記事は、ジャズフルート奏者のハービー・マンがアリフ・マーディンのプロデュースで71年にリリースした「プッシュ・プッシュ」。ロックファン的にはデュアン・オールマンが全面参加してることで有名なアルバムですね。
タイトル曲の①は、デュアン・オールマン「アンソロジーVol.2」で聴くことができますが、これがめちゃかっこいいジャズファンクチューン。アルバムもいずれ聴きたいと常々思っておりましたが、先日、ブックオフの安棚で見かけ500円で入手できました。これ、現在では廃盤のようですね~

ハービー・マンの他の作品は未聴なのでどうなのかわかりませんが、今作では下記クレジットを見ていただくとわかるように、デュアン以外にもコーネル・デュプリー、デヴィッド・スピノザ、チャック・レイニー、バーナード・パーディといった豪華メンバー、さらにはスタックスのダック・ダン&アル・ジャクソンも参加しているというファンキー度の高い内容に。

スローにカバーした②や⑥などではスピリチュアルな雰囲気もありますが、全体的にはジャズというよりソウル/ブルースを下敷きにしたような感じかな。バックの人選からもそういったところを狙っているんでしょうけど、これが大正解。
デュアンのギターが全面的に大活躍って訳ではないですが、随所で彼らしいソロは聴けますし、マーヴィン・ゲイ、アレサ・フランクリン、レイ・チャールズ、ブレッドなどのオリジナリティ溢れるカバーや、①③⑦⑧などのファンキーな演奏はほんとカッチョいいです!




Personal on ①②⑥
Herbie Mann (Flute, Alt Flute)
Duane Allman (Guitars)
Cornell Dupree (Guitars)
Gene Bianca (Harp on ②⑥)
Richard Tee (Piano, Electric Piano, Organ)
Chuck Rainey (Bass)
Bernerd Purdie (Drums)
Ralph McDonald (Percussion)

Personal on ③⑦⑧
Herbie Mann (Flute)
Duane Allman (Guitars)
David Spinoza (Guitars)
Richard Tee (Electric Piano)
Jerry Jemmott (Bass)
Bernerd Purdie (Drums)
Ralph McDonald (Percussion)

Personal on ④⑤
Herbie Mann (Flute)
Duane Allman (Guitars)
David Spinoza (Guitars)
Richard Tee (Piano, Electric Piano)
Donald “Duck” Dunn (Bass)
Al Jackson Jr. (Drums)
Ralph McDonald (Percussion)



1. Push Push
2. What's Going On
3. Spirit In The Dark
4. Man's Hope
5. If
6. Never Can Say Goodbye
7. What'd I Say
8. Funky Nassau (Bonus)
[PR]
by shintan_shintan | 2009-01-31 19:14 | JAZZ/FUSION
b0079504_1281382.jpg


明日は恒例(?)、今年のベスト10を記事にする予定なんで、これが今年最後に紹介するアルバムかな。フリートウッド・マックが75年にリリースした「ファンタスティック・マック」でございます。

リンジー・バッキンガムとスティービー・ニックスが加入し、いわゆる黄金期のラインナップとなっての初めてのアルバムで、マックにとって初の全米1位に。ご存知のように、77年の次作「噂」は31週連続1位という特大ヒットになりましたが、そんな快進撃の幕開けとなった作品ですね。

正直なところ、「噂」はそれほど好きじゃないんですよね・・・ マックの代表作であるばかりか、「ホテル・カリフォルニア」と並んで70年代を代表する作品のように言われておりますが、なんでこんなに売れたのかは未だに分かんないんですよ・・・「Second Hand News」とか「Go Your Own Way」とかは大好きなんですが、クリスティンやスティービーの曲は地味じゃないですか?

というわけで、このアルバムをブックオフで見つけたときも、それほど期待をしてた訳ではなかったんですが、聴いてみてビックリ、これはほんと最高!。
サウンドの基本は「噂」と同じで、リンジー、スティービー、クリスティンという個性ある3人のソングライターによる収録曲はバラエティ豊か。「噂」では3者の作り出す色が同居すると、とっちらかってるように感じちゃったんですが、今作では全体的に統一感があるし、なんといってもどの曲も良いんですよね~ ポップでキャッチーという点では「噂」以上。これが輸入盤とはいえ、リマスター盤で500円というのはラッキーな買い物でした。


リンジー・バッキンガムは①⑤で相変わらずポップでキャッチーな楽曲を提供。
クリスティン・マクヴィーはAOR風な②、ほのかにカントリーっぽい軽快な⑦、彼女のオルガンが主導するポップチューンの⑩でマックの洗練されたところを創出。
スティービー・ニックスは独特な憂いのある④や、⑥⑧などのバラードで落ち着いた雰囲気を。
また、加入後の初アルバムとは言え、リンジーはすでに大活躍で、クリスティンとの共作による⑨ではデルタ・ブルース風のナンバーや、泣きのギターをフィーチャーしたちょっと暗めながらもエモーショナルな本編ラストの⑪でも存在感を示しております。


1. Monday Morning
2. Warm Ways
3. Blue Letter
4. Rhiannon
5. Over My Head
6. Crystal
7. Say You Love Me
8. Landslide
9. World Turning
10. Sugar Daddy
11. I'm So Afraid

12. Jam #2  (Bonus)
13. Say You Love Me (Single Version)
14. Rhiannon (Single Version)
15. Over My Head (Single Version)
16. Blue Letter (Single Version)


購入日: 12/23
購入場所: ブックオフ花小金井店
購入金額: ¥500
備考: 輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-12-29 12:08 | 70s (73~76)

色々と買ったはいいけど、あまり聴きこめてません・・・
買い過ぎで聴取時間的にキャパオーバーってのはわかってるんですが、それでもCD購入やめられないんですよね(苦笑)

というわけで、ほとんど自分のための備忘録みたいな記事になっちゃいますがご了承を。



b0079504_19135438.jpg

THE CURE / THE TOP

購入日: 11/24
購入場所: ブックオフ花小金井店
購入金額: ¥500
備考: 輸入盤 中古

84年リリースの5枚目。
派手な音だけどポップでキャッチーですね。1曲目がむちゃくちゃカッコイイです。





b0079504_19141010.jpg

FOREIGNER / 4

購入日: 11/24
購入場所: ブックオフ花小金井店
購入金額: ¥250
備考: 輸入盤 中古

81年リリースの4枚目で1500万枚を売り上げる大ヒット作。
「ガール・ライク・ユー」しか知らず、軟弱なバンドなのかと思いきや、産業ロック系のハードな音なんですね。





b0079504_19143732.jpg

THE MOODY BLUES / SEVENTH SOJOURN

購入日: 11/24
購入場所: ブックオフ東村山店
購入金額: ¥400
備考: 国内盤 帯つき 中古

72年リリースの8枚目。
ヒット曲「サテンの夜」しか知らないバンドでしたが、プログレというよりは穏やかで牧歌的な雰囲気の英国的なサウンドですね。





b0079504_1915957.jpg

THE PRETENDERS / GREATEST HITS

購入日: 11/27
購入場所: ブックオフ渋谷センター街店
購入金額: ¥250
備考: 輸入盤 中古

2000年リリースのリマスターベスト。
このバンドも、もうすぐでデビュー30年を迎えるんですね・・・





b0079504_19152711.jpg

AZTEC CAMERA / LOVE

購入日: 11/29
購入場所: ブックオフ東大和仲原店
購入金額: ¥250
備考: 国内盤 帯なし 中古

87年リリースのサードアルバム。
スティーヴ・ガッドやマーカス・ミラー、ウィル・リーなどが参加し、トミー・リピューマがプロデュースしたこのアルバム、ソウル/R&Bよりのコンテンポラリーながらも気持ちよい音です。
[PR]
by shintan_shintan | 2008-12-03 19:15 | 80s ROCK
b0079504_2185696.jpg


ソフトロックのグループ「メリー・ゴー・ラウンド」の中心人物だったエミット・ローズが、カート・ベッチャーのプロデュースのもと、ダンヒル・レコードから70年にリリースしたソロ1作目。

このアルバムは以前から中古でよく見かけていたんですが、彼についてはほとんど知らなかったこともあって、いつもスルー。ただ、今回ブックオフで国内盤を安く見かけ、内容もわからないまま入手してみることに。まぁ、こういう買い方も面白かったりしますし、名盤の殿堂シリーズでのリリースですから、極端なハズレはないだろうし。

で、いったいどんな音なんだろうと興味津々で聴いてみると・・・

これって、ポール・マッカートニー? まんま初期の頃のポールというか、後期ビートルズの音じゃん。
すぐにネットで調べてみると「ワンマン・ビートルズ」とか「新しいポールマッカートニー」だとか、本人的に嬉しいのかどうかわかりませんが、そんな形容で語られてるアーティストなんですね。

ドラムも含めてすべてエミット・ローズによる多重録音で制作されたこのアルバム、カリフォルニア出身(ブライアン・ウィルソンと同郷)とは微塵も感じさせないようなビートルズライクな音ですね。あまりかっちりとしてなくて、ほどよくローファイなところもポールっぽいですし、ヴォーカルもそっくりだったりします。
で、そんなクリソツなこのアルバムですが、楽曲のクオリティはかなり高く、ドリーミーでポップな素晴らしい出来だったりします。正直なところ、ここまで似てると苦笑してしまうところも多々ありますが、なんにしても良い作品ですよ。


1. With My Face On The Floor
2. Somebody Made For Me
3. She's Such A Beauty
4. Long Time No See
5. Lullabye
6. Fresh As A Daisy
7. Live Till You Die
8. Promises I've Made
9. You Take The Dark Out Of The Night
10. You Should Be Ashamed
11. Ever Find Yourself Running
12. You Must Have


購入日: 11/23
購入場所: ブックオフ田無駅北口店
購入金額: 2割引セール中だったので500円
備考: 国内盤 帯なし 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-11-27 21:09 | 70s (70~72)

最近では、なかなかビックリするようなブツとお目にかかることも少なくなったブックオフの安棚ですが、ひさびさにヒットしましたね。

b0079504_19294616.jpg

今日紹介するのは、クラプトン「461オーシャン・ブルーバード」のデラックス・エディション。2004年にリリースされて、最近ではこの音源でのSHM-CDによる2枚組で紙ジャケがリリースされましたが、輸入盤とはいえ500円で発見! これはよっぽどの傷盤か研磨盤かと思い検盤させてもらうと、ほぼ無傷の盤質A。いやぁ、ラッキーでした。

ディスク1はオリジナルの10曲に、セッションアウトテイクが5曲。04年の最新リマスターで音質もかなり向上。比べてしまうと現行のもこもこした96年リマスターは聴けたもんじゃないですね。

ディスク2はアルバムがリリース後のツアーでしょうか、74年12月のロンドン・ハマースミス・オデオンでのライブを収録。
461からも「Let It Grow」「I Shot The Sheriff」が演奏されてますが、なんといってもブラインド・フェイスの「Can’t Find My Way Home」や、デレク・アンド・ザ・ドミノスの「Tell The Truth」「Have You Ever Loved A Woman」「Little Wing」、クリームの「Badge」あたりが聴けるのが嬉しいですね。






で、クラプトンを発見して喜びながらも、安棚を一応最後まで物色していたんですが、「W」のところにまたもやデラックス・エディションがあるじゃないですか!!

b0079504_19311349.jpg

で、こちらは2003年にリリースされたザ・フーの71年作「フーズ・ネクスト」のデラックス・エディション。こちらもディスク2に小傷があるものの、ディスク1は無傷でしたのでもちろんゲットです。たぶんクラプトンと同じ方が放出したんじゃないかと思いますが、ありがとうと言いたいですね。

ディスク1はオリジナルに加え、ニューヨーク・セッションでのアウトテイク6曲が加わった全15曲。96年のリミックス&リマスター盤も悪い音ではありませんでしたが、やはりこちらの2003年リマスターにはかなわないかな。

ディスク2はアルバム発表前にロンドンのヤングヴィック劇場で行われたライブから14曲を収録。特筆すべき内容ではないですが、それでもザ・フーのライブは凄いな!と感じさせる納得な出来ですね。


購入日: 11/1
購入場所: ブックオフ東村山店
購入金額: 各¥500
備考: 輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-11-03 19:39 | 70s (73~76)
b0079504_18502290.jpg


ボブ・ディランの未発表&レア音源集、ブートレッグシリーズの第8弾が発売されましたね。

過去にも記事で何度か述べましたが、ディランって結構苦手だったんですよね。最近では昔ほどではありませんが、それでもいわゆる名盤、代表作といわれるものしか聴いてませんから、ブートレッグシリーズについても当然未所有。とはいえ、何となく気になるといえば気になる感じだったんですが、買い物帰りに立ち寄ったブックオフの安棚で発見しゲットしちゃいました。

シリーズ8作目となる今作は、「RARE AND UNRELEASED 1989-2006」のサブタイトルからもわかるように、近年の音源をまとめたもの。具体的には「OH MERCY」(89年)「TIME OUT OF MIND」(97年)、「LOVE AND THEFT」(01年)、「MODERN TIMES」(06年)といった4枚のオリジナルアルバムからの未発曲、別テイク、デモテイクを中心に構成されていて、CD1枚もの、CD2枚組、CD3枚組、LP4枚組など多彩なフォーマットでリリースされてますね(日本盤は諸問題から2枚組でリリースのようです)

で、今回入手したのは1枚ものの輸入盤で、ちょっと寂しい感じもしましたが500円ですからね~ 迷わずに入手いたしました。
80年代以降のディランは83年のインフィデルと、89年リリースのデッドとの共演盤しか聴いたことがなく、今回の音源元となった4作は未聴だったんですが、内容はと言うとなかなか楽しめましたね~ アコースティックでアーシーなそのサウンドは60年代の作品と言われても違和感がないですし、アウトテイク集とは思えないほど統一感がありますね。


1. Mississippi (Unreleased, Time Out Of Mind)
2. Most Of The Time (Alternate Version, Oh Mercy)
3. Dignity (Piano Demo, Oh Mercy)
4. Someday Baby (Alternate Version, Modern Times)
5. Red River Shore (Unreleased, Time Out Of Mind)
6. Tell Ol' Bill (Alternate Version, North Country Soundtrack)
7. Born In Time (Unreleased, Oh Mercy)
8. Can't Wait (Alternate Version, Time Out Of Mind)
9. Everything Is Broken (Alternate Version, Oh Mercy)
10. Dreamin' Of You (Unreleased, Time Out Of Mind)
11. Huck's Tune (From Lucky You Soundtrack)
12. Marchin' To The City (Unreleased, Time Out Of Mind)
13. High Water(For Charley Patton) (Live 2003)


購入日: 10/18
購入場所: ブックオフ東村山店
購入金額: ¥475 (5%割引券使用)
備考: 輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-10-18 18:58 | SSW
b0079504_2236939.jpg


先日、久しぶりに行ったブックオフで見つけたのが今日紹介する、イギリスの3人組カフェ・ジャックスが77年にリリースしたセカンドアルバム「ラウンド・ザ・バック」。ソニーの洋楽秘宝館シリーズで2001年にリリースされた(初CD化ではないようですが)アルバムですね。

彼らの名前こそ知っていたものの、どういった音なのか知らなかったですし、帯に記載してある「モダン・ポップ」「アート・スクール・ポップ」なるジャンルも未知な世界。モダン・ポップと言うとホール&オーツっぽいのかと思っちゃったたりもしましたが、10ccやXTCのようなちょっとニューウェーブっぽく、ちょっとひねくれた感のあるブリティッシュポップなんじゃないかと勝手にアタリをつけ購入。

で、聴いてみましたが、そんな勝手な想像は半分当たって、半分ハズレって感じ。聴いた第一印象は、凝った音作りとアレンジがスティーリー・ダンって感じ。スティーリー・ダン・フォロワーのファー・クライのようなAORっぽい感じも・・・
とはいえ、10ccのような一ひねり加えた英国的なポップさも充分感じるし、クールで冷めた雰囲気のヴォーカルもカッコイイしで、なかなか個性的なサウンドです。

AORやブルーアイドソウルをベースとしながらも、プログレ的な展開の曲もあったり、アコーディオンやフィドルなどの音色が隠し味に使われていたり、リトル・フィートっぽい⑦やスティクス風の⑥、オリエンタルな雰囲気の曲もあったりで、文字にするとなんかしっちゃかめっちゃかな感じもしますが、その多様性がこのバンドの魅力なのかな・・・ 
アルバムを通して聴くと不思議と統一感はあるし、聴いていくうちにどんどんハマっていく感じのサウンドですね。いいですよ~


1. Meaningless
2. Ain't No Love In The Heart Of The City
3. Sands Of Singapore
4. Farewell, My Lovely
5. Eberehtel
6. Dark Eyed Johnny
7. Sandra's A Phonie
8. None Of Your Business
9. Crime Passionelle
10. Lifeline


購入日:8/24
購入場所: ブックオフ花小金井店
購入金額:¥500
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-08-29 22:36 | 70s (77~79)
b0079504_22151587.jpg


レココレの企画、ビートルズのメンバーソロ時代のランキングに乗じて僕もベスト10を記事にしたものの、普段よく聴くのはジョンとポールばっかり。ジョージのソロは「ALL THINGS MUST PASS」だけ、リンゴのソロは「RINGO」しか聴いたことがなく、特にジョージ・ハリスンの他のソロアルバムはいずれ手を出したいなと思っていた矢先にブックオフで見かけたのが、87年にリリースされたこのアルバム。

ジェフ・リンのプロデュースによる今作、80年代にはいってから低迷を続けていたジョージにとっての復活作(アルバムは全米8位、シングル⑪は全米1位)にして生前にリリースされた最後のオリジナルアルバム。また彼の最高傑作との声もあるようですね。リリースからちょっとたった88年頃には、僕のまわりでもこのアルバムを聴きまくっていた友人は多かったし、⑪はラジオやTVでよく流れていましたね。

で、聴いてみた感想ですが、最初はジェフ・リンによるオーバープロデュースばかりが気になってイマイチ。数回聴いて行くうちに楽曲の良さや地味ながらもツボを得たギタープレイなどが気になり、今では聴くほどに染み入ってくるお気に入りな1枚となりました。
ビートルズ時代や「オール・シングス~」のイメージで聴くと現代的なサウンドにとまどいますが、ビートルズ時代から共通するメロディーセンスも充分に感じられる作品です。オールディーズカバーのヒット曲⑪はこのアルバムではちょっと異質な感じかな・・・

エリック・クラプトン(G)、ジェフ・リン(G,B,Key)、エルトン・ジョン(P)、ゲイリー・ライト(P)、リンゴ・スター(Dr)、ジム・ケルトナー(Dr)、レイ・クーパー(Per)といったビッグネーム揃いのバック陣も素晴らしいですし、②④⑧といったメロウ路線に胸がしめつけられます。


1. Cloud 9
2. That's What It Takes
3. Fish On The Sand
4. Just For Today
5. This Is Love
6. When We Was Fab
7. Devil's Radio
8. Someplace Else
9. Wreck Of The Hesperus
10. Breath Away From Heaven
11. Got My Mind Set On You


購入日:8/11
購入場所: ブックオフ所沢プロペ通り店
購入金額:¥500
備考:輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-08-21 22:26 | 80s ROCK
単発記事にしなかったものの、他にも色々と漁ってまして・・・ 主にブックオフなどで安価で購入したブツをまとめてご紹介します。



b0079504_165333.jpg

「VARIOUS ARTISTS / FREE SOUL COLORS」

90年代半ば以降、ちょとしたブームにもなったフリーソウルシリーズのコンピレーション。スタックスやブランズウィック、サルソウル、モータウンなどレーベルでカテゴライズしたものは何枚か所有してますが、レコード会社ごとに編集されたメインシリーズは初入手でございます。

ほとんど新品同様なものを、ブックオフにて250円で購入。完全に値付け間違えてるでしょ~ これはラッキーでしたね。




b0079504_16583614.jpg

「THEM / THEM FEATURING VAN MORRISON」

2枚のオリジナルアルバムと、シングル曲から構成されたゼムのベスト盤。
ソロになる前のヴァン・モリソンが在籍していたアイルランドのバンドですが、そのサウンドは基本的にはブルースのカバーを中心としたブリティッシュ・ビート系。

ヴァン・モリソンは60年代半ばのこの時点で、すでにオリジナリティー溢れるパワフルなヴォーカルを聴かせてくれます。自作曲ではソロになってからの作品に通じる雰囲気が・・・
これもブックオフにて250円で購入です。




b0079504_1761246.jpg

「QUIET RIOT / METAL HEALTH」

ランディー・ローズが在籍していたことでも知られるクワイエッット・ライオットが83年にリリースした3作目(前2作は日本のみでのリリースでしたから実質的なデビュー作)にして全米1位に輝いた大ヒット作。

シングル「カモン・フィール・ザ・ノイズ」も大ヒットしましたし、僕的にはデフ・レパード「炎のターゲット」とともにHRの素晴らしさを教えてくれた思い出深いアルバムです。

旧規格盤は所有してましたが、今回購入したのは2001年にリリースされたリマスター盤。輸入盤ではありますが、ブックオフにて500円でゲットできました。




b0079504_1714437.jpg

「CAT STEVENS / TEASER AND THE FIRECAT」

ネスカフェのCMなどでも使われた、御馴染み「雨に濡れた朝」を含む71年リリースの5作目。ピアノ弾き語りによる「雨に濡れた~」のイメージが強いキャット・スティーブンスですが、アルバム的にはアコギ弾き語り中心のサウンドで、ちょっと意外な感じも・・・

(たぶん)リマスター盤だと思うんですが、こちらはユニオンにて525円で購入。結構地味な感じですが、聴きこめば滋味溢れる感じになりそうな気が・・・ すみません。まだ、そこまで聴きこんでないんですよね。




b0079504_17242076.jpg

「THE CLASH / GIVE'EM ENOUGH ROPE」

最後にご紹介するのは、クラッシュが78年にリリースしたセカンドアルバム「動乱(獣を野に放て) 」。クラッシュは1st「白い暴動」と、3rd「ロンドン・コーリング」しか聴いたことがなかったんですが、古本市場にて本作を280円にて見かけて購入。

ファーストに比べてサウンドもぶっとくなりましたし、3rdほどバラエティ豊かではなくパンキッシュなロックンロールで支配されてるのがいいですね~ 「セイフ・ヨーロピアン・ホーム 」「トミー・ガン」といった彼らの代表曲も収録されてますし、意外に最近のヘビロテだったりします。お疲れ気味の時に聴くとスッキリします!
[PR]
by shintan_shintan | 2008-08-03 17:13 | 全般
b0079504_20114017.jpg


ホール&オーツが73年にリリースしたセカンドアルバム「アバンダンド・ランチョネット」は、80年代以降の彼らのサウンドからは想像できない、まさに「フォーキーソウル」という言葉がピッタリなアコースティックなサウンドで、最初聴いた時は驚きを感じたものの、その温かみのあるソウルフルなサウンドは今でもよく聴く1枚になってます。

で、彼らの初期の他アルバムもいずれ聴いてみたいと思っていたんですが、ブックオフの安棚で72年の記念すべきファーストアルバム「WHOLE OATS」を見かけ入手してみたんですが、「アバンダンド~」同様のフォーキーなサウンドで一発で気に入りました。

ソウルフルな①や、陽だまりフォーク的な優しいサウンドの②、フォーキーながらもソウルフルでポップな仕上がりを見せる④⑦なんかは「アバンダンド~」に収録されてもおかしくない感じですね。⑨ではペダルスティールも起用したカントリーバラードや、オーケストラを導入した若干大仰なアレンジながら、フィリーソウルからの影響を感じるバラードナンバー⑩もいい感じです。

とはいえ、ピアノやアコギの弾き語りにストリングスが加わる③⑤⑥⑧⑩や、前述の⑨のようにSSW的なメロウさを感じる曲が半分以上を占めていて、アルバムトータルでのイメージは「フォーキーソウル」というよりは「フォーク」に近いかもしれません。
また「アバンダンド~」に収録されていた「ラスベガス・ターンアラウンド」や「「シーズ・ゴーン」のようなキラーチューンはないですし、著名なミュージシャンも参加していなくちょっと地味な感じはしますが、収録されてる11曲はどれも佳曲揃いでデビューアルバムとしてはクオリティの高い作品だと思います。


1. I'm Sorry
2. All Our Love
3. Georgie
4. Fall in Philadelphia
5. Waterwheel
6. Lazyman
7. Goodnight and Goodmorning
8. They Needed Each Other
9. Southeast City Window
10. Thank You For...
11. Lilly (Are You Happy)


購入日:5/1
購入場所:ブックオフ早稲田駅前店
購入金額:¥500
備考:輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-05-10 20:12 | 70s (73~76)