タグ:初めて聴いてみた大物/名盤 ( 5 ) タグの人気記事


相変わらず70年代のSSWや、スワンプロック、カントリーロックなどのルーツ系をよく聴いていて、まだ記事として紹介していないネタもそのあたりが多いんですが、時にはまったく違った音楽性のものも聴いてみたくなるんですよね。
というわけで、今日からしばらくは当ブログでよく取り上げるものとはちょっとテイストの違うものを記事にしていこうかなと思ってます。

今まで未聴だった名盤や人気アーティストをいまさらながらCDレンタルで聴いてみようという企画「初めて聴いてみた大物/名盤」ですが、前回の「キンクス」から約半年たってしまいました。今まではアーティストを限定してましたが、今回はずっと聴いてみたいと思っていながらもなかなか聴く機会のなかったアルバムの紹介です。



b0079504_19475747.jpg

ELVIS COSTELLO 「MY AIM IS TRUE」 (77年)

1枚目はエルビス・コステロの記念すべきデビューアルバム。
レコード・コレクターズ誌のアルバムランキングでも評論家筋には評価が高い作品ですが、僕には80年代のコステロがリアルタイムで馴染みがあっただけに、なかなか手を出す機会がなかった1枚でした。
デモテープばりに音質は悪いですが、デビュー作にしてすでに歌もソングライティングもコステロらしいオリジナリティーが感じられるのが凄いです。古さと新しさが同居してる普遍的な素晴らしさのロックンロールアルバムですね。




b0079504_19483064.jpg

KRAFTWERK 「AUTOBAHN」 (74年)

70年代初頭から活動を開始していて、今日ではテクノ/電子音楽の元祖として捉えられているドイツのバンド「クラフトワーク」の代表作。
表題曲「アウトバーン」はドイツの同名高速道路をテーマにした23分にも及ぶ大作ですが、想像してたより牧歌的のどかな雰囲気にはちょっと肩透かしでしたね。
シンセやリズムボックスによる多重録音中心のアルバムですが、メロディ自体は意外とポップですし、機材もデジタル全盛の今とは違いますから、サウンドも若干チープですが、そこがアナログ的な雰囲気を感じて親しみやすいです。




b0079504_1949424.jpg

CAN 「FUTURE DAYS」 (73年)

これもまた、ドイツを代表するバンドの名作です。
日本人ヴォーカリストのダモ鈴木が在籍していたことでも知られるCANですが、今日紹介するのはダモ鈴木が参加した最後のアルバムでカンの代表作の1枚として数えられる作品です。
現代音楽やフリージャズなどの要素を加味した実験的な音楽性を持つバンドですが、このアルバムは非常に聴きやすいし、アンビエントな雰囲気が癖になる素晴らしい内容ですね。実は以前にもう1枚の代表作「TAGO MAGO」も聴いたこともあるんですが、圧倒的にこのアルバムのほうが好きです。




b0079504_1949355.jpg

THE SMITHS 「THE QUEEN IS DEAD」 (86年)

最後に紹介するのは現在でも人気のあるUKバンド「スミス」の人気作。
以前ブックオフで購入した「MEAT IS MURDER」は良さが全然わかりませんでしたが、この作品は凄いですね・・・

というわけであまり語らずに次回記事に続きます
[PR]
by shintan_shintan | 2007-09-29 19:49 | 70s ROCK

今まで未聴だった名盤や人気アーティストをいまさらながら聴いてみようというこの企画の4回目として、今日紹介するのは、ビートルズ、ストーンズ、フーと並んで語られることも多い英国の大物バンド、キンクスです。



【キンクスと私】

キンクスの楽曲を初めて聴いたのはヴァン・ヘイレンの「You Really Got Me」だと思うんですが、彼らの音を聴いたのは、ヒット曲「Come Dancing」「Don't Forget To Dance」を含む83年のアルバム「ステイト・オブ・コンフュージョン~夜なき街角~」が初めてでした。上記2曲のシングル曲はどちらかというとソフトな音ですが、アルバム自体はハードでギターオリエンテッドなサウンドで、永らくカセットで愛聴してましたが、CD化された時はすぐに購入しましたし、リマスター盤も持ってますし、今でもよく聴くアルバムです。
それ以外のキンクスに関しては大学の頃に、最高傑作との評もある71年の「マスウェル・ヒルビリーズ」や80年にリリースされたベストヒット的な選曲のライブ盤「ワン・フォー・ザ・ロード」なんかを聴いてみたものの、なんかピンとこなくてすぐに手放しちゃいました。




【今回聴いてみたのは】

68年にリリースされた彼ら初のコンセプトアルバム「ヴィレッジ・グリーン・プリザヴェイション・ソサエティ」と、69年のロックオペラ風な「アーサー、もしくは大英帝国の衰退ならびに滅亡」。それと「You Really Got Me」を含む64年のデビューアルバム「キンクス」の計3枚。立ち寄ったTSUTAYAにあったのがこの3枚でした。

b0079504_19433198.jpg

b0079504_19434713.jpg

b0079504_1944552.jpg





【感想】

最初に聴いたのは「ヴィレッジ・グリーン~」。
英国の詩劇「ミルクの森で」をモチーフに、イギリスの田舎町を舞台に普通の人々の普通の生活を歌った作品ですね。アルバムタイトル曲①はキャッチーなフォークロックの名曲だと思いますし、それ以外にも牧歌的なサウンドが多いですが、ジミ・ヘンドリックスのような⑥や、トラディショナルかつクラシカルな雰囲気の曲もあってなかなか楽しめました。

次に聴いた「アーサー、もしくは~」は今回の3枚の中では一番気に入ってます。
マイホームの庭をシャングリラと呼び、平凡な生活に満足する労働者階級のアーサーと、オーストラリアへ移住する息子夫婦との別れをモチーフに英国社会を描いた作品で、結局お蔵入りとなったテレビドラマのサントラとして、映像とリンクするコンセプトアルバムとして制作されたとのことです。
正直、アルバムのテーマや奥深さに関しては日本人の僕にはよくわからないところがあるんですが、そんなことを抜きにしても、素晴らしい楽曲素晴らしいアルバムだと思います。
ベスト盤にも必ず収録される代表曲の①「Victoria」、反戦歌の③「Some Mother's Son」、ドラマティックでメロディが素晴らしい⑦「Shangri-La」は特に好きな曲ですね。

最後に聴いたのがデビューアルバム「キンクス」なんですが、御馴染みの「You Really Got Me」や、プリテンダーズもカバーしてた「Stop Your Sobbing」などは素晴らしいですし、演奏も結構ワイルドで上手いとは思うんですが、比較的ブリティッシュ・ビート系の苦手な僕としては全14曲(ボートラも入れると26曲)を通して聴くのはつらかったかな・・・





【総括】

キンクスってキャリアの長いバンドだし、音楽性やサウンドも時代によって変化していたりということですが、今回聴いた3枚に関しても音像はけっこうバラバラでしたね。
キンクスに関しては数枚のアルバムだけでは好き嫌いは判断できなさそうです。
今回聴いた中ではロックテイストの強い「アーサー~」はが一番気に入りましたが、「ヴィレッジ~」の牧歌的で素朴なフォークロックサウンドも、決して嫌いではないので、以前聴いて退屈に感じたパブロック風な「マスウェル・ヒルビリーズ」もいま一度聴き直してみようかな・・・
[PR]
by shintan_shintan | 2007-04-15 19:44 | 60s ROCK
今まで未聴だった名盤や人気アーティストをいまさらながら聴いてみようというこの企画。パープル、クイーンに続いて紹介するのは、これもまたファンの多いだろうTレックスです。



【Tレックスと私】

実はTレックスを初めて聴いたのは洋楽を聴き始めて間もない頃で、パワーステーションが「Get It On」をカバーヒットさせる数年前でした。どんなきっかけだったかは覚えてないんですが、小遣いをためて「電気の武者」のミュージックテープを買った記憶があります。
ただ、購入したはいいもののほとんど聴かなかったかな。「Get It On」と「Jeepster」を数回聴いただけだったと思うんですが、確か近田春夫氏が書いていたライナーノーツは結構インパクトがあって、「とにかくライブが下手で、アルバムすべての楽曲を歌えるくらいのファンでも、ライブで何の曲をやってるのかわからないくらいだった」というような事が書いてありましたね。
というわけで、僕の中では「Tレックス=下手くそバンド」のレッテルがずっと貼りついたままでした。





【今回聴いてみたのは】

音楽雑誌やガイド本などでも多く取り上げられてる「電気の武者」と「スライダー」を聴いてみました。この2枚以だけじゃだめでしょ・・・との声もありそうですが、まあ有名な作品からということで。

b0079504_214511100.jpg
ELECTRIC WARRIOR

1. Mambo Sun
2. Cosmic Dancer
3. Jeepster
4. Monolith
5. Lean Woman Blues
6. Bang A Gong (Get It On)
7. Planet Queen
8. Girl
9. Motivator
10. Life's A Gas
11. Rip Off



b0079504_21452753.jpg
SLIDER

1. Metal Guru
2. Mystic Lady
3. Rock On
4. The Slider
5. Baby Boomerang
6. Spaceball Ricoche
7. Buick Mackane
8. Telegram Sam
9. Rabbit Fighter
10. Baby Strange
11. Ballrooms Of Mars
12. Chariot Choogle
13. Main Man





【感想】

最初に聴いたのは71年リリースの「電気の武者」。
結論から言うと大好きです。このアルバムからエレクトリックなサウンドを取り入れるようになったとの事ですが、それほど極端に電化されてはなくて、アコースティックも取り入れた隙間のあるサウンドがかっこいいですね。

次に聴いたのは「Metal Guru」や「Telegram Sam」を含む72年の「スライダー」。
ある意味シンプルな前作と違って、よりハードにきらびやかなサウンドになってます。「グラムロック」といって僕がなんとなくイメージするサウンドに近いですね。
基本的なサウンドはキャッチーでポップなロックンロールですが、女性コーラスやストリングスなどもあって、まさにグラマラスです。





【総評】

グラムロックというと、化粧をした派手な衣装のビジュアル系ロックといったイメージがあって、なんとなく聴かず嫌いでした。今回聴いたTレックスもグラムロックではあるんでしょうけど、音楽性に関しては「いままで避けててごめんなさい」と誤りたくなるくなっちゃいましたね。歌も演奏も正直お上手ではないんですが、それがまた独特な味になってるように感じます。というよりは卓越した技術がなくてもカッコイイ音楽は出来るという事でしょう。
特に「電気の武者」微妙にスカスカな音はかなり好きで、レンタルで借りた翌日には紙ジャケアンコールプレスの発売日ということもあって速攻で買っちゃいました。ジャケもカッコイイし、やっぱり紙ジャケで持っていたい1枚ですね。

b0079504_1918517.jpg

[PR]
by shintan_shintan | 2007-04-07 20:44 | 70s ROCK

今まで未聴だった名盤や人気アーティストをいまさらながら聴いてみようというこの企画。第1回目のDEEP PURPLEに続いての第2回は、これまたビッグネームなQUEENを取り上げます。



【クイーンと私】

初めてクイーンを聴いたのは中学の時ですね。FMで色々とエアチェックしてたテープのなかに「地獄へ道づれ」「愛という名の欲望」が入っていて、特に「地獄へ~」は大のお気に入りで何回聴いたかわからないほどでした。

しばらくして、アルバム「ザ・ワークス」が発売になったんですが、アルバムも第一弾シングルの「Radio Ga Ga」もあまり好きになれず(ブレイク・フリーは結構好きでしたが・・・)、その後クイーンを意識することはほとんどなくなりました。

大学生になってから「GREATEST HITS」は購入したんですが、その後に友人からオリジナルアルバムを数枚(3rd、オペラ、ジャズ)を借りて聴いてみたもののピンとこなかったですね。というわけで、クイーンはベスト盤しか所有してませんでした。





【今回聴いてみたのは】

昔一度聴いたことのある「オペラ座の夜」(75年)、彼らの最高傑作との声もある「クイーンⅡ」(74年)、前述の「地獄へ道づれ」「愛という名の欲望」も収録されている大ヒットアルバム「ザ・ゲーム」(80年)の3枚を聴いてみました。


b0079504_23473541.jpg
A NIGHT AT THE OPERA

1. Death On Two Legs
2. Lazing On A Sunday Afternoon
3. I'm In Love With My Car
4. You're My Best Friend
5. '39
6. Sweet Lady
7. Seaside Rendezvous
8. The Prophet's Song
9. Love Of My Life
10. Good Company
11. Bohemian Rhapsody
12. God Save The Queen




b0079504_23471372.jpg
THE GAME

1. Play The Game
2. Dragon Attack
3. Another One Bites The Dust
4. Need Your Loving Tonight
5. Crazy Little Thing Called Love
6. Rock It (Prime Jive)
7. Don't Try Suicide
8. Sail Away Sweet Sister
9. Coming Soon
10. Save Me




b0079504_2346377.jpg
QUEENⅡ

1. Procession
2. Father To Son
3. White Queen (As It Began)
4. Some Day One Day
5. Loser In The End
6. Ogre Battle
7. Fairy Feller's Master-Stroke
8. Nevermore
9. March Of The Black Queen
10. Funny How Love Is
11. Seven Seas Of Rhye




【感想】

まず最初に聴いたのは「オペラ座の夜」。
名曲「ボヘミアン・ラプソディ」が収録されてるアルバムですが、それ以外もクオリティの高い楽曲が多いですね。個人的には①③⑧などのハード調の曲がお気に入りですね。
ベスト盤にも必ず収録される代表曲でジョン・ディーコン作の④や、カントリーバラード風な⑤、どこかコミカルな②⑦⑩など、曲調もバラエティ豊かで、散漫になる一歩寸前って感じなんですが、アルバムを通して聴くとどの曲にも気品みたいなものを感じ、統一感を感じるのが不思議です。

次に聴いたのは80年の大ヒット作「ザ・ゲーム」。
①③⑤⑩と聴きなじみのある曲が収録されてることもあり、聴きやすかったですね。
前述の4曲以外にも②はすごくカッコイイし、⑧も大名曲だと思います。ロカビリーな⑤、シック風のダンスミュージック③などは賛否両論だったらしいですが、基本的には雑多な音楽性のバンドですし、クイーンらしさも損なわれてなく僕は大好きなアルバムですね。
ちなみに⑩「Save Me」は僕が一番好きなクイーンの曲です。

最後に聴いたのはセカンドアルバム「クイーンⅡ」です。
ガンズのアクセルローズがフェイバリットに挙げていたり、アナログのAB面を「ホワイトサイド」「ブラックサイド」とわけたコンセプチュアルな内容が、ファンや評論家に絶賛されているのは知ってましたんで、結構楽しみにしてました。
で、聴いてみましたが、フレディの楽曲で固められた組曲風のB面(ブラックサイド)は、当時なりの凝ったスタジオワークもあって結構好きなんですが、ブライアン曲が中心のA面(ホワイトサイド)は、地味目で抜けの悪い感じがするかな・・・ハードロックバンドとしてのクイーンを味わうなら今回の3枚の中で一番だと思います。





【総評】

メンバー全員が曲を作り、雑多で多用な音楽性を持ちながらも、ギターオーケストレーションや多重録音によるオペラ風コーラスなどのサウンド的な特徴で、フォロワーも未だでてこない唯一無比の個性を持つバンドですね。(音楽的に)強烈なキャラクターなだけに、好き嫌いの分かれる音かもしれません。僕的には嫌いじゃないですし、大好きな曲も多いんですが、アルバムトータルで聴くと、好きな曲とそうでない曲の差が大きくて、ついつい飛ばして聴いちゃうことも・・・
今回聴いた3枚の中で一番気に入ったのは「オペラ座の夜」。世評通りの素晴らしいアルバムですね。
[PR]
by shintan_shintan | 2007-03-29 22:11 | 70s ROCK

なんだかんだで洋楽を聴き始めて25年。雑食性なんで色んな音楽を聴いてきましたが、聴いたことのないビッグネームや人気盤、名盤も結構あるんですよね。あえて聴いてないわけじゃないんですが、タイミングが悪かったというか・・・ 今更って感じになっちゃったっていうか・・・ 
今回、新たな企画として今まで未聴だったものをレンタル等で聴いて、感想を記事にしていこうかなと思ってます。第1回目はハードロックの大御所、ディープ・パープル。





【パープルと私】

中学や高校の時に友人と音楽談義になると「ツェッペリンとパープルどっちが好き?」って話題が」よくでましたね。その手の話になるとツェッペリン派で通してましたが、本音をいうとパープルは「Highway Star」「Smoke On The Water」「Burn」しか知らなかったんですよね。
ちなみにレインボーは全タイトルをもってますし、イアン・ギラン・バンドやホワイトスネイクも大好きな私ですが、実はパープルのアルバムで聴いたことのあるのは2タイトルだけ。リッチー脱退後の「COME TASTE THE BAND」と、リアルタイムで購入した84年の再結成第1弾「PERFECT STRANGERS」という、熱心なパープルマニアにお叱りを受けそうなチョイスです。ちなみに「COME TASTE~」は大好きな作品で今でもよく聴きますね。





【今回聴いてみたのは】

カヴァーデール&ヒューズが加入した3期も興味があるんですが、まずは黄金のラインナップと呼ばれる第2期から、パープルの代表作であるばかりか、70年代ロックの名盤にもあげられる「IN ROCK」(70年)と「MACHINE HEAD」(72年)をレンタルで借りてみました。

b0079504_1011336.jpg
IN ROCK

1. Speed King
2. Bloodsucker
3. Child In Time
4. Flight Of The Rat
5. Into The Fire
6. Living Wreck
7. Hard Lovin' Man




b0079504_10122257.jpg
MACHINE HEAD

1. Highway Star
2. Maybe I'm A Leo
3. Pictures Of Home
4. Never Before
5. Smoke On The Water
6. Lazy
7. Space Truckin'







【聴いてみて】

いやあ「カッコイイ!」です。リッチー=クラシカルのイメージがあったんで、パープルでもレインボーのような様式美サウンドかと思ったんですが、結構オーソドックスでストレートなハードロックですね。
「IN ROCK」は録音状態があまり良くないんですが、逆にそれが60年代ヘヴィーロックといった感じで、ジャズやブルースのテイストもほのかに感じるパワフルなサウンドですね。「Highway Star」「Smoke On The Water」といった有名曲も収録されている「MACHINE HEAD」7曲と収録曲数は少ないんですが、①⑤⑦といった有名曲以外のクオリティも高いですし、まさに名盤ですね。
今回聴いたスタジオ盤2枚は、インプロも少ないしクラシカルな香りが強すぎることもなく、非常に聴きやすい内容でしたね。なんで今まで聴かなかったんだろう後悔してしまうくらい気に入りました。「LIVE IN JAPAN」「FIREBALL」「BURN」も聴いてみたいですね。




今回は新たな企画としてパープルを取り上げましたが、他も仕込み中ですので、今後も大物をとりあげていこうと思ってます。


<3/27追記>
コメントいただいたlonehawkさんのアドバイスもあって名作ライブ盤「MADE IN JAPAN」(LIVE IN JAPANの海外盤)の2枚組みリマスターエディションを購入しました。ユニオンで輸入盤中古を850円と安く購入できラッキーでした。

b0079504_19195198.jpg


スタジオテイクと違ってインプロを取り入れた長尺な曲が多いですね。歓声などがオフ気味に収録されてることもあって臨場感はあまりありませんが、さすが名盤といわれるだけあって、スピード感ある迫力満点な演奏です。
[PR]
by shintan_shintan | 2007-03-21 10:06 | HARD ROCK