人気ブログランキング | 話題のタグを見る
80年代リリースのファンクなアルバムを記事にする第3弾。
いわゆるファンクカテゴリー以外のアーティストもピックアップしていますが、いずれもダンサンブルでファンキーなサウンドが楽しめる80年代な香りの8枚です。



最近聴いてる80sファンク③_b0079504_09380667.jpg














DAYTON 「FEEL THE MUSIC」(1983年)

前回もご紹介したオハイオのファンクバンドが83年にリリースした4作目。前3作も前身バンドSUNからは伺えないモダンでエレクトリックな音でしたが、最高傑作との声も多い本作ではさらにモダンでメロウに。ファンク色はさらに薄れたもののアーバンソウルな音はAOR好きにも楽しめるんじゃないでしょうか。何といっても代表曲で大人気曲「The Sound Of Music」が凄いです!






最近聴いてる80sファンク③_b0079504_07090264.jpg














HIGH FASHION 「FEELIN' LUCKY」(1982年)

後にソロとして大活躍するメリッサ・モーガン、アリソン・ウィリアムスを擁する男女ヴォーカル3人組ユニットのデビューアルバム。
サウンドのほうはNYディスコって感じでしょうか。ダンサンブルでキャッチーで、それでいてアーバンな洒落た感じがしますね。とにかく楽曲がどれも秀逸でオススメなアルバムです。






最近聴いてる80sファンク③_b0079504_09380607.jpg














SKYY 「SKYY LINE」(1981年)

70年代末にサルソウルレーベルからデビューしたNY出身ファンク/ディスコバンドの4作目。シングル「Call Me」共々 全米R&B1位となったヒットアルバムで、アーバンで洗練されながらも意外と重心の低い(特にリズム隊)ファンクサウンドが堪能できます。
前述したNo1ヒット「Call Me」、アルバム冒頭のアッパーな「Let's Celebrate」がリードトラックにして人気曲ですが、他にもダンサンブルでファンキーな楽曲満載。






最近聴いてる80sファンク③_b0079504_09363426.png














SHALAMAR 「FRIENDS」(1982年)

シャラマーというとフットルース収録の「Dancing In The Sheets」(1984)のイメージが強くてあまり食指をそそられなかったんですが、ジョディ・ワトリーが在籍していた全盛期から1枚という事で聴いてみたのがこのアルバム。
何といっても大名曲「A night To Remember」が収録されてるってだけで名盤認定ですが、エレクトリックな「Dancing~」とは違うダンサンブルなサウンドが素晴らしいです。後にソロとして大活躍ですジョディ・ワトリー嬢のヴォーカルもイケてます。






最近聴いてる80sファンク③_b0079504_09363469.jpg














ENCHANTMENT 「UTOPIA」(1983年)

僕が最初に聴いたエンチャントメントがこの作品ではあるんですが、実は好きでよく聴いていたのは「ENCHANTMENT」(1977年) 「ENCHANTED LADY」(1982年)の2枚。
かなり久しぶりに今作を聴きましたが、なんか新鮮でしたね。2006年に紙ジャケで聴いた時には、シンセベース&シンセを重用したサウンドに拒否反応が出たんですが、近年は耐性もできたようでスンナリと聴けました。というわけで66年結成のベテラングループの最終作はエレクトリックの比重が高いサウンドですが、ヴォーカルワークやメロウな楽曲での味わい深さはクラシックソウルの伝統を感じられる1枚です。






最近聴いてる80sファンク③_b0079504_09394558.jpg














SLAVE 「STONE JAM」(1980年)

77年にデビューしたオハイオファンクの雄が80年にリリースした5枚目。
SLAVEはゴリゴリファンクな初期2枚「SLAVE」(1977)、「THE HARDNESS OF THE WORLD」(1977) が圧倒的に好きなんですが、このアルバムも人気ですね・・・
アナログ各面ラストの④⑧は文句なしの彼ららしいヘヴィーファンクですが、アルバム的には多くの曲でゲストの女性ヴォーカルがリードを取るメロウ/グルーヴィー路線。とはいえ、どの曲もスラップ全開のベースが大フィーチャーでファンク色を強めております。正直なところベースプレイに関してはアンサンブルを考えずヤケクソ的な感じも所々感じますが、そこが面白いところでもあるのかな。






最近聴いてる80sファンク③_b0079504_09363359.jpg














KOOL & THE GANG 「AS ONE」(1982年)


このグループ、80年代には名盤を数多く残していて「CELEBRATE!」(1980) 「IN THE HEART」(1983) 「EMERGENCY」(1984)などなど・・・
今回ご紹介するのはクール&ザ・ギャングの諸作で地味な扱いを受けている82年作。確かにベスト盤などのここから収録されることは少ないんですが、全7曲捨て曲なし! 程よくファンキーで程よくメロウで、歌ものに路線変更した79年以降の作品では一番聴きやすいかもしれません。






最近聴いてる80sファンク③_b0079504_09363412.jpg














JAMES BROWN 「GRAVITY」(1986年)

最後はファンクの帝王JBの86年作。僕がJBを知ることとなったヒット曲「Living In America」(映画ロッキー4の挿入歌で全米4位の大ヒット)が収録されているアルバムです。
お恥ずかしいことに、彼のスタジオ作は聴いたことがなく(ベスト盤とライブ盤数枚は聴いてますが)60~70年代の諸作と比べて云々は言えませんが、80年代のモダンで分厚い音作りにはなっているものの、そのスタイルやサウンド昔からブレずに一貫してるような気がします。ワンコードファンク中心でヴォーカルもパワフルでカッコイイですね~ 余談ですが、今作リリース時のJBは53歳。私も今年53歳になります・・・







# by shintan_shintan | 2022-02-13 15:24 | SOUL/FUNK | Comments(0)

今年後半に買ったCDと総括_b0079504_07092318.jpg

本年最後の記事かな。
まずは今年後半に買ったCD(ひとつ前に記事にした50円CD10枚以外に買ったやつです)です。


ERIC QUINCY TATE 「SAME」(1970年)
トニー・ジョー・ホワイトプロデュースによるソウルフルでファンキーな1枚。以前ライノハンドメイド盤を所有してましたが、新・名盤探検隊を再入手です。


ROY AYERS 「COFFY」(1974年)
ロイ・エアーズによるブラックムービーサントラの傑作。彼のビブラフォンを堪能できる素晴らしいレアグルーブ盤です。


ARETHA FRANKLIN 「YOUNG GIFTED & BLACK」(1972年)
代表曲「Rock Steady」を含むアレサの傑作アルバム。ライノ盤を長らく愛聴してましたが、2013リマスター盤に買い換えです


IRON MAIDEN 「LIVE AFTER DEATH」(1985年)
メイデンで一番好きで一番聴いてるアルバム。カセット→CD→1998リマスターCDと聴きつないできましたが、昨年リリースされた2015リマスター音源盤に買い換えです。


THE BEATLES 「LET IT BE 」(50th EDITION) (1970年)
皆さんも買われたと思うLET IT BEの50周年盤。2枚組の輸入盤を購入しました。


JULIAN LENNON 「VALOTTE」(1984年)
今年リリースされたヴァロッテの再発盤。当初はスルーしてましたがどうやらリマスターされてるようで入手。2001年のベスト盤には及ばないものの旧盤よりはましかな。音量レベルが上がってるだけな気もしますが・・・


久保田麻琴と夕焼け楽団 「ディキシー・フィーバー」(1977年)
今年リリースの最新リマスターによる2枚組デラックス・エディション。紙ジャケリマスター盤も所有してますが、こちらのほうが断然にいい音です。それにしても「星くず」はほんと名曲!


さだまさし 「随想録」(紙ジャケ) (1979年)
ソロになってからの初のライブアルバム。さだまさしは大好きで初期はほぼほぼ聴いてますがこれは未聴。で、昨年リリースの2020リマスター2枚組紙ジャケをゲットです。


さだまさし 「昨日達...」(紙ジャケ) (1981年)
シングル曲を中心とした初期ベスト盤。これはよく聴いたな~ CDは90年代のを持ってますが、今年になって最新リマスター&紙ジャケでリリースということで迷わず買い換え。






お次は今年の「発掘盤」 
といっても、以前のようにショップで漁盤をすることもほとんどなく、ここ数年はお宝に出会うこともなかったんですが、今年は1枚だけ巡り会えました。


今年後半に買ったCDと総括_b0079504_12175177.jpeg


















ART GARFUNKEL 「SCISSORS CUT」(紙ジャケ) (1981年)

アート・ガーファンクル ソロ5作目の紙ジャケ。
これはリリース当時買いそびれておりまして、気が付けば中古でもでもほとんど見かけず。たまにユニオンで見かけても結構な高額になってたんですが、たまたま立ち寄ったブックオフで定価くらいでゲットできたのはラッキーでした。






で、今年一番聴いたCDはこれ

今年後半に買ったCDと総括_b0079504_14404356.jpg














ULTIMATE FREE SOUL BLUE NOTE (2014年)

お馴染みフリーソウルシリーズの3枚組ブルーノート編
ディスク1とディスク2が60~70年代。ディスク3が90年代以降の楽曲で構成されていて、自分は専らディスク1と2のみ聴いてるかな。ジャズの名門ブルーノートではありますが、ここの収められてるのはフュージョン的要素の強い楽曲だったり、聴き馴染みの良いヴォーカルものだったりで、小難しさもなく心地よく聴いておりました。






最後は、今年新規リリースされた新作のお気に入り4枚をご紹介。

今年後半に買ったCDと総括_b0079504_12180477.jpg














NEIL YOUNG & CRAZY HORSE 「BARN」(2021年)

ニール・ヤングが盟友クレイジーホースと2年ぶりにリリースしたジャケが素晴らしい新作。内容はまぁ、いつもの感じで新鮮味はないけど安定のクオリティーですね。




今年後半に買ったCDと総括_b0079504_12180476.jpg















PRINCE 「WELCOME 2 AMERICA」(2021年)

これは厳密には新作ではなく、お蔵入りとなっていた2010年録音のアルバム。作りこみが足りないとか、緻密さがないとのレビューもあるようで、確かにオーバーダブ前の製作途中な感はありますが、個人的にはこれくらいシンプルなほうが聴きやすいし、楽曲の良さがストレートに感じられるかな。




今年後半に買ったCDと総括_b0079504_12180936.jpg














OLIVIA RODRINGO 「SOAR」(2021年)

フィリピン系アメリカ人の現役女子高生(18歳)による衝撃のデビュー作。シングル「drivers license」ともども全米初登場1位を記録した大ヒット作。内容的には、ジャケの雰囲気とはちょっと違うフォーキーでメロウな一面も感じられる良いアルバムです。




今年後半に買ったCDと総括_b0079504_15485498.jpg














斉藤由貴 「水響曲」(2021年)

デビュー35周年記念でリリースされたセルフカバーアルバム。デビューからのシングル曲を中心にピアノ中心なアコースティックなアレンジが施されております。正直なところ原曲のほうが好きですが、これはこれで落ち着いた大人な雰囲気でGOODです!






# by shintan_shintan | 2021-12-27 12:56 | 全般 | Comments(0)
最近入手して聴いてるやつ_b0079504_17503600.jpg

















レコファン店頭の大量100円コーナーで購入したCD。セール中につき10枚購入で半額、@50円でゲットです(写真は6枚ですがあと4枚買ってます)


VARIOUS ARTISTS 「SWEET RELIEF」 (1993年)
STARSAILOR 「LOVE IS HERE」 (2001年)
TRAVIS 「THE MAN WHO」 (1999年)
THE HUSH SOUND 「LIKE VINES」 (2006年)
HYDEN 「THE CLOSER I GET」 (1998年)
THE FLAMING LIPS 「THE SOFT BULLETIN」 (1999年)


ビクトリア・ウィリアムズへのベネフィット盤とトラヴィスは昔持ってましたが再入手。それ以外の4枚はほぼほぼジャケ買いでしたが、どれもいい感じですね~ 
スターセイラーは哀愁メロなアコースティックなロックサウンドでニールヤングとか好きな方にはオススメ。ハイデンはオルタナ系SSWでなかなか秀逸な出来。フレイミング・リップスは初めて聴きましたが、ヘロヘロで下手くそなヴォーカルがいい味出してますね。





# by shintan_shintan | 2021-10-17 19:45 | 90s~ROCK | Comments(0)
ストリーミングサービスにも加入してますが、基本的にスマホで音楽は聴かないのであまり活用してないかも・・・

世の中的には音楽への接し方が変わって久しいですが、自分的にはあまり時流についていけてないようで、お気に入りのものやリマスター盤、紙ジャケ、ネットではプレ値がついてるのに安く売られてたりするとCDやダウンロード音源を買っちゃってますね。

今年買ったCD_b0079504_07494475.jpg

1~3月で買ったのはこの9枚

THE STYLE COUNCIL 「THE STORY OF THE STYLE COUNCIL」(2020年)
CURVED AIR 「AIR CONDITIONING」(1970年)
THE BAND 「STAGE FRIGHT 50th EDITION」 (2021年)
O.V. RIGHT 「INTO SOMETHING」(1977年)
LITTLE BEAVER 「PARTY DOWN」(1974年)
ALLEN TOUSSAINT 「SOUTHERN NIGHT」(1975年)
PARLIAMENT 「THE CLONES OF DR. FUNKENSTEIN」(1976年)
FREDDIE HUBBARD 「A SOUL EXPERIMENT」(1969年)
ORIGINAL SOUNDTRACK 「DOLEMITE」(1975年)






今年買ったCD_b0079504_07494485.jpg

4月以降にゲットした8枚

JON LUCIEN 「MIND'S EYE」(1974年)
JON LUCIEN 「RASHIDA」(1973年)
ATRANTA RHYTHM SECTION 「ARE YOU READY?」(1979年)
ART GARFUNKEL 「SCISSORS CUT」(1981年)
THOMAS DOLBY 「THE GOLDEN AGE OF WIRELESS」(1982年)
OHIO PLAYERS 「SKIN TIGHT」(1974年)
KOOL & THE GANG 「LADIE'S NIGHT」(1979年)
CHOCOLATE MILK 「ACTION SPEAKS LOUDER THAN WORDS」(1975年)


# by shintan_shintan | 2021-06-17 09:17 | 全般 | Comments(0)
このブログをご覧いただいてる方でバーブラ・ストライサンドを熱心に聴いてる方はほとんどいないかな・・・

60年代から活躍している歌手/女優でして、アルバム(ライブ盤、サントラ含む)は60枚以上、主演映画も20本近くある大大ベテラン。歌手としてはスタンダードやポピュラーミュージック、ジャズ寄りな楽曲やバラードを歌う方との印象もありますし、実際に60年代の作品の多くはそういったものが多いようですが、70年代以降にはロック/ポップス寄りの作品もけっこう多いんですよね。

で、本日はロック/ポップ好きにも聴きやすい彼女の抜群な歌唱力も堪能できるアルバム(サントラ含む)をご紹介いたします。


ロック/ポップス好きにオススメなバーブラ・ストライサンドのアルバム_b0079504_17321905.jpg














BARBRA STREISAND 「STONEY END」 (1971)

60年代にはポピュラー/スタンダードを多く歌ってきた彼女が当時のコロンビアレコードの社長の進言で、リチャード・ペリーのプロデュースにてリリースした新機軸な傑作アルバム。60~70年代ロックが好きな方にまずオススメしたいのがこのアルバム。

全米6位のヒットとなったローラ・ニーロのタイトル曲を筆頭に、ジョニ・ミッチェル、ゴードン・ライトフット、ランディ・ニューマン、ハリー・ニルソン、バーバラ・キース、キャロル・キングなど、当時活躍していた新進気鋭なアーティストの楽曲を歌ったアルバムで、ジャケも含め60~70年代初頭の雰囲気を感じることができる大好きな作品です







ロック/ポップス好きにオススメなバーブラ・ストライサンドのアルバム_b0079504_18383295.jpg














BARBRA STREISAND 「GUILTY」(1980)

ビージーズのバリー・ギブに全面協力(プロデュース、全曲コンポーズ、2曲でデュエット)を仰ぎ大ヒット(全米1位 1981年間12位)となったアルバム。個人的には彼女の最高傑作と思う捨て曲ナシのアルバムですね。

当時一世を風靡していたビージーズの勢いをそのままに、程よくソウルフルでダンサンブルなAOR風味な楽曲と、バーブラお得意の歌い上げるバラードがアルバムの2軸で構成されております。前者からはバリーギブとデュエットしたタイトル曲「Guilty」が全米3位、後者からは「Woman In Love]が全米1位。アルバムも世界各国で1位を記録する大ヒットとなっております。







ロック/ポップス好きにオススメなバーブラ・ストライサンドのアルバム_b0079504_17323290.jpg














ORIGINAL SOUNDTRACK 「A STAR IS BONE」(1976)

映画業界を舞台にした戦前の映画「スタア誕生」の再々リメイク版、バーブラ製作総指揮/主演の映画「スター誕生」のサントラ。
この1976年版では音楽業界が舞台になっており、破天荒で破滅型の人気ロックスターが、街のクラブで歌うバーブラの歌声に魅了され、やがて恋仲になり結婚。自分のステージで彼女を歌わせたことがきっかけとなり、彼女は一躍スターダムへの道を歩み、ロックスターは表舞台から消えていき最後は事故死。旦那の死を乗り越えて再起をはかり歌い続けていく。といった内容だったかな・・・ レディー・ガガ主演の2018年版「アリー/スター誕生」も1976年版がベースになっているようです。

サントラ的にはロックスター(カントリー歌手で当時のリタ・クーリッジの旦那、クリス・クリストファーソン)が歌うロックナンバーも織り交ぜながらも、やはりバーブラのナンバーが中心になってるかな。なかでもシングルカットされたバラード「スター誕生の愛のテーマ」は全米1位(1977年間4位)の特大ヒットに。もちろんアルバムも全米1位を獲得。







ロック/ポップス好きにオススメなバーブラ・ストライサンドのアルバム_b0079504_17321967.jpg














BARBRA STREISAND 「LAZY AFTERNOON」(1975)

1974年にファーストアルバムをリリースした新進気鋭のルパート・ホルムズをプロデューサーに大抜擢して制作されたアルバムで、個人的には今回紹介する7枚で一番好きな作品です。

スティービー・ワンダー、フォートップス、ポール・ウィリアムスのカバーも良いですが、ルパート・ホルムズ1stからのカバー2曲と、彼が書き下ろした2曲が素晴らしくて、特にシングルカットされた「My Father's Song」は出色の出来。全体的に落ち着いた雰囲気の楽曲が多く「まどろみの昼下がり」にフィットするアルバムですね。







ロック/ポップス好きにオススメなバーブラ・ストライサンドのアルバム_b0079504_17321931.jpg














BARBRA STREISAND 「SUPERMAN」(1977)

映画「スター誕生」の大成功で乗りに乗っていた彼女が、デヴィッド・フォスター、ジェイ・グレイドン、リー・リトナー、ラリー・カールトン、ジェフ・ポーカロ、ハーヴィー・メイソンなど腕利きミュージシャンのバックでリリースしたアルバム。キッチュでポップなジャケットからポップ/ロック色が強いのかと思いきや、まぁいつものバーブラ以上にスロー/バラード系が多く、上記したミュージシャンのプレイを期待して聴くとちょっと肩透かしかな・・・

1曲目「Superman」からしてアルバムラストに収録されてもおかしくないオーケストラと歌う壮大なバラードですからね。 アルバム的にはそのタイトル曲とビリー・ジョエルのカバー「New York State Of Mind」、全米4位のヒットとなったバラード「My Heart Belongs To Me」あたりがオススメかな。







ロック/ポップス好きにオススメなバーブラ・ストライサンドのアルバム_b0079504_17321921.jpg














BARBRA STREISAND 「WET」(1979)

ドナ・サマーとデュエットした全米No.1ソング「No More Tears (Enough Is Enough」を収録してるアルバムで、8分半にもおよぶこのディスコチューンがリードトラックなんでしょうが、アルバム的には「水」をテーマにしたコンセプトアルバムで彼女の諸作で一番AOR色が強い作品です。

スティーブ・ルカサー、ジェイ・グレイドン、デヴィッド・ハンゲイト、ジェフ・ポーカロ、ジェイムス・ギャドソン、デヴィッド・フォスター、リチャード・ティー、トム・スコットなどなど、前作以上に豪華なメンバー揃い。コンセプトアルバムとして中々秀逸なのに、何で関係ないディスコナンバーを入れるのかは理解に苦しむところ。ということで僕は「No More~」をオミットした全8曲として聴いております。






ロック/ポップス好きにオススメなバーブラ・ストライサンドのアルバム_b0079504_17321948.jpg















ORIGINAL SOUNDTRACK 「YENTL」(1983)

最後は王道な歌ものサントラでロック好きにはおススメできないんですが、僕が初めてリアルタイムで聴いた彼女のアルバム(厳密にはサントラ)ということで記事にさせていただきます。

女性が学問を学ぶことができない時代、ユダヤ人女性イエントルが男装して学校に通う中での愛と友情の物語を映像化したミュージカル映画「愛のイエントル」のサントラで、チャート物を聴き漁っていた頃にアルバムが全米9位を記録し、「友&愛」でレコードをレンタルした記憶が。もちろん、「やっぱりカルチャークラブだ!」「デュランデュランいいね~」「ビリー・ジョエル最高!」と言っていた中学生に、全編オーケストラをバックに歌われるこのアルバムの良さが分かるわけもなく・・・ 正直なところ今も良く分かっていませんが、それでも最近はちょこちょこ聴いております。





# by shintan_shintan | 2021-02-21 16:03 | 70s ROCK | Comments(0)