人気ブログランキング |

TERENCE BOYLAN / ALIAS BOONA


b0079504_1023336.jpg


これも、前回記事にしたティム・ハーディンと一緒にブックオフで購入した1枚。
テレンス・ボイランが69年にリリースしたファーストアルバム「エイリアス・ブーナ」。これ、1200円で購入したんですが、ユニオンあたりだとちょこっとプレ値がついてたような・・・ 

このアルバム、当時ボイランとバンド「ブーナ・ボイラン」を組んでいたドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーが参加(当時彼らは大学生で、2人にとって初レコーディングだったそうです)していることで、熱心なスティーリー・ダンファンには有名なレアアルバムだったようですが、ここで聴けるサウンドはボブ・ディランからの影響を感じさせるアーシーでフォーキーなSSWもの。スティーリー・ダンの片鱗を感じたくて聴いた方には肩透かしかも知れませんが、アーシー&フォーキー好きにはかなり楽しめるアルバムです。 

アルバムはディランのカバーでスタート。メロディも曲調も原曲の面影を感じられない変貌振りですが、これが哀愁感漂うアーシーな絶品な出来。この1曲で勝負アリって感じでしょうか。それ以外もフォークあり、グッドタイミーあり、カントリーロックありでどれもなかなか。

③⑤⑨⑪とアコギ弾き語りが4曲あることもあってか、全体を通してけっこう地味な感じは否めませんが、彼のヴォーカルも哀感のあるいい感じだし、スティーリー・ダン云々はおいといても良いアルバムだと思います。


Terry Boylan (Vocal, Guitar)
Don Fagen (Piano, Organ)
Walter Becker (Bass,Guitar)
Herb Lovelle (Drums)
Jimmy Johnson (Drums)
Darius Davenport (Drums)


1. Subterranean Homesick Blues
2. Don't Blame It On Your Wife
3. This Old Town
4. Bring The Whole Family
5. Who Do You Think I Am
6. Glasses
7. Deep In The Middle
8. Hey Hanna
9. No Second Time
10. County Fair
11. Bare Road Of Sand
12. What A Way To Go
by shintan_shintan | 2009-05-29 21:56 | SSW