今年聴いてるクリスマスアルバム

いやぁ、寒くなりましたね~ 先週ぐらいから一気に冬になった感がありますね。
ということで、クリスマスまで一カ月を切った本日は、最近聴いているクリスマスアルバムをご紹介。
ここ数年は、エミルー・ハリス「LIGHT OF THE STABLE」、アトランティック/スタックスの「SOUL CHRISTMAS」、モータウンの「A MOTOWN CHRISTMAS」を12月に入ってからちょこっと聴く程度でしたが、今年は色々と音源を入手して楽しんでおります。



b0079504_17262964.jpg














CHEAP TRICK 「CHRISTMAS CHRISTMAS」(2017年)

今年リリースされたチープトリックのクリスマスアルバム。
いわゆるトラディショナルなクリスマスソングは少なめで、キンクス、ウィザード、チャック・ベリー、スレイド、ラモーンズなどのクリスマスソングのカバーや、オリジナルのクリスマスソングが中心。パワーポップ/ハードロックンロールなサウンドが満載です!



b0079504_17095575.jpg














THE MARSHALL TUCKER BAND 「CAROLINA CHRISTMAS」(2005年)

好きなアーティスト10指に入るマーシャル・タッカー・バンドのクリスマスアルバム。
70年代に活躍したカントリー色の強いサザンロックバンドで、今やオリジナルメンバーはヴォーカルのみとなっておりますが、定番曲、カバー曲、オリジナル曲のどれもバンドの色合いがでていて素晴らしいです! サザン色、カントリー色は若干薄目ですが、気の利いたアレンジと演奏力で魅力的なアメリカンサウンドとなっております。




b0079504_17103016.jpg














WILLE NELSON 「PRETTY PAPER」(1979年)

御大ウィリー・ネルソンが79年にリリースした初のクリスマスアルバム。
前年の大ヒットスタンダード集「STARDUST」に引き続きブッカー・T・ジョーンズがプロデュース/キーボードで参加しており、ロイ・オービンソンのタイトル曲やビング・クロスビー、プレスリー、トラディショナルな定番曲などをシンプルなアレンジで聴かせてくれます。
STARDUST同様にブッカーTのハモンドが地味ながらも効果的でいい仕事ぶりですね~ ウィリー・ネルソンの歌声も淡々としながら染み入ってきます。




b0079504_17094829.jpg














B.B. KING 「A CHRISTMAS CELEBRATION OF HOPE」(2001年)

ブルース界の大物もクリスマスアルバム出してたんですね~
内容的には当然ブルース主体ではあるんですが、ストリングスやブラスがフィーチャーされたゴージャスで大人なサウンドでして、クリスマス感は若干希薄ではありますがBBのギターはまさに名人の域。、クリスマスにこれを掛ければ一目置かれるかも・・・



b0079504_17100437.jpg














JETHRO TULL 「CHRISTMAS ALBUM」(2003年)

ここからはUK編。プログレ畑でも語られるご長寿バンドジェスロ・タルのクリスマスアルバム
全16曲中でカバーやトラディショナルは半分程度、残りは中心メンバーのイアン・アンダーソン(ヴォーカル、フルート)のオリジナルですが、サウンド的にはフルートをフィーチャーしたトラディショナルかつ幻想的なサウンドで、これはほぼほぼオリジナルアルバム。
クリスマスをテーマにしたコンセプトアルバムといった内容ですので、クリスマスのリビングで掛けるのはどうかと思いますが、内容的には素晴らしい出来ですのでプログレ/UKロック好きなら是非!!




b0079504_17101730.jpg














THE MOODY BLUES 「DECEMBER」(2003年)

ムーディー・ブルースは60~70年代のプログレッシブな作品「デイズ・オブ・フューチャー・パスト」「夢幻」「童夢」「セブンス・ソジャーン」しか聴いたことがなかったので、その後音楽的に変遷を重ねていったらしい事は知っておりましたが、72年作から03年作の乖離は非常に激しく、これを最初に聴いた時も「プログレの片鱗のない落ち着いた普通のサウンドじゃない・・・」なんて思いましたし、今でもそう思いますが、なんか心地が良いんですよね~ 
今作も先に紹介したジェスロ・タル同様にクリスマス時期をテーマにしたコンセプトアルバムといった趣かな・・・





b0079504_17102439.jpg















VARIOUS ARTISTS 「NEW WAVE XMAS」(1996年)

最後はちょっと変わり種のアルバムを・・・ 
ライノのコンピシリーズ「NEW WAVE HITS OF THE '80s」のスピンオフ的に発売されたクリスマスコンピ。
XTC、スクイーズ、ポーグス、プリテンダー、スローイング・ミュージズ、キャプテン・センシブルなどのオリジナルクリスマスソングを17曲収録。80年代ではありませんが、デヴィッド・ボウイ&ビング・クロスビーの「Little Drummer Boy 」(1977年)を聴けたのが貴重でした。


[PR]
by shintan_shintan | 2017-11-28 16:58 | HOLIDAY | Comments(0)