人気ブログランキング |

MAMA CASS / DREAM A LITTLE DREAM

b0079504_20382831.jpg


今日紹介するのは、昨日記事にしたリア・カンケルのお姉さんで、ママス&パパスのママキャスことキャス・エリオット(本名エレン・ナオミ・コーエン)が68年にジョン・サイモンのプロデュースでリリースしたファースト・ソロアルバム。
このアルバムは2001年にユニバーサルの「名盤の殿堂」シリーズで世界初CD化されたんですが、現在は廃盤のため店頭では若干のプレ値がついてますね。今回、ユニオンの割引セールもあって定価ちょっとの金額で購入しました。

リーダーであるジョン・フィリップスが作るフォークロック的な楽曲を、男性2名、女性2名のカラフルなコーラスで聴かせてくれたママス&パパスですが、メンバー間の男女関係などの問題もあって68年に解散。その解散と前後するかのようにリリースされたこのアルバムは、ジャズやブルース、カントリーのテイストを取り入れながらも、きらびやかな雰囲気や曲間をつなぐSEなどに、サイケデリックなテイストも感じられるソフトロックが聴けます。ママ・キャスのスタンダード/ポピュラーミュージック嗜好も反映されてますね。

バックを務めるのはジョン・サイモン(P,Org)、ジェームス・バートン(G)、ハーヴェイ・ブルックス(B)、ジム・ゴードン(Dr)。ジョン・セバスチャンやスティーブン・スティルスも何曲かのギターで参加してるようです。
全米12位となったファーストシングルの①は、30年代のスタンダードナンバーですが、このアルバムではジョン・サイモンとSSWのサイラス・ファーヤーが各々2曲を提供しているほか、ジョン・セバスチャン、グレアム・ナッシュ、リチャード・マニュエル、レナード・コーエンなどのバリエーション豊かな楽曲を取り上げてます。妹のリア・カンケル(クレジットは本名のリア・コーエン)も⑩を提供してますね。実力がありながらもママス&パパスではハーモニーにまわることの多かった彼女ですが、このアルバムでは彼女の魅力的な歌声を充分に味わうことができますし、購入してよかったです。


次回は、キャス・エリオットの元同僚のアルバムを紹介する予定です


1. Dream A Little Dream Of Me
2. California Earthquake
3. Room Nobody Lives In
4. Talkin’ To Your Toothbrush
5. Blues For Breakfast
6. You Know Who I Am
7. Rubber Band
8. Long Time Loving You
9. Jane,The Insane Dog Lady
10. What Was I Thinking Of
11. Burn Your Hatred
12. Sweet Believer


購入日:10/27
購入場所:ディスクユニオン新宿中古センター
購入金額:¥2,268 (定価2,141円)
備考:国内盤 帯あり 中古
お気に入り度:★★★★
by shintan_shintan | 2006-11-05 20:39 | SOFT ROCK