人気ブログランキング |

ROD TAYLOR / ROD TAYLOR

b0079504_21551562.jpg


ワーナーが98年から開始したアメリカンロックの隠れた名盤を中心としたリイシュー企画「名盤探検隊」。当時は有名どころ数枚しか買わなかったんですよね。最近になってこつこつと中古で集め始めてるんですが、ほとんどが廃盤のため、なかなかお目にかかることのないアイテムも多々あります。そんなおり、名盤探検隊シリーズとしてもリリースされていた12作品が、フォーエバーヤングシリーズとして先月に再販されまして、未所有だった3作品のうちの2枚ほど購入しました。

今日紹介するのはそのなかの1枚で、ロッド・テイラーがアサイラムより73年にリリースしたデビューアルバム。ソウル、カントリー、ゴスペルの影響を強く感じさせるLAスワンプの傑作ですね。リリース当時はその豪華な参加メンバーが話題になったものの、音楽的には評価されることはなかったようです。確かにライ・クーダーやジェシ・デイヴィス、デラニー・ブラムレットらの素晴らしいバックアップぶりも大注目ですが、このアルバムの主役はなんといってもロッド・テイラーでしょう。泥臭く、渋いながらもどこか憂いを感じるその声は非常に魅力的で、何度も聴き返したくなってしまいます。


主な参加ミュージシャン
Rod Taylor (Vo,G)
Jesse Davis (G)
Ry Cooder (G)
Andrew Gold (G)
Lee Sklar (B)
Buell Neidlinger (B)
Jim Keltner (Dr)
Russ Kunkel (Dr)
Gary Mallaber (Dr)
Larry Knechtel (P)
Bill Payne (Org)
Jim Horn (Sax)
Bonnie Bramlett (Cho)
Joni Mitchell (Cho)


1. I Ought To Know
2. Crossroads Of The World
3. Railroad Blood
4. Double Life
5. Making A Way
6. Sweet Inspiration
7. Livin' Dangerous Blues
8. Something Old
9. Man Who Made It Fall
10. Lost Iron Man
11. For Me
12. The Last Song


購入日:11/21
購入場所:HMV新宿
購入金額:¥1,800
備考:国内盤 新品 
by shintan_shintan | 2006-11-29 21:55 | SOUTHERN / SWAMP