PETER GALLWAY / PETER GALLWAY

b0079504_20125852.jpg


フィフス・アベニュー・バンドのピーター・ゴールウェイが、72年にリリースしたセカンドアルバム。前作はオハイオ・ノックス名義でのリリースでしたので、本人名義での初のアルバムになります。オハイオ・ノックス同様にこの作品もオークションで高値がつけられてるアルバムで、気長に探しておりましたがようやく入手することができました。

アルバムの音楽性ですが、前作同様にフォーク、カントリー、ソウル、ジャズなどの様々なエッセンスを、時に洗練された音で、時にはアコースティックに、時には泥臭く聴かせてくれており、その独特な曲作りのセンスもあってなかなか言葉にするのは難しいですね。

オハイオ・ノックスでは泥臭くスワンプっぽい雰囲気がたったバンドサウンドを聴かせてくれましたが、今作では①⑤⑩のようにリズミカルなミドルテンポの曲はあるものの、弾き語りの⑥⑦、ドリーミーで洒落た雰囲気のアコースティックな②③⑨⑪などもあって、全体的に穏やかな雰囲気のSSW的なニュアンスの強いアルバムです。正直なところ、最初に聴いた時は地味すぎる感がしたんですが、聴くたびにジワジワと染み込んでいくスルメ系のアルバムだと思います。

ちなみにこのアルバム、4/18に紙ジャケでリイシューリリースされるようです。ユニオンでは特典帯もつくようなんで気になるところです。


1. Watch Yourself
2. Decidedly Fun
3. Twelve Day Lover
4. My Sweetheart Was My Friend
5. Running,Walking,Kicking The Ball
6. The Good Lady In Toronto
7. Moonsong
8. Come Forever Now,My Son
9. Come On In
10. Harmony Girls
11. You
12. My Mercybones Jones


購入日:2/20
購入場所:ディスクユニオン新宿本店
購入金額:¥1,890
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-03-17 20:13 | SSW | Comments(10)
Commented by chitlin at 2007-03-18 00:46
こんばんは!
これ、早速紙ジャケットCDを注文してしまいました。
聴いてみたいと思った時には既に廃盤でしたので。

あとはやはり『Ohio Knox』なんです〜。
shintanさんはお持ちなので羨ましい限りです。
Commented by shintan_shintan at 2007-03-18 17:42
chitlinさんコメントありがとうございました。
このアルバムを入手した、数日後に紙ジャケのリリースを知ったんですが、買い換えるか迷うところです。オハイオノックスはあまり店頭で見ませんね。オハイオノックスもあわせて紙ジャケにしてくれればよかったんですけどね。
Commented by lonehawk at 2007-04-19 22:53
shintanさん、こんばんは!
ワタシは紙ジャケまで待ちましたよ(笑)。
これまで名盤探検隊から出たCDは色々と聴いていたんですけど、何故かコレは聴いていなかったので、今回は本当にいいタイミングでの再発でした。
コレを聴いたら、オハイオ・ノックスも聴いてみたくなりましたね。
Commented by shintan_shintan at 2007-04-19 23:07
lonehawkさんこんばんは。TBありがとうございました。
紙ジャケはぼくも気になってたんですが、発売告知のちょっと前に購入しちゃったこともあって、今回は見送りました・・・
この作品を制作して時はピーター自身かなりドラッグにはまっていたらしいですが、それでもこれだけの作品をリリースするのは凄いですよね。
オハイオノックスも良いですよ~!
Commented by ocean at 2007-07-01 16:49 x
FAB、Ohio Knox そしてこれと、3点セットで味わいたいですね♪

やっと記事にすることが出来ました。TBよろしくお願いいたします。
Commented by shintan_shintan at 2007-07-01 19:31
oceanさんこんにちは。
フィフスやオハイオノックスに比べると、幾分ジミ目ですが味わい深い作品ですよね。
廃盤だった以前はプレミアムがついていましたが、紙ジャケ化によって皆さん聴きやすくなって良かったですよね。
Commented by バックストリート at 2008-01-25 20:45 x
最近ワーナーさんではないメーカーからリマスターしていないピーター・ゴールウェイのこのCDの紙ジャケットのものが発売されています。家の中をいくら探してもこのCDが出てこないのでストレスばかりが溜まってしまい、諦めてそれを買おうかなと思いましたが歌詞・対訳が付いていないようなので思いとどまりました。でも、他のメーカーから出ているということはワーナーさんが権利を失ったのかもしれませんね。誠実な人柄が伝わってくるような彼の歌声が聴けないとは残念です。
Commented by shintan_shintan at 2008-01-25 23:34
バックストリートさんこちらにもコメントありがとうございます。
ピーター・ゴールウェイといえば、オハイオ・ノックスも紙ジャケでリリースされますね。名盤探検隊で所有してるからたぶんスルーしそうです。
このアルバム、紙ジャケが出たこともあってかワーナー盤は中古でよく見かけますよ。
Commented by 240_8 at 2008-02-23 01:30
こんばんは!
ようやくコレ聴きました。やっぱりいいですね~。オハイオは未聴ですが、スワンピー色が強いのですか?? 私はドリーミー派なので、好きになれるか分かりませんが。
そういえば上記のバックストリートさんのコメントにありますが、今回小生が購入したのは昨年4月に紙ジャケ化されたもので、確かに発売元はマスクラット・レコードとありますが、音源提供はワーナーとなってますから、権利は確保しているのかもしれません。歌詞はついてました。
Commented by shintan_shintan at 2008-02-23 09:27
240さんおはようございます。TBありがとうございました。
ようやく聴かれましたね(笑)良いでしょ~ 全体的に落ち着いた雰囲気の曲が多くて、最初はちょっと地味かなぁと思いましたが、スルメ的に沁みてくる作品でしたね。
オハイオノックスも最近紙ジャケでリリースされましたしオススメですよ。こちらは、よりバンドっぽいサウンドでこのソロ2作目ほどドリーミーじゃないものの、ピーター・ゴールウェイらしい作品だと思います。