人気ブログランキング |

PAUL & LINDA McCARTNEY / RAM

b0079504_16561552.jpg


今でも数限りなく多くの方に影響を与え続けてるビートルズですが、僕も洋楽を聴き始めてまもなくはまりまして、それこそカセットが擦り切れるほど聴きまくってましたね。最近は他に聴くものが多すぎてちょっとご無沙汰ですが、それでもたまに聴き返すと自分の原点のような気がするのと同時に、全然古びれないエバーグリーンな楽曲にあらためて感動することも多いです。

ジョン、ジョージ、リンゴといったメンバーのソロアルバムも何枚かは所有してますし、大好きなものも多いんですが、ポールに関してはほとんど聴いたことがないんですよね。中学の時にはリアルタイムで「タッグ・オブ・ウォー」「パイプス・オブ・ピース」を聴いていたくらいで・・・

実は昨年になって初めて「バンド・オン・ザ・ラン」を購入したんですが、そのクオリティの高さに感服し、しばらくはヘビーローテーションだったにも関わらず、それ以外のポール関連は聴かずじまいな状態でした。いつでも聴けるからなぁ・・・といった気持ちからついつい後回しにしちゃってました。
で、ふとポールのソロやウィングスをちゃんと聴いてみようという気持ちになり早速ゲットしたのが、音楽に関しては素人な嫁さんのリンダとの連名で発表された71年リリースのセカンドアルバム。輸入盤とはいえ格安で売られていてラッキーでした。ジョンのソロとは違って、ポール関連ってユニオンじゃ結構安く売られてますよね。国内盤帯つきでも1,000円前後のものが多かったです。

一人多重録音で作られたファーストとは違って、デヴィッド・スピノザやヒュー・マックラケンといったセッションギタリストを迎えて制作されてはいますがそんなに洗練された感はなくて、①②③⑦⑪などのアコースティックで素朴な手造り感やアーシーさが印象的です。
⑥⑨などのロックンロールナンバーもあったり、ポールの真骨頂ともいうべき美しいメロディーの④⑤⑫もあって多彩な内容ですね。

ポールの最高傑作との声もあるアルバムですが、正直なところ最初に聴いた時はそんなにインパクトはなかったし、勝手にイメージしていたポール節全開って感じもしなかったんですよね。ただ、聴き続けてるうちにどんどんはまってきました。購入してから結構な回数を聴いてますが、全然あきません。いいアルバムですね。


b0079504_171188.jpg

で、同時に購入したのがこの2枚組リマスターベスト。こちらも515円(735円の3割引)で購入できました。「ひとりぼっちのロンリーナイト」が聴きたかったんですよね・・・いやぁ名曲ですね。

RAM
1. Too Many People
2. 3 Legs
3. Ram On
4. Dear Boy
5. Uncle Albert/Admiral Halsey
6. Smile Away
7. Heart Of The Country
8. Monkberry Moon Delight
9. Eat At Home
10. Long Haired Lady
11. Ram On
12. Back Seat Of My Car
13. Another Day (Bonus)
14. Oh Woman, Oh Why (Bonus)

購入日:5/28
購入場所:ユニオン神保町店
購入金額:¥441 (630円の3割引)
備考:輸入盤 中古
by shintan_shintan | 2007-06-02 16:57 | 70s (70~72)