人気ブログランキング |

JACKIE LOMAX / THREE

b0079504_23143983.jpg


68年にビートルズのメンバーのサポートを受け、アップルからデビューした英国人ジャッキー・ロマックス。アルバム1枚とシングル数枚をリリースするものの、結局アップルでは商業的な成功とはならず、70年代に入りワーナーに移籍するんですが、今日紹介するの72年にリリースされた移籍後2枚目(通算3作目)のアルバム。

ジョン・サイモンのプロデュースで、ニューヨークのベアズヴィルスタジオで録音された本作は、スワンプ/ウッドストックの名盤として評価が高いですね。以前から聴いてみたいとずっと思っていたんですが、店頭ではプレ値がつけられてることが多くなかなか入手できかねてました。現在では英米でもCDリリースされていますが、98年に名盤探検隊で初CD化されたこのワーナー盤を中古で見かけ、ユニオンなどよりは安かったので聴いてみることにしました。

イギリス人による作品ながら、英国的なところはほとんど感じられない南部色の強いサウンドが聴けるアルバムですね。ソウル色の強いスワンピーなものからブルースロック風のものまで、全体的にファンキーな味付けがされていて、非常に親しみやすいサウンドになっています。
リヴォン・ヘルム、リック・ダンコといったザ・バンド勢に加え、ジョン・ホール、ベン・キース、エイモス・ギャレット、NDスマートといったウッドストック在住のミュージシャンを総動員したような豪華面子によるバックのサウンドも一聴の価値がありますし、ほんとにオススメなアルバムです。


1. Let The Play Begin
2. Lost
3. Roll On
4. Lavender Dream
5. Hellfire, Night-Crier
6. Time Will Tell You
7. Fever's Got Me Burnin
8. (You've Got To) Do It All Yourself
9. No Reason
10. Last Time Home
11. Rock Salt


購入日:6/25
購入場所:レコファン渋谷BEAM
購入金額:¥1,680
備考:国内盤 帯つき 中古
by shintan_shintan | 2007-07-03 23:15 | SOUTHERN / SWAMP