人気ブログランキング |

2006年 12月 09日 ( 1 )

b0079504_19532975.jpg


60年代ソフトロックシーンの重要人物カート・ベッチャー。とはいってもミレニアムの「ビギン」は大好きで愛聴してるものの、彼がプロデュースしたアソシエーションのファーストアルバムや、62年に結成したゴールドブライアーズも聴いたことはないんですよね。今日紹介するのは73年にリリースしたソロデビューアルバムも存在すら知らなかったんですが、たまたま中古で見かけ、帯に書かれていた「ドリーミーでファンタスティックなソフトロックの記念碑的名作」との言葉に惹かれて購入してみました。

帯のコピーから、ミレニアムのような多重コーラスで、スタジオワークを重ねた偏執的作品なのかなと思ってましたが、カントリーテイストの強いシンプルなフォークロックで、ちょっとイメージと違ってましたね。とはいってもカート・ベッチャーの十八番であるコーラスワークは充分楽しめますし、シンプルながらも、アレンジや曲展開など一筋縄でいかないところは多々ありますから、結構聴くたびに新鮮な発見ができて楽しめるアルバムです。


1. I Love You More Each Day
2. Such A Lady
3. She'll Stay With You
4. Love You Yes I Do
5. Without Her
6. Bobby California
7. The Choice Is Yours
8. Malachi Star
9. Lay Down
10. I've Been Wrong
11. Wufferton Frog


購入日:12/1
購入場所:ディスクユニオン新宿中古センター
購入金額:¥1,680
備考:国内盤 帯つき 中古
by shintan_shintan | 2006-12-09 19:53 | SOFT ROCK