2008年 06月 10日 ( 1 )

b0079504_23101347.jpg


ナッシュビル出身の、兄スティーヴと弟ケリーによるデュオ、ウィルソン・ブラザーズが79年にリリースした唯一作。スティーブ・ルカサーが②以外のギターソロに参加してることもあって、AORファンには人気の作ですね。
後追いAORフリークの私としても、いずれは入手したいと思っていた1枚ですが初CD化となった「AOR名盤セレクション」での中古が安く売られていたこともあってお買い上げとなりました。

オープニング曲①や、ホリーズのカバーとなるタイトル曲②などの、マイナー調でどことなく憂いのある感じもいいんですが、個人的にお気に入りなのは明るく爽やかな雰囲気の⑦~⑩。特に明るく爽やかな夏を感じさせるポップな⑨と、一転し、過ぎ去った夏の一抹の寂しさを感じるような美しいメロディーのバラード⑩がいいんですよね~ 

最初にこのアルバムを聴き始めた時は、正直あまりピンとこなかったんですが、⑦⑧でいい感じになり、⑨⑩でやられました!って感じです。評判どおりにルークのソロもいい感じだし、良いアルバムですね。


1. Feeling Like We're Strangers Again
2. Another Night
3. Thanking Heaven
4. Shadows
5. Just Like A Lover Knows 
6. Lost And A Long Way From Home
7. Can We Still Be Friends
8. Ticket To My Heart
9. Take Me To Your Heaven
10. Like Yesterday


購入日:5/28
購入場所:ディスクユニオン新宿中古センター
購入金額:¥1,050
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2008-06-10 23:10 | AOR | Comments(15)